ターボ #1 Turbo #1 / ザ・プロデューサーズ The Producers

  ルアーのモディファイって楽しいですよね。   少しづつ手を加えて既製品のルアーを自分好みに “育てられる” という感覚はもちろんですが、それで釣れた時はハンドメイドとはまた

続きを読む

スーパースプーク Jr. X9236 Super Spook Jr. X9236 / エクスキャリバールアーズ Excalibur Lures

  海外のルアーは、国産ルアーと違って我々が思っているよりも頻繁に仕様を変更しています。   よくあるのがいわゆる “モールドが変わった” というヤツですね。   仕

続きを読む

ウォーキンスティック Walkin’ Stik / ビルルイスルアーズ Bill Lewis Lures

  ビルルイスルアーズの屋台骨を支えるリップレスクランクの代名詞、ラトルトラップ。   アメリカではリップレスクランクの事をまとめてトラップと総称するほど浸透しているのはみなさんご存知の通り。 &nb

続きを読む

ラトリントーピード Rattlin’ Torpedo / へドン Heddon

ベビートーピードは最強ではなかった?!   のんだくれはこのルアーを使うまで、シングルスイッシャーではベビートーピードが最強だと思ってました。   あのシンプルで小さな身体から生み出すサイズを卓越した

続きを読む

ジャーキンサム Jerk n’ Sam / ルーハージェンセン Luhr Jensen

  動きや音がイマイチなルアーでも、フックやパーツを替えるだけで劇的に好みになるルアーってありますよね。   中にはフックを替えるだけで泳がなくなるデリケートな物も有るので、全てに当てはまるとは言えま

続きを読む

アクセル 60 Accel 60 / ティムコ Tiemco

  サイズ展開しているルアーには、必ずと言っていいほど “当たりサイズ” があります。   そのサイズだけ他のサイズよりも突出して釣れる、というヤツですね。   ラッ

続きを読む

リニージクワイアット Lineage Quiet / ケンクラフト KEN craft

  90年代バスフィッシングブームを代表するルアー   90年代バスフィッシングブームに彗星の如く現れ、ありとあらゆるタイプのルアーをリリースしたかと思ったら、ブームがピークアウトした途端に驚くべき早

続きを読む

スローバー W1800 Throbber W1800 / へドン Heddon

  最近マスコミを賑わせているみずほ銀行のATM障害。   障害の根源を辿っていくと、第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行の三社合併による派閥・覇権争いの影響だなんて言われています。   し

続きを読む

キールヘッド Keel Head / B.P. Bait

ショップ発信型ルアーの花形的存在   日本にはいくつものルアーメーカーが存在していて、それらが日々しのぎを削っているのはみなさんご存知の通り。   しかし一般的なメーカーとは違って、ショップ主導でルア

続きを読む

スイミングマウス Swimming Mouse / シェクスピア Shakespeare

ルアーの”循環サークル”から外れてしまった存在   発売されたばかりの最新ルアーでも、その元を辿っていくとそのアイデアや形状は1950年代までに出ていたと言われています。  

続きを読む

パラドックス Paradox / ウッディランド Woody Land

かつては貴重な情報源だった”釣具屋の親父”   のんだくれがハナタレのクソガキだった頃は、今よりもずっと釣具屋の親父が威厳を放っていました。(決して”タックルショップ&#82

続きを読む