P.J.ポップ P.J. Pop / ルーハージェンセン Luhr Jensen

 

タックルベリーなどの中古屋に行くと毎回顔を合わせるルアーがいます。

 

またお前かよ、的なやつです。

 

要するに誰からもスルーされて売れ残ってしまっているルアーの事なんですが、悲しいことに顔合わせの回数が増えれば増えるほどスルー度も高くなって、終いにゃタダでも要らねーよ!なカンジに😭

 

しかし、そんなスルーされまくってるルアーの中に実力者が潜んでいる事があるのもお忘れなく。

 

それが今日のゲスト、ルーハージェンセンのP.J. ポップ。

 

”ああ、ルーハーね” というあの言葉を最も投げかけられて来たであろうルアー界の苦労人です。

 



 

 

P.J.ポップは70ミリ、3/8ozのウッド製ポッパーです。

 

90年代のバスフィッシングブームの頃はどこのショップでも必ず見かけた ”流通の優等生” でした。

 

良くも悪くもアメリカンハンドメイドの特徴を凝縮したその佇まいはアングラーを選別してしまうので、その流通量の割にはあまり実戦投入されていないという、ちょっと特異なルアーでもありました。

 

まあ少なくとも釣れそうなオーラは纏ってませんからね、そう思ってしまうのは仕方のない事かと😅

 

しかし、P.J. ポップをガチ使いしている人に言わせると、これはエサだ!と。

 

 

 

PJポップの特徴は、このスラントしたカップ。

 

エッジを立ててスプラッシュを飛ばそうなどというヤル気が全く感じられないカップの造形は、ツバを吐くなんてそんな下品なことできるわけありません!と主張しているかのようです。

 

実際スプラッシュを飛ばすような演出には全く向いておらず、ご主人様のツバ吐き命令に対して頑なに首を振るというガンコ者。

 

それもそのはず、このルアーはポッパーでありながら、ポッパーではないんです。

 

その外見と名前に惑わされてがちなのですが、分類的にはチャグバグと同じようなペンシルポッパーなのです。

 

 

 

それは実際に動かしてみればすぐに納得できるはず。

 

ややテールを下げた水平浮きの姿勢からワンアクション入れるだけで気持ちいいほどにククッと首を振り、ボディ3つ分スライドしたらピタッと止まるというコンパクトなアクションを見せてくれます。

 

つまりエッジが立っていないカップは必要以上に水を掴まないので首を振りやすく、そしてアゴの無いカップはスムースなスライドを作り出してくれる、というワケなんです。

 

ターンの度にボワンと大きなバブルを作ってくれるのもこのカップのオシゴト。

 

そうです。 このP.J.ポップは、ツバ吐きを主要武器として設計されたポッパーとは全く違った考え方で作られているんです。

 

 

 

そう考えると、この目の窪みも単なるお飾りではなく、なんらかの機能を持たされてるような気がして来ますね😁

 

そんな機能は何も備わってないというのが実際のところでしょうけどw

 

しかし名前のP.J.は一体ドコから来てるんでしょうね。

 

軽く調べてみたんですが、ヒントのヒの字にも辿り着けませんでした。

 

もしこの名前に隠された秘密をご存知の方がいらっしゃったら是非ともご連絡を。

 

 

 

ボディには米製古典木製ルアーのトレードマークともいえるラメフレークがちりばめられています。

 

へドンでいうところのSSカラーですね。

 

アメリカ人がラメグリッターを好むのは、SSカラーなどの釣れ釣れカラーにラメが多用されていたという刷り込みの効果もあるんでしょうね。

 

ラメが振ってあるからこのルアーは釣れるぞ、的な思い込みというか。

 

もちろんスゴイスプラッシュのポストでも書いた通り、剥がれ落ちたシャッドのウロコというのもベースにあるんでしょうけど。

 

SUGOIスプラッシュ Sugoi Splash / ゲーリーヤマモトインターナショナル Gary Yamamoto International
最近はあまり聞かれなくなってしまいましたが、かつては広く飛沫を撒き散らすポッパーがトップウォーターの主役だった時代がありました。 これはゼルローランドだったりポップRのHMKLチューンあたりをルーツとした流れで...

 

ちなみにボディにはシュガーパインという木材が使用されています。

 

パインという名前の通り松の一種なんですが、砂糖のような甘い香りを放ち、比較的柔らかいので加工がしやすく耐水性が高いのが特徴。

 

米国ではホームディポ The Home Depot や エースハードウェア Ace Hardware などのホームセンターに行けば必ず売られているポピュラーな素材で、入手のし易さから多くのハンドメイドクランクにも採用されています。

 

ウッドウォーカーなどルーハージェンセンの他のルアーにもこのシュガーパインが使われているので、もし手持ちのウッドルーハーがあったらヒートンを抜いてクンクンしてみてください。

 

もう既に香りは抜けてて無臭だと思いますけど😂

 

 

 

フックは前後とも#4サイズが標準となっていますが、デフォルトではブロンズのフックが付いていました。

 

そしてリアフックにはチャグバグと同様のティンセルが巻かれていましたが、ティンセルは劣化が早く、使ってるうちに汚くなるので取っ払っちゃいました。

 

 

ラトリンチャグバグのティンセル。使ってるうちにアニーの頭のような天パー状態になるのはルーハーと同じ。

 

P.J. ポップのリアフックにのみスプリットリングが入っているのは、ヒートン直付けの場合ティンセルがフック穴を塞いでしまうことでフックの自由度が落ちるので、それを避けるためだと思われ。

 

特にP.J. ポップのティンセルはチャグバグのものよりも長めになっていて、首振りをした時にクネクネと艶かしい動きをするのがウリでもあるので、そこを考慮したんじゃないかなと。

 

そうそう書き忘れてましたが、シュガーパイン素材は柔らかいのでヒートンを何度か抜き差ししただけでユルユルになってしまいます。

 

なのでフック交換やクンクンした際には瞬間接着剤で目止めをお忘れなく。

 

 

 

わざわざ探してまで買うというほどのルアーではありませんが、このサイズのウッド製ペンシルポッパーはあまり出回っていないので、持っておいて損はないルアーのひとつ。

 

しかし、一度でも ”ウッド製のペンシルポップリンがあったらなぁ…” と妄想したことがある人にとっては、どストライクなルアーであることはマチガイナイでしょう。

 

ペンシルポップリン Pencil Poplin / ベルズ Bells
中古屋で見つけたら必ず買う!というルアーは誰にもありますよね。 それはめちゃくちゃ釣れるルアーだったり、すでに生産が終了していたり、思い出が詰まったルアーだったりと買う理由は人それぞれ。 もちろん...

 

陽が沈んでコウモリが飛び交うようになると、落水昆虫を狙ったギルが岸際に集まり始めます。

 

そんな奴らにこのP.J. ポップをポチュッ!とやったらその後のビールが最高に美味くなりますぞ😁

 



タイトルとURLをコピーしました