エディポープ Eddie Pope's

ウィグルワートの元ネタ?ワンフッカーならではの暴れっぷりが楽しいトラウト向けクランク  ホットショット#35 Hot Shot #35 / ルーハージェンセン Luhr Jensen

日本人はカテゴリー分けが大好きです。 なんでもきっちり仕分けして線引きしたがる性格は、島国ならではの国民性と言ってもいいでしょう。 その傾向はルアーの世界にもしっかり現れており、このルアーは何用でそれは何用と言った具合に...
クランクベイト

もしあの激釣れルアーがウッドだったらこうなるんじゃ… と妄想させてくれるズイールの名作 チマチマディープリスク Chima Chima Deep Risk / ズイール Zeal

誰しも食わず嫌いってありますよね。 そしてルアーフィッシングをやってたら食わず嫌いで後悔した事は一度はあるはず。 今日紹介するチマチマディープリスクはそんな思い込みで悔しい思いをしたルアーのひとつです。 チマチマディー...
クランクベイト

米国ルアー業界の二大巨頭が日本でまさかのコラボ! ディープリトルN Deep Little ‘N’ / ノーマンルアーズ Norman Lures

人は見た目が重要です。 ”そんなことないよ、人はハートだよ” というのはキレイごとで、人格までは確かめようのない初見ではほぼ100%外見で判断します。 これは外見がよろしくないのんだくれが経験してることだから間違いありませんw ...
シングルプロップ

謎が多い日本専売モデルだが実はかなり使える実力派スイッシャー ベビーザラバックワード Baby Zara Back Ward X0366-SP / ヘドン Heddon

海外ルアーのコレクションをやってるとスペシャルモデルの壁に必ずぶち当たります。 スペシャルモデルとは、特定の地域だけで販売されたリージョナルモデル、商社やリテーラーが発注したカスタムカラーなどその素性にもいろいろありますが、それらに共...
ストライクキング Strikeking

アングラーの操作次第で多彩なサウンドが楽しめるポッパー/チャガーの秀作 KVDスプラッシュJr. KVD Splash Jr. / ストライクキング Strike King

ルアーには ”最終形” と呼ばれているカタチがあります。 ルアーの特性や機能を突き詰めていくと、最終的に似たカタチになることからそう呼ばれており、ペンシルベイトでいうところのオリジナルザラスプークやリップレスクランクでいうところのラト...
ストライクキング Strikeking

ストライクキングがダイヤモンドパターンに社運をかけていた頃の自信作 ダイヤモンドシャッド Diamond Shad / ストライクキング Strike King

ひとつのルアーの後ろには、膨大な情報が必ず隠されています。 ほとんどのメーカー/ブランドはそういったバックグラウンドを外にアピールしないので、こちらから探しに行かない限り目にすることはありませんが、中には商品展開を時系列で見て...
シングルプロップ

小さいからとナメてかかると泣きを見る羽鳥流水面チビ爆弾 タイニーボム Tiny Bomb / ハトリーズ Hutley’s

10インチサイズのスイムベイトが抵抗もなくフツーに受け入れられている現在、多分一番忘れられているであろうタイニープラグ。 今日はそんな可哀想な存在にスポットライトを当ててみましょう。 ご存知、御大スミスからの刺客、タイニ...
ゼニス Zenith

”ジョイクロの元ネタ”とだけ理解してたら大間違い!最強の水押しペンシル Z-クロー Z-Claw / ゼニス Zenith

中古屋でなんとなく買ったルアーを動かしてみたらそのパフォーマンスの高さに電流が走った、なんてのは誰にでもありますよね。 のんだくれの場合はコレ、ゼニスのZクロー。 ライブドアブログ時代から大絶賛しているサブサーフ...
ショートビル

泳がせないのが最大のキモ ジャーク厳禁のジャークベイト フラッシュミノー110SP Flash Minnow 110SP / ラッキークラフト Lucky Craft

