スピナーテールバングオー Spinner Tail Bang-O-Lure / バグリー Bagley’s Bait Co.

アラフィフアングラーの心を鷲掴みにしたスピナーテールバングオー   思い出の曲が世代ごとに違うのと同じで、ルアーの思い入れにも世代による違いがあります。   同世代アングラーと話すと必ず出てくる  &

続きを読む

アラシ カバーポップ 08 Arashi Cover Pop 08 / ストーム Storm

  インターネット通信環境、ならびに動画が気軽に見られるSNSの発達はルアーの開発にも大きな影響を与えました。   それは、より詳しいルアーの使い方、動かし方が動画で伝えられるようになったからです。

続きを読む

パフィートップ Puffy Top / ハトリーズ Hutley’s

  バスフィッシング… いや、ルアーフィッシングをやってたら、絶対的信頼を置いてるルアーを1個だけ持って出撃したことありますよね?   これで釣れなきゃそこに魚は居ない!ぐらいの勢いで😁  

続きを読む

C.C.シャッド CD12 C.C. Shad CD12 / コットンコーデル Cotton Cordell

日本のバスフィッシングに大きな影響をもたらした”シャッド”というカテゴリー   70年代終わり頃、西日本を中心にバスフィッシングシーンを席巻していたシャッドプラグがありました。 &nbs

続きを読む

バスオレノ Bass Oreno / ルーハージェンセン Luhr Jensen

  『 ああ、ルーハーね… 』   この言葉が最も使われたであろうルアーがこのバスオレノでしょう。(詳しくはTOP TOU vol.25、林 秀樹氏寄稿のルアー千一夜別館を参照)   サウス

続きを読む

バズプラグ G905 Buzz Plug G905 / アーボガスト Arbogast

”セールスコピー”によって過小評価されているバズプラグ   ルアーのプロモーションにはつきものである “世界初” とか “○○ができる” というセールスコピー。

続きを読む

ビッグボーイ Big Boy / コーモラン Cormoran

オリジナルの人気を上回った?数少ないパチルアー   この世に星の数ほど存在するルアーの中には、コピー商品の方がオリジナルよりも脚光を浴びるケースもまれに存在します。   今日のゲスト、ビッグボーイはま

続きを読む

レッドペッパーマイクロ Red Pepper Micro / ティムコ Tiemco

  従来のペンシルベイトとは一線を画した小魚逃走ヒラヒラアクションで、デビューするなり一大センセーションを巻き起こした赤唐辛子、ティムコのレッドペッパー。   最近はあんまりメディアに登場することもな

続きを読む

バルサライトクランクディープ Balsa Lite Crank Deep / コットンコーデル Cotton Cordell

  当初の生産計画からそうなっていたのか、それとも単に人気がなかったのかは分かりませんが、シリーズ化されたルアーの中には一つだけ生産数が少ないモデルがあったりしますよね。   今日紹介するルアーもその

続きを読む

スイベルヒップバングオー Swivel Hip Bang “O” / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

  バルサBシリーズやバングオーで超名門とされるバグリーも時には血迷ったルアーを出したりします。   このスイベルヒップバングオー5インチもそんな血迷い系。   そんなお茶目なトコがまたタマ

続きを読む

フットルース Footloose / バンディットルアーズ Bandit Lures

フットルース誕生の裏にはあのクランクの影響があった?   1989年、ワンマイナスの登場で一気に需要が高まったスーパーシャロークランクのカテゴリー。   色々なメーカーから打倒ワンマイナスな商品がリリ

続きを読む