P.J.ポップ P.J. Pop / ルーハージェンセン Luhr Jensen

  タックルベリーなどの中古屋に行くと毎回顔を合わせるルアーがいます。   またお前かよ、的なやつです。   要するに誰からもスルーされて売れ残ってしまっているルアーの事なんですが、悲しいこ

続きを読む

SUGOIスプラッシュ Sugoi Splash / ゲーリーヤマモトインターナショナル Gary Yamamoto International

  最近はあまり聞かれなくなってしまいましたが、かつては広く飛沫を撒き散らすポッパーがトップウォーターの主役だった時代がありました。   これはゼルローランドだったりポップRのHMKLチューンあたりを

続きを読む

S8 ポッパー S8 Popper / ラッキークラフト Lucky Craft

  今や世界的なルアーデザイナーとしてその名を馳せる加藤誠司氏。   ダイワから始まった彼のキャリアには数多くの名作と呼ばれるものがありますが、中には名作が多過ぎるがゆえに埋もれてしまった作品もチラホ

続きを読む

ウッドラッキー13 Wood Lucky 13 X2500W / へドン Heddon

  タックルショップに山積みになっている無数のルアー達。   彼らは自分のオーナーが現れるのをひたすら待っています。   選ばれなければ水辺デビューできないという意味では、彼らは毎日が総選挙

続きを読む

アンカニーチャップ Uncanny Chap / ズイール Zeal

  コンフィデンス Confidence 【känfədəns】〔名〕信頼、信用   ルアーフィッシングにおいて最も重要なキーワードですね。   どんなに立派なロッドやリールがあっても、信頼

続きを読む

ハンプバックミュール 12LS Humpback Mule Surface Popper 12LS / ミロルアー MirroLure

  バスフィッシング歴の長い人には馴染みがあるけれど、それでも今はほとんど使われていないルアーってありますよね。   ミロルアーはその最右翼でしょう。   バスプロショップスの中にはアイラン

続きを読む

ジャーキンサム Jerk n’ Sam / ルーハージェンセン Luhr Jensen

  動きや音がイマイチなルアーでも、フックやパーツを替えるだけで劇的に好みになるルアーってありますよね。   中にはフックを替えるだけで泳がなくなるデリケートな物も有るので、全てに当てはまるとは言えま

続きを読む

スローバー W1800 Throbber W1800 / へドン Heddon

  最近マスコミを賑わせているみずほ銀行のATM障害。   障害の根源を辿っていくと、第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行の三社合併による派閥・覇権争いの影響だなんて言われています。   し

続きを読む

パラドックス Paradox / ウッディランド Woody Land

かつては貴重な情報源だった”釣具屋の親父”   のんだくれがハナタレのクソガキだった頃は、今よりもずっと釣具屋の親父が威厳を放っていました。(決して”タックルショップ&#82

続きを読む

アラシ カバーポップ 08 Arashi Cover Pop 08 / ストーム Storm

  インターネット通信環境、ならびに動画が気軽に見られるSNSの発達はルアーの開発にも大きな影響を与えました。   それは、より詳しいルアーの使い方、動かし方が動画で伝えられるようになったからです。

続きを読む

パフィートップ Puffy Top / ハトリーズ Hutley’s

  バスフィッシング… いや、ルアーフィッシングをやってたら、絶対的信頼を置いてるルアーを1個だけ持って出撃したことありますよね?   これで釣れなきゃそこに魚は居ない!ぐらいの勢いで😁  

続きを読む