ロングA Long A 13A / ボーマー Bomber

 

この世にツリビトほどイヤらしい人種はいないと常々思ってますw

 

だって釣れるルアーは言うまでもなく、釣れる場所、釣れる仕掛け、釣れるテクなどなど、本当にスゴイ事は自分だけのものにしておきたいから隠すじゃないですか。

 

でもね、そういうものは隠そうとすればするほど表に出てきちゃうモンなのです。

 

だって、ツリビトはイヤらしいのと同時に自慢したがりだからw

 

今日紹介するロングAブロスの末弟13Aは、そんな公然の秘密を持ったルアーです。

 



 

 

このルアーのデビューは確かまだ日本がバブルに浮かれてた頃だったと思います。

 

その頃のんだくれはバスフィッシング離れしていた時期で、釣り仲間から14Aよりも小さいロングAが登場したという話を聞いて、そんなの需要あるんかいと思った記憶が。

 

しかしバスフィッシングを再開し、とある友人との釣行でこの13Aに完膚なきまでに叩きのめされたことで開眼します。

 

13Aってヤバいルアーじゃん!と。

 

 

 

13Aは63ミリ、6.5gのミノープラグです。

 

先述の通りロングAブラザースの中では最小となるモデルで、ミノーというよりもクランクベイトやアメリカンシャッドに近いルアー。

 

なので、15A兄貴のようにジャークアクション使ったりすると、んーちょっと違うかな?と思われてそのままボックスで眠らされてしまうような、ちょっと可哀想なルアーでもありました。

 

しかしこの13A、使いどころさえ間違わなければとてつもない威力を発揮してくれるんです。

 

 

 

13Aのキモはこのリップが生み出す大きなウォブルロールアクション。

 

ロングAの金看板を背負った15Aのリップと比べるとちょっと頼り無さげですがこれがなかなかの頑張り屋さんで、しっかりと水を掴んで大きくボディを揺さぶります。

 

そしてこんな小さなボディなのに、兄貴達にも負けない強い水の攪拌を生み出してくれるんです。

 

 

 

特筆すべきは、ボーマー家伝統の堅牢がっちりボディなのにしっかりとした浮力を持っていること。

 

これにより小さなトゥイッチでも高いレスポンスを見せてくれるだけでなく、ミノーなのに障害物に当たったら止めて浮かせるというクランク的な使い方もできてしまう、なかなかの千両役者なのです。

 

使い方は超簡単。

 

軽くトゥイッチしながら潜らせて、ここぞというところで浮かせて、の繰り返し。

 

かつてラッキークラフトのベビーシャッド75Fをガーッと巻いた後、フワーっと浮かせて食わせるメソッドが流行った事がありますが、この13Aはその動きをウィードトップと水面の間など、もっと狭いレンジで演出できるのです。

 

しかも浮上時は水平姿勢を保ったまま左右にフラフラ揺れるというアピール付き。

 

のんだくれはこの一連の演出を同行者にやられてボロ負けしました😭

 

そして悲しいことに、これに対抗できるルアーがないんです。

 

やはりこれはミノーでもジャークベイトでもクランクでもシャッドでもない、13Aじゃないと出来ない芸当なんだなと。

 

ただこの13Aが面白いのは、その実力を知っているにも関わらず、それを積極的に話そうとする人がほとんどいないこと。

 

たまたま13Aの話題になったりするとそこで初めて ”あれヤバいよね” と言い出し、よく聞くと実はめっちゃ使い込んでたりするケースが多いんです。

 

それまで13Aの事なんてひっとことも口にしなかったのに。

 

だからツリビトはイヤらしいんです😂

 

そして何かキッカケがあると堰を切ったようにその威力を公開しちゃうという自己顕示欲もあったりと、なかなかディープな業を見せてくれちゃいます。

 

もしかしたら人間の本能的な欲を集約したら見事なフィッシャーマンが出来上がるかもしれませんねwww

 

 

 