オリジナルサイズであるフラッシュミノー80の釣れっぷりにノックアウトされたのんだくれがサイズアップされた110に手を出さないワケはありません! ということで今日のお題はラッキークラフトのフラッシュミノー110。 なんかよ...
エディポープ Eddie Pope's

ウィグルワートの元ネタ?ワンフッカーならではの暴れっぷりが楽しいトラウト向けクランク  ホットショット#35 Hot Shot #35 / ルーハージェンセン Luhr Jensen

日本人はカテゴリー分けが大好きです。 なんでもきっちり仕分けして線引きしたがる性格は、島国ならではの国民性と言ってもいいでしょう。 その傾向はルアーの世界にもしっかり現れており、このルアーは何用でそれは何用と言った具合に...
クランクベイト

もしあの激釣れルアーがウッドだったらこうなるんじゃ… と妄想させてくれるズイールの名作 チマチマディープリスク Chima Chima Deep Risk / ズイール Zeal

誰しも食わず嫌いってありますよね。 そしてルアーフィッシングをやってたら食わず嫌いで後悔した事は一度はあるはず。 今日紹介するチマチマディープリスクはそんな思い込みで悔しい思いをしたルアーのひとつです。 チマチマディー...
クランクベイト

米国ルアー業界の二大巨頭が日本でまさかのコラボ! ディープリトルN Deep Little ‘N’ / ノーマンルアーズ Norman Lures

人は見た目が重要です。 ”そんなことないよ、人はハートだよ” というのはキレイごとで、人格までは確かめようのない初見ではほぼ100%外見で判断します。 これは外見がよろしくないのんだくれが経験してることだから間違いありませんw ...
ストライクキング Strikeking

ストライクキングがダイヤモンドパターンに社運をかけていた頃の自信作 ダイヤモンドシャッド Diamond Shad / ストライクキング Strike King

ひとつのルアーの後ろには、膨大な情報が必ず隠されています。 ほとんどのメーカー/ブランドはそういったバックグラウンドを外にアピールしないので、こちらから探しに行かない限り目にすることはありませんが、中には商品展開を時系列で見て...
クランクベイト

ティースオレノ Teas-Oreno / サウスベンドベイトカンパニー Southbend Bait Co.

たまにはこういうクラシカルなのも紹介しておきましょう。 今日お招きしたゲストは、かつてサウスベンドが出していたティースオレノです。 これを紹介すると西の方角から、これ出したらアカンがな!と怒りに満...
クランクベイト

ただのB級ルアーだと思ったら大間違い!めっちゃ釣れるシャッドクランク シャッドマン Shad Mann / マンズベイトカンパニー Mann’s Bait Co.

”ナチュラルプロファイル” というカテゴリーのルアーがあります。 ベイトフィッシュのディテールをそのままプリントしたナチュラルカラーと並んでベイトフィッシュの形をそのまま造形したルアーのことで、スピードトラップのデザイナーとし...
クランクベイト

浮上時のユラユラアクションも楽しみたいビッグなクラシッククランク ビッグN Big N / ビルノーマンBill Norman

かつては一軍ボックスに指定席があったのに、いつの間にか使わなくなったルアーってありますよね。 そして久々に引っ張り出して投げてみると、”やっぱコレだよなー” となることがあります。 なんというか、長年付き合ってたけど事情があって...
ウェイクベイト

世界水準の性能を格安でゲットしたいならコレ! 3DBウェイクベイト 3DB Wakebait / ヨーヅリ Yo-Zuri

”ルアーの本質は使い込まないと絶対に見えない” というのがのんだくれの信条です。 ルアーの印象はタックルセッティングやフィールドの状況によっても大きく変わるので、ちょっと投げただけで良し悪しを判断するなんて絶対ムリ。 な...
クランクベイト

デビューして30年以上経っても未だ実釣派、コレクション派の両方を狂わせている魔性のクランク ベビーワンマイナス Baby 1 Minus / マンズ Mann’s Bait Co.

