パラドックス Paradox / ウッディランド Woody Land

かつては貴重な情報源だった”釣具屋の親父”   のんだくれがハナタレのクソガキだった頃は、今よりもずっと釣具屋の親父が威厳を放っていました。(決して”タックルショップ&#82

続きを読む

ザ・ミノーSP The Minnow SP / ダイワ Daiwa

バスフィッシング黎明期のダイワの意欲作   指先一つであらゆる情報が得られる現代とは違い、80年代のバスフィッシング黎明期は雑誌やカタログなどの紙媒体、そして釣具屋の店頭が全ての情報源でした。   も

続きを読む

スピナーテールバングオー Spinner Tail Bang-O-Lure / バグリー Bagley’s Bait Co.

アラフィフアングラーの心を鷲掴みにしたスピナーテールバングオー   思い出の曲が世代ごとに違うのと同じで、ルアーの思い入れにも世代による違いがあります。   同世代アングラーと話すと必ず出てくる  &

続きを読む

ビッグボーイ Big Boy / コーモラン Cormoran

オリジナルの人気を上回った?数少ないパチルアー   この世に星の数ほど存在するルアーの中には、コピー商品の方がオリジナルよりも脚光を浴びるケースもまれに存在します。   今日のゲスト、ビッグボーイはま

続きを読む

レッドペッパーマイクロ Red Pepper Micro / ティムコ Tiemco

  従来のペンシルベイトとは一線を画した小魚逃走ヒラヒラアクションで、デビューするなり一大センセーションを巻き起こした赤唐辛子、ティムコのレッドペッパー。   最近はあんまりメディアに登場することもな

続きを読む

スイベルヒップバングオー Swivel Hip Bang “O” / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

  バルサBシリーズやバングオーで超名門とされるバグリーも時には血迷ったルアーを出したりします。   このスイベルヒップバングオー5インチもそんな血迷い系。   そんなお茶目なトコがまたタマ

続きを読む

リップンリック Rip-N-Ric / ノーマンルアーズ Norman Lures

  古今東西、 “有名プロが監修” を謳った商品はマーケティングの王道ですよね。   しかし中にはプロの名前を汚すんじゃないかとこっちが心配になるぐらいヲイヲイな商品もチラホラ

続きを読む

バルサミノーシンカー Balsa Minnow Sinker / ダイワ Daiwa

  70年代から80年代初めにかけてのバスフィッシング黎明期、日本のメーカーの海外ルアーに対する執着心と言ったらそれはそれはタイヘンなものでした。   当時、輸出用のパチモンを生産する土壌があったとは

続きを読む

ジャーク Jerk / フルーガー Pflueger

  いくつも記事を書いてると、正直どのルアーをピックアップしたのか分からなくなっちