レッドフィンディープ Red Fin Deep / コットンコーデル Cotton Cordell

 

コットンコーデルという名家に生まれてしまったのが運の尽き、超定番ミノー・レッドフィンと比較されただけでなく、同級生・レーベルディープランナーにも蹴落とされて立つ瀬がないのは今日紹介するコットンコーデルのレッドフィンディープ。

のんだくれ的悲劇のヒロイン度ランキングではナンバー1の哀しい娘です。

 



 

このルアーに限らず人気商品の派生的商品ってのは往々にしてオリジナルを越えられないもんですが、それにしてもコイツは可哀想すぎる。

なんつーか… その… あの… 特徴が無さすぎなんです!

ダイビングミノーは他のルアーと比べると個性を出しにくいルアーだと思うんですが、それにしてこのルックスはフツー過ぎ。

初期のダイビングログのタマタマのように目立つ特徴でもあれば歴史に名を残せたかもしれないのに…

オリジナルレッドフィンがあまりにもインパクトのある下クチビルを持ってるので、そのレベルを期待してしてしまう我々もいけないんですかね。

 

 

ダイビングミノーのお約束とも言うべきリップも超フツー。

まあルーハージェンセンのホットリップス系のヤツを持って来られてもドン引きになっちゃうので、これはこれで仕方ないのかもしれません。

 

 

でもボディとリップの接合は同時期のレーベルのようにネジネジ方式ではなく、ハメコミ&接着方式を採用しています。

裏側からよーく見ると、パーツ同士を凸凹の形状でハメてあるのがよくわかります。

それでもこの時期の製品ゆえ、ブツけたらポリッと逝ってしまわないかとか、一抹の不安がよぎります。

デカい魚が掛ったら、あとはもう神頼み。

当時の接着技術を信じるしかありません。

 

 

全然関係無い話ですが、のんだくれは《ディープ》という単語を聞くたびに渋谷哲平のDEEPを思い出してしまいます。

朝一番にアレが頭に思い浮かぼうもんなら、あのクセのあるメロディラインがその日のテーマソングになってしまってホント困ります。

 

 

コーデルらしいといえばコーデルらしいし、レッドフィンらしくないと言えばまったくその通りな、気の抜けたナチュラルプリントもこのディープの特徴。

このプリント、ビッグオーあたりには結構採用されてたけどレッドフィンには珍しいような気がするんですが、どーですか?

ちなみにコイツはノンラトルです。

 


 

これはソルト用なので、フックは全て防錆のイーグルを採用。

防錆なのにサビてるのはご愛敬という事で😅

あくまでもサビにくいというだけなんですから。

ハラ側の2つのエイトリングはそうでもないんですが、テールのエイトリングだけワイヤーが異様に太いのは何か意味でもあるんですかね。

それとコイツにはこの時期のコットンコーデルの証とも言える例のアスホールがありません!

 


 

こーんな特徴のないフツーのダイビングミノーなのに、なんとプラドコになっても最後までカタログ落ちせずに頑張ってました。

日本では不人気でも、本国では人気があったというか、釣れてたんでしょうね。

やっぱルックスよりも実力ってヤツですか…

いろいろ考えさせられますね。

 



 

コメント
*2009年投稿時にいただいたコメントをそのまま転載しています

 

 

1. カープヒロシマ November 05, 2009 07:48
『Deep』で渋谷哲平というよりは、後ろのスクールメイツの太もものはずでは!?
日曜夕方、あの太ももだけで少し幸せになれた自分が懐かしいです(笑)
コレは持ってないですけど、8日琵琶湖にダイビングミノーという手を思い出しました。

 

2. シスコキッド November 05, 2009 11:03
渋谷哲平!このヒトに踊り教えてたヒト知ってます(爆!
さて本題。コレ、そーいえば持ってました。ドコいったかなぁ?
ただ、記憶があるのはレーベルのソレとは動きが全然違くなかったかな?
やはり、大したインパクトなかったんですね。
シーバスを少々釣った記憶が・・・

 

3. かうたん November 05, 2009 12:55
またのんだくれさん旅行に出掛けちゃってます?(笑)
所でこれ、近所のJ終夜に一個だけ売ってましたけど、
余りにも使わないだろうと放置してたらいつの間にか無くなってました。
ぱっと見、レーベルミノーをパケ変えただけだと思ってたら…違ってたんですね(笑)
フィッシュメイトに手が出てもこいつは…(汗

 

4. いるか November 05, 2009 20:15
まさかオイラの十八番が出てくるとは(笑)
大学んとき、バイト先でこの曲を有線にリクエストし続け、ついには 有線のオネーチャンに
『またですか!?いい加減にしてください』
と言われた深イイ話が(笑)
あ、赤鰭のディープは見たこともありません(笑)

 

5. tei-g November 05, 2009 22:00
バスプロショップスのカタログで見て存在は知ってましたが、正直スプーンビルのカラー違いくらいにしか思ってませんでした。
こういうルアーが細々と生き残っているのが、日本と米国の違いなんでしょうね。
まぁ、米国だって消えていくルアーはごまんとあるんでしょうが。

 

6. とびっく November 05, 2009 23:10
こんばんは(・∀・)ノ
以前RHカラーのスプーンビルミノーかと思ってスルーしかけてよく見たらレッドフィンってリップに
ネームモールドがあったんですがリップが取れそうな状態のモノだったんでスルーしました。
しかしこのカラーはカッコいい色ですね!

 

7. 80’s Bassing November 07, 2009 17:00
これでシャローやったら萌えるんやけどなぁ・・

 

8. のんだくれ November 07, 2009 20:53
カープさん
当時の男性アイドルはスクールメイツが喰い放題だったという話を聞いて
『アイドルってエエなぁ・・・』 とマジで思ったのんだくれです・

 

9. のんだくれ November 07, 2009 20:55
シスコさん
踊り教えた人! これまたピンポイントな人脈ですねー。(笑)
正直、このルアー使い込んだ事がないのでレーベルとの動きの差異はわかんないんですよね。(汗)
でもシーバス釣ったなんてさすがはシスコさん!

 

10. のんだくれ November 07, 2009 20:57
かうたん
…ス、スルドイっすね。(汗)
近場ですがまたルアー探しの旅に出かけてました。
フィッシュメイトに手を出しても・・・  という言い回しは名言ですね!(爆爆)

 

11. のんだくれ November 07, 2009 20:59
いるかさん
この曲当時は結構流行ったと思ってたんですが、同世代のカラオケで歌ってもドン引きされます。
というか渋谷てっぺー自体がドン引き対象なんでしょうか?

 

12. のんだくれ November 07, 2009 21:01
tei-gさん
日本以上に競争の激しいアメリカで20年以上売られてるのは、
やっぱり実績が無いと難しいでしょうから、コイツもちゃんと
使えば釣れるんでしょうね。
でも同じプラドコ傘下同士でバッティングするのはカンケーないんですかね?

 

13. のんだくれ November 07, 2009 21:03
とびっくさん
確かにコイツと中古屋で遭遇してもスルーするでしょう。(笑)

 

14. のんだくれ November 07, 2009 21:04
80’sさん
レインボー好きの80’sさんでもさすがにディープは使いませんか。(笑)