マイティミノースピナー Mighty Minnow Spinner SPM2 / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

  爆発的に釣れるルアーのことを反則ルアーとかエサなどと呼んだりしますが、時代の流れとともに反則ルアーも移り変わっています。   今日のゲスト、バグリーのマイティミノースピナーはかつてのんだくれの周り

続きを読む

ベビートーピード Baby Torpedo X0361 / へドン Heddon

    普段なにげなく使ってるルアーの各部に秘められた意図と設計の深さに気づくとチビりそうになることがあります。   ロングセラーといわれるルアーであればあるほどあまり深く考えずに使っている

続きを読む

バーグ Burg / プラスチックイメージ Plastic Image

  リプロダクション Re-Production という言葉があります。   主に製品の再生産、複製を指し、本来は意匠権の切れたものを正確に再現制作するという意味。   元々はヴィンテージ家

続きを読む

ターボ #1 Turbo #1 / ザ・プロデューサーズ The Producers

  ルアーのモディファイって楽しいですよね。   少しづつ手を加えて既製品のルアーを自分好みに “育てられる” という感覚はもちろんですが、それで釣れた時はハンドメイドとはまた

続きを読む

ラトリントーピード Rattlin’ Torpedo / へドン Heddon

ベビートーピードは最強ではなかった?!   のんだくれはこのルアーを使うまで、シングルスイッシャーではベビートーピードが最強だと思ってました。   あのシンプルで小さな身体から生み出すサイズを卓越した

続きを読む

ジャーキンサム Jerk n’ Sam / ルーハージェンセン Luhr Jensen

  動きや音がイマイチなルアーでも、フックやパーツを替えるだけで劇的に好みになるルアーってありますよね。   中にはフックを替えるだけで泳がなくなるデリケートな物も有るので、全てに当てはまるとは言えま

続きを読む

スピナーテールバングオー Spinner Tail Bang-O-Lure / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

アラフィフアングラーの心を鷲掴みにしたスピナーテールバングオー   思い出の曲が世代ごとに違うのと同じで、ルアーの思い入れにも世代による違いがあります。   同世代アングラーと話すと必ず出てくる  &

続きを読む

シスコトッパーテール Cisco Topper Tail / シスコキッド Cisco Kid Tackle

  シスコキッドという名前に喰い付いちゃうのは、相当な西部劇のマニアか、由緒正しきおっさんバサーぐらいのもんでしょう。   というわけで、今日のゲストはルアー千一夜初登場のシスコキッドルアー、シスコト

続きを読む

オリジナルフロッグ Original Frog / リブレマックスフィッシング Rivre Maxx Fishing

  古今東西、外見は超フザけてんのに、使ってみるとすごい実力を持ってるルアーというのが存在します。   グランダー武蔵シリーズのぎょろっちやバスプロショップスのNASCARクランクなんてのはその最右翼

続きを読む

トップマン Top Mann / マンズ Mann’s Bait Co.

  ハードワームやフロッグマンなど個性的なルアーで有名なマンズですが、その個性派連中の存在感があまりにも大きいので影が薄くなってしまった奴らもチラホラ。   そんな陰キャチームの中から紹介するゲストは

続きを読む

ベビートーピード 本山バージョン Baby Torpedo Motoyama ver. / へドン Heddon

  スミスが発射したベビートーピード本山バージョン…   なんちゅう魅力的な響きなんでしょ…   ベビートーピードを愛してやまないのんだくれがそんなルアーを放っとくワケありません。 &nbs

続きを読む