ミディアム・ロングビル

クランクベイト

ウォールアイ用でしょ?とスルーしたら一生後悔する!超絶使えるクランキンミノー サスペンディングウォーリーダイバー CS6 Suspending Wally Diver CS6 / コットンコーデル Cotton Cordell

対象魚自体が日本に生息していない事から、日本市場ではなかなか定着しないウォールアイ用のルアー。 ウォーリーデーモンもそうだし、ウォーリースティンガーなんかもそう。 あー…なんかそんなんあったよね程度の認知度なので実戦配備...
ジャークベイト

プロスプーンビルミノー Pro Spoonbill Minnow / レーベル Rebel

20数年前、ラリーニクソンによる衝撃の日本デビューの反動か、近年最も過小評価されているであろうルアーにロングビルミノーがあります。 その名の通り長ーいリップを持ったダイビングミノーで、過去に2度ほど注目を浴びるも、その...
ジャークベイト

力の抜けた外見からは裏腹のキレのあるダートが持ち味のクランキンミノー スティッキー2 Sticky 2 / スミス Smith

バスというのは非常に面白いサカナで、ある特定の動きだけに異様に反応する事があります。 ポーズがなきゃダメだったり、イレギュラーなアクションだけにアタックがあったり、そうかと思うとタダ巻きにしか反応がなかったりと千差万別...
ジャークベイト

日本では本来のコンセプトが理解されなかった不遇のミノープラグ ファストラックミノー Fastrac Minnow FT20 / レーベル Rebel

80年代の洋楽が華やかと言われている理由に、数多くの新ジャンルが登場したからと言われています。 ヒップホップにニューロマンティック、NWOBHM、テクノにAORと新しいものが次々と登場し、そしてそれらが後の音楽に大きな...
ジャークベイト

“ザ ハードワーム” ミディアムダイバー “The Hardworm” Medium Diver / マンズ Mann’s

あえて王道を外すルアー選び のんだくれのように性格が歪んでると、人が釣ったルアーをあえて避ける傾向があったりします。 早い話があまのじゃく。 とは言いつつも、人が使ってないルアーはさすがに使われてないだ...
ジャークベイト

トライガン90SP Traigan 90SP / バスロマン Bass Roman

有象無象(うぞうむぞう)という言葉があります。 数ばかり多くて役に立たない物や人々をさげすむ言葉 という意味なのですが、平成バスフィッシングブームにはその言葉を地で行く現象が起きていたのは皆さんご存知の通り。 コ...
ジャークベイト

アービー Arby / フレッドアーボガスト Fred Arbogast

初めて使ったルアーやタックルで魚が釣れると嬉しいですよね。 買って良かった!と思える瞬間です。 初めてのタックルで魚が釣れた事を "入魂する" なんて言いますが、一匹釣れただけで次へのモチベーショ...
ジャークベイト

ダイビングバングオールアー Diving Bang-O Lure / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co

日本でジャークベイトというと、どうしてもログやロングAに代表されるショートビルのミノーを思い浮かべますか、その先入観だけで凝り固まっちゃうと、もったいないことしますぜダンナ、というのが今日のオハナシ。 カテゴリー分けの好きな...
コットンコーデル Cotton Cordell

ディープダイビングレッドフィン CD9 Deep Diving Red Fin CD9 / コットンコーデル Cotton Cordell

コットンコーデルという名家に生まれてしまったのが運の尽き、超定番ミノー・レッドフィンと比較されただけでなく、同級生・レーベルディープランナーにも蹴落とされて立つ瀬がないのは今日紹介するコットンコーデルのレッドフィンディープ。...
ジャークベイト

ラパラ CD-11 マグナム Rapala CD-11 Magnum / ラパラ Rapala

最近はソルト用のルアーを淡水で投入するのはフツーになりましたが、ちょっと前までは白い目で見られた事もありました。 でもその冷たい視線を乗り越えた先にある桃源郷を知っちゃうとヤメられなくなるんだよー… というのが...
クランクベイト

ダイビンバンゴーB Diving Bang-O B / バグリー Bagley’s Bait Co.

かつて、ビッグベイトなるカテゴリーが登場するはるか以前に琵琶湖で名を馳せた、名実共にビッグなベイトがありました。 バグリーが誇る伝説の巨大ベイト、このダイビンバンゴーB、8インチがまさにそれでございます。 ...
ジャークベイト

ディープランナープラスチックビル DR2400 Deep Runner Plastic Bill DR2400 / レーベル Rebel

今日のお題は皆さんお馴染みのレーベルが誇る水底巡航艦、ディープランナースプーンビルミノー。 最近はすっかり名前を聞かなくなってしまいましたが、バス用ロングビルミノーの元祖とも言える名品です。 スプ...
SNSをフォロー
タイトルとURLをコピーしました