スーパーシャロークランクの歴史はワンマイナスから始まった スーパーシャロークランクを語る上で絶対に外せないのがマンズのワンマイナスシリーズであることは、バスアングラーの皆さんならもうご存知ですよね。 潜行深度が1フィ...
ショートビル

泳がせないのが最大のキモ ジャーク厳禁のジャークベイト フラッシュミノー110SP Flash Minnow 110SP / ラッキークラフト Lucky Craft

オリジナルサイズであるフラッシュミノー80の釣れっぷりにノックアウトされたのんだくれがサイズアップされた110に手を出さないワケはありません! ということで今日のお題はラッキークラフトのフラッシュミノー110。 なんかよ...
ショートビル

あの稲妻棒をビッグプレデター向けに進化させたラパラストーム渾身の作 マグナムサンダースティック マッドフラッシュ Magnum Thunder Stick Mad Flash / ストーム Storm

日本に輸入代理店があるメーカーのものでも、需要が無かったり、対象魚が日本に生息していないなどの理由で日本には入っていないモデルがたくさん存在するのは皆さんご存知の通り。 いや、むしろワールドワイドに展開するブランドやメーカーの...
ショートビル

最初はピンと来ないかもしれないけどクセさえ知ればバスプロ並に釣れちゃう? マックスティック110 Mc Stick 110 / スプロ Spro

ルアーは生き物です。 生き物であるがゆえに、アングラーとは相性の問題が付きまといます。 その時のアングラーの嗜好やホームフィールドの状況、タックルセッティングによっても相性の良し悪しは大きく左右され、それは結果となって使い手に帰...
グーガンスクワッド Googan Squad

YouTubeの企画から生まれた最強パフォーマンスを誇るジャークベイト スカウト Scout / グーガンスクワッド Googan Squad

近年マーケティングにおいて無視できない存在となったインフルエンサー。 SNSで注目を集めている人物やアカウントが商品やサービスを告知するという基本的なスキーム以外にも、インフルエンサー自身がオリジナル商品を開発販売するという流れを生み...
アングラーズリパブリック Anglers Republic

高速連続トゥイッチにもしっかり追従してくれる小さな暴れん坊 T.T.ミノー85 T.T.Minnow 85 / アンレーズ ANRES

生産が終わってからそのルアーの持つ実力に気付いて、慌てて買いに走るも地団駄を踏んだ経験は誰にもあるかと思います。 アングラーズリパブリックのブランド、ANRESがかつて販売していたこのT.T.ミノーは、そんな思いをさせてくれた...
ショートビル

ガワも中身も別物に生まれ変わった豪州向けカスタムロングA バラボーマー15A Barra Bomber 15A / ボーマー Bomber

オリカラは日本だけの専売特許じゃないんだぜ! と声を上げたのは、ご存じジャークベイトの名品、ロングA… かと思いきや、あれ?なんかちょっとロングAとも違うぞぉ? そうなんです! 今日のゲストはプラドコがオーストラ...
ショートビル

ダメおやじなんて呼ばせない!見た目の可愛さを裏切るリーサルウェポン エンジェルアイ Angel Eye / ラブルルーザールアーズ Rabble Rouser Lures

『のんだくれさんってラブルルーザーのルアーが嫌いなんですか?』というメールを頂きました。 どうもこれだけのルアーをアップしてるのにラブルが一向に出てこないのでそう思われたようなんですが、決してそんな事はありませんよ。 ...
ウェイクベイト

フローター釣行で一個だけ持っていくとしたら間違いなくこのルアー レッドフィン Red Fin C09 / コットンコーデル Cotton Cordell

昔、仲間内でよくやってたのが "得意なルアー1個だけ縛り" の釣り大会。 その名前のまんま、ひとつのルアーしか使っちゃダメというレギュレーションでの大会です。 その時にのんだくれがよく使ってたのが、C09と呼ばれるレッド...
ウェイクベイト

コーモランにパクられたら一人前のルアーメーカーという説があるとかないとか ジァヴァヴァ Javava / コーモランプロダクト Cormoran Product

久々にコーモランいってみましょう。 今日のゲストは、80年代に発射された対サブサーフェスの爆撃ミノー、その名もジァヴァヴァです。 なんじゃそのヘンテコなネーミングは! とツッコミを食ら...
クランクベイト

