フィンガリング コントロールデプス Fingerling Control Depth / クランクベイトコーポレーション Crankbait Corp.

 

ルアーはオサカナが相手だけに流行のファッションや世相などとは全く無縁のように思えますが、世の中の流れにうまく乗って大ヒットを飛ばした商品も存在します。

 

今日のゲスト、クランクベイトコーポレーションのフィンガリングもそのひとつ。

 

70年代後半の米国で盛り上がっていた未来志向イメージとリンクさせることでバスルアーにセンセーションを巻き起こしました。

 



 

 

70年代の終わり頃から80年代にかけてバスフィッシングを齧ったことがあるおっさんアングラーなら、このクランクベイトを知らない人はいないでしょう。

 

それまでのバスルアーにはなかったリアルなベイトフィッシュの造形と最新のプリント技術によって生み出されたこの ”小魚” はアメリカ国内はもちろんのこと、遠く離れた極東の島国のアングラーもシビれさせました。

 

当時小学生だったのんだくれもチンコを大きくしてたうちのひとり。

 

釣具屋のショーケースの奥に静かに横たわる小魚を見てハァハァしてたのをはっきり覚えています。

 

 

 

フィンガリングはベイトフィッシュの形を硬質発砲素材でリアルに再現した、今で言うところのナチュラルプロファイル系のルアー。

 

当時、日本には画像の75ミリサイズだけが輸入されていましたが、本国ではThe Yearling*(年魚)と銘打った120ミリサイズも販売されていました。 *ルーハー移籍後はハイキャッチ Hi-Catch に改名

 

フィンガリングハイキャッチ Fingerling Hi-Catch / ルーハージェンセン Luhr Jensen

 

Fingerling に Yearling なんて、どんだけ直球勝負やねんw

 

 

 

さてさて。

 

そんなリアル造形で大ブレイクを果たしたフィンガリングですが、インパクトの強いルアーに必ず訪れるジンクスに苦しめられることになります。

 

そのジンクスとは、初見のイメージがあまりにも強過ぎたために他の商品を出してもインパクトに欠けてしまい、後が続かなくなってしまうというアレ。

 

ラッスンゴレライ的なヤツといえば分かってもらえるでしょうか。

 

クランクベイトコーポレーションでは同じ超リアル路線としてナマズの稚魚を模したブルキャットやソフトテールを持つハイブリッドクランク、スーパーダグなどをリリースしたのですが、どうしてもフィンガリングを超えることができませんでした。

 

そこでリリースされたのがこのシンキングモデル、コントロールデプスだったのです。

 

 

 

しかし、単にウェイトを増量してシンキングにしただけでは芸がありません。

 

そこでクランクベイト社では沈下スピードを抑えたスローシンキングにすることで潜行深度をコントロールできる、コントロールデプスというセッティングを施しました。

 

オリジナルモデルであるフローティングはハイキャッチ、スローシンキングモデルをコントロールデプスという二本立てのラインナップにすることで販売拡大を目指したのです。

 

しかし、コントロールデプスという名前が浸透していないことからもお分かりのように、この施策は空振りに終わってしまいます。

 

その詳細は後述しますが、スタートダッシュが派手過ぎるとあとが続かなくなるのはどの世界でも変わらないんだなと😭

 

 

 

 

そんな悲しい終焉を迎えてしまったフィンガリングですが、ルアーとしての機能を改めて見てみると、実は非常によく出来たクランクベイトであったことが分かります。

 

ボディ断面をデルタ形状にした低重心や、水の攪拌力高める為にボディを極力薄くするなど、魚のリアルさを追求しながらもルアーとしての機能を追求した形跡がそこかしこに見られるのです。

 

 

 

そして極め付けはなんといってもこのナチュラルプリントでしょう。

 

今となってはどうと言う事のない点描ですが、当時は革命的でしたね。

 

実はこのフィンガリングよりも前にレイジーアイク社が発砲素材とナチュラルプリントを組み合わせたナチュラルアイクというルアーを発表していたのですが、ナチュラルアイクはボディ形状がリアル寄りではなかったので、インパクトでは後発のフィンガリングに持って行かれてしまったのです。

 

 

レイジーアイク社のナチュラルアイク

 

製造方法や構造的にもナチュラルアイクとフィンガリングは酷似しているので、もしかしたらどこかで業務提携的に繋がっていたのかもしれませんが、仮にそうだったとしても先発なのに話題を持って行かれてしまったレイジーアイクは悔しかったでしょうねー。

 

 

 

だってこんな艶かしいオサカナ曲線にナチュラルプリントを押されたら、そりゃナチュラルアイクは勝てませんってばw

 

 

 

でも造形だけじゃないんです。

 

このフィンガリングはアクションもなかなかイカしてるのです。

 

こいつの泳ぎをひと言で表すと、フロントのフックハンガーを支点としたキレのある大きなウォブリングのバタ付き系アクション。

 

形状がシャッドっぽいのでタイトなピリピリ系の動きを想像しがちですが、いい意味で予想を裏切ってくれます。

 