話を元に戻しましょうw

 

13Aの腹にはステンレスのビーズが2個封じ込められています。

 

専用のラトルチャンバーを持たない遊動式ラトルなので、どんなロッドアクションにも反応してチキチキとサウンドを響かせてくれます。

 

 

 

そして内部にはシンキングモデルのウェイトを固定するパーティションが設けられていますが、フローティングモデルの場合はこの壁にラトルボールがバウンドすることによりラトルが鳴る機会を増やすという親切設計。

 

 

 

そして反射板内蔵モデルではインサートが大きくズレないように支えるステイの役割も果たすという一石三鳥な設計になっています。

 

専用のウェイトルームではなくパーティションにすることによって複数の役割を持たせ、そしてパーツ精度を上げつつ素材コストも抑えようというプラドコらしさが見えますね。

 

 

 

フックはボディサイズに合わせて#8サイズが標準となっています。

 

ちょっと小さいかなと思って#6にサイズアップしたところ本来のキレのある動きが薄れてしまったので、13Aはかなりデリケートなバランスで成り立ってるんだなと。

 

元々13Aはラトル以外のウェイトを内蔵していない構成なので、フックのバランスが重要なんでしょうね。

 

ちなみにプロオートグラフシリーズからも13Aのケビンヴァンダムシグニチャーモデルがリリースされていますが、それにはエクスキャリバーロテートフックの#6が採用されています。

 

 

 

アクションレスポンスが下がるのにあえて大きなフックを採用した理由は不明ですが、おそらくケビンはビッグバスへのフッキングを考慮したか、トゥイッチではなくリップレスクランクのような早巻きかリッピングで使っていたのでは?と勝手な想像をしてます。

 

この辺の詳細をご存知の方がいたら是非ご連絡を。

 

 

 

ロングAといえばこのテーマについても説明しなければなりませんね。

 

そうです、テールがヒートンになっているスクリューモデルとの違いです。

 

結論から言ってしまうと、この13Aに関してはオールドのスクリューモデルよりもエイトリングハンガーの方が圧倒的にアクションレスポンスが高いです。

 

それはテール部分の重量バランスを見れば一目瞭然。

 

ヒートン自体の重量とそれを受けるソリッドプラがあるスクリューモデルと、最低限のプラで済むエイトリングとでは慣性モーメントからくる影響差は歴然。

 

とはいえスクリューモデルは反射板内蔵にもかかわらずヘッド部にラトルが入っているなど仕様が根本的に違うので、最終的にはお好みでどうぞという世界ですね。(反射板内蔵のエイトリングモデルはノンラトル仕様)

 

 

 

ラトルサウンドの話が出たらこっちも説明しなきゃなりません。

 

ソルトウォーター用のシンキングモデルです。

 

シンキングモデルには遊動ラトルの他にも先述のパーティション部分に大きめのラトルが組み込まれているので、リトリーブと同時に中低音のカタカタサウンドを鳴らしてくれます。

 

そのサウンド特性を一言で表すと、ワンノッカー系のリップレスクランク。

 

着水と同時に鬼巻きしてリアクションバイトを狙う釣りにはハマると思います。

 

シンキングモデルでは釣ったことありませんけど😁

 

 

 

とまあこんな具合にこの13Aはかなり使えるルアーなのですが、一つだけ問題があります。

 

それは入手が難しくなっていること。

 

実はこのルアー、もう生産を終了してしまっているのです。

 

プラドコのことなので、そのうちシレッと再販する可能性もないとは言えませんが、それでも入手困難な現状がすぐに改善されることはないでしょう。

 

もしかしたらそんな状況が秘密にしておきたいキモチを増幅してるのかもしれません。

 

なので、もしどこかでこのチビスケと出会うことがあったら千載一遇のチャンスだと思ってゲットして欲しいのです。

 

誰もがその実力を知ってるけれど、それに触れることはタブーなルアーって、なんかキケンな匂いがしてワクワクしてきません?😁

 



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。