バンダイの本気を見た!見かけによらず実は釣れ釣れのシャロークランク ガメラクランクベイト Gamera Crankbait / バンダイ Bandai

のんだくれはガメラの大ファンです。 どのぐらいのファンかというと、平成三部作は封切り日の初回上映を観るため全ての日に会社をズル休みしたぐらいw 小学生の時ガメラのカッコ良さに電流が走って以来、哀しげな咆哮や飛行音を聞くだ...
クランクベイト

可愛いボディに釣れる要素をギュッと詰め込んだオールタイムモンスター アライくん Arai-kun / ズイール Zeal

かつてバスフィッシングを口実に女の子をデートに誘うのがトレンド?だった時期があります。 あのキムタクがTVでキャスティングスキルを披露したりして、なんか良く分かんないけどバスフィッシングっておしゃれだよね的なイメージが...
ジョイントルアー

ジョイントアンカニー Joint Unchanny / ズイール Zeal

暗黒の掟に逆らった数少ないルアー 売れるルアーには必ずと言っていいほど派生モデルが追加されるのは皆さんご存知の通り。 サイズや潜行深度、浮沈設定を変更したお約束に始まり、ペラが付いたり鳴くようになったりとその展開は無...
クランクベイト

見た目とは裏腹に強いタップサウンドを刻んでくれるジョインテッドクランク フラットブローク Flat Broke / ノーマンルアーズ Norman Lures

メディアでの露出度を見れば分かる通り、国産ルアーに比べてプロモーションが薄くなってしまうのが舶来ルアーの常です。 事前情報の少なさゆえ、アメルアの新製品を買うときは少なからずギャンブル的要素が付きまといますよね。 ...
ABTルアーカンパニー Allen Borden Technology Lure Company

あのキングコングシャッドを設計したデザイナーが放った四連スイムベイト バンシースイムベイト Banshee Swimbait / ABTルアーカンパニー ABT Lure Co.

著名なルアーデザイナーが設計したベイトはいつも話題に上るのは皆さんご存知の通りですよね。 ほんの15年ほど前まではルアーデザイナーはブランド看板の陰に隠れてしまって、表舞台に出づらい存在でしたが、ゴッドハンド加藤さんの...
ウェイクベイト

見た目のキテレツさからは想像もできないザ・ランカーハンター ザ・ビリーバージョインテッド 7インチ The Believer Jointed 7″ / ドリフタータックルカンパニー Drifter Tackle Co.

SNSなどで釣果を見るたびに気になるも、なかなか手が出ないマスキー系ルアー。 ボリュームがある上に大雑把な造形なので、実際にパッケージを手にすると高確率で ”やっぱりやめとこ” となるカテゴリーのひとつです。 しかし実際...
シャローダイバー

単なるカバークランクではない性能と拡充性がウリのスーパーダイバー ポニーテール120 Pony Tail 120 / ジャッカル Jackall

新しいコンセプトのルアーを開発しようとすると、機能を追求するあまり意匠が斬新になる傾向があります。 するとアングラーによっては奇を衒ったルアーに見えてしまい、実力よりも見た目で敬遠されてしまう事も😭 しかしそんな...
ジャークベイト

“ザ ハードワーム” ミディアムダイバー “The Hardworm” Medium Diver / マンズ Mann’s

あえて王道を外すルアー選び のんだくれのように性格が歪んでると、人が釣ったルアーをあえて避ける傾向があったりします。 早い話があまのじゃく。 とは言いつつも、人が使ってないルアーはさすがに使われてないだ...
ウェイクベイト

ウッドローラット Woodrow Rat / ウッドローラットルアーズ Woodrow Rat Lures

もっとビッグベイト系の記事をお願いしますよー! という声を頂いたので久しぶりにラットベイトいきましょうか。 ということで今日のゲストは南カリフォルニアに拠点を置くウッドローラットルアーズのその名もウッドローラッ...
SNSをフォロー
タイトルとURLをコピーしました