この形状で派手に暴れるルアーは最近見かけないので、一人だけおいしい思いが出来るかも?というツリビト特有のイヤらしい欲望がムクムクと頭をもたげてきますw

 

当時のアメリカンルアーは強めのアクションが中心だったので、王道といえば王道なんですけどね。

 

 

 

キレのあるウォブリングは、1.5ミリという当時としては最強に薄いリップによって作り出されていますが、強度不足を補うために裏側にはしっかりとしたブレイス(支持構造)が入っています。

 

エイトリングではなくヒートンなところもヲタ的には萌えポイントですよね。

 

 

 

ベリー部には埋め込み式のウェイトが設置されています。

 

先述のレイジーアイクも全く同じ手法でウェイトを設置しているので、この手法は当時の硬質発泡ルアーとしてはスタンダードな製法だったんでしょうね。

 

ちなみにこの時期の硬質発砲素材は密度の均一性という点においてはかなりアバウトで、ムラが出やすいのが特徴でした。

 

よって、フィンガリングもレイジーアイクも個体によって浮力に差があるのが普通という、今のルアーでは考えられないクオリティでした。

 

しかしそんなデメリットを差し引いてもインジェクション成形よりも成形自由度があり、かつプラスチックよりも浮力が担保できる硬質発砲素材は魅力的な素材でした。

 

特にこのフィンガリングにはクローズドセル呼ばれる、フォーム素材でありながらもボディの表面を甲羅のように硬く成形する最新技術が採用されており、当時のカタログでもそれをスペースエイジ素材だ!とアピールしていました。

 

硬質発砲素材をスペースエイジ素材にしてしまうのは少々無理がありますが、70年代の終わりはまだ冷戦の最中で米ソ宇宙開発競争が注目されていた頃でもあったので、クランクベイト社はそれに便乗したいキモチもあったんでしょうね。

 

 

 

そんな時代を先取りしたいキモチは、リップのロゴに当時流行していた ”Data 70” というサイエンスフォントを採用して素材の先進性をアピールしているところからも伺えます。

 

当時の日本ではこのフォントをインベーダー文字とか呼んでましたね。 スペースインベーダーロゴのフォントとは全然違うのにw

 

このフォントは当時、先進性を表す象徴的なものとして知られ、ブラックサバスのアルバムカバーにも採用されていたりと広く使われているので、興味がある方は調べてみてください。

 

 

 

実はこのData 70フォントを採用したクランクベイト社のブランドロゴは、パッケージやカタログなどで使われる事はなくリップにだけ採用されているという非常に珍しいロゴマーク。

 

しかもこのロゴはフィンガリングとブルキャットの2つだけに採用されているレアなものなんです。

 

といった具合に、クランクベイト社のヤル気はそこかしこから伝わってくるんですが、実は肝心なことが抜けてるんですよね。

 

それは、フローティングのHi-Catch, シンキングのControl Depth を表す表記がルアーのどこにもないので、一度パッケージから出してしまうと、どれがどれだかさっぱり分からん状態になる事。

 

嗚呼、灯台下暗しとはまさにこの事なり。

 

 

当時のカタログによるとフックは前後ともVMCの#9650ブロンズが標準。

 

現行の#9650フックとはデザインが若干変わっています。 って、もう40年以上前だから変わってない方がおかしいんですけどね

 

しかし初期のフィンガリングには確かクローポイントのフックがぶら下がってた記憶が。

 

この辺はまだ検証の余地がありますね。

 

 

 

そういえばコントロールデプスがその後どうなったのかまだお話ししてませんでしたね。

 

実はコントロールデプスはすぐに改名されてしまうという憂き目に遭うのです。

 

改名した正確な理由は分かりませんが、友人の米ヲタの推察によると、名前が分かりにくかったのでは?とのこと。

 

確かにコントロールデプスという名前だけではスローシンキングだとは分かりにくいですよね。

 

それを考慮したのか、次の名前はコントロールドディセント Controlled Descent (制御された沈下)に。

 

しかし”フィンガリング コントロールディセント”という、ルアーとしては致命的に意味不明な名前になったのが裏目に出たのかさらなるセールスの不振を招いてしまったようで、その後頭文字を取って “CD” に再び改名されました。

 

もうこの辺になると、ラパラのカウントダウンに寄せときゃシンキングだって分かってくれるだろ!的な投げやり感すら感じますw

 

この頃になるとセールス的にもかなりしんどい状況に陥っていたようで、カラーリングの明滅効果をウリにしたフリップフロップ Flip-Flop シリーズを出すもセールスの底上げにはならず、その結果ルーハージェンセンに身売りするという状況になってしまいました。

 

 

 

その後、2000年の初め頃までルーハーの傘の下で生き長らえることが出来た事実を思うと、あの時期にルーハーに買収されたのは正解だったのかもしれません。

 

しかし当時のクランクベイトコーポレーションのルアーデザイナーには、スピードトラップで有名なあのトム・スィーワードが在籍していた(経営にも参画していた?)ので、ヲタとしてはルーハーの血が入らないクランクベイトコーポレーションも見てみたかったなと思うのであります。

 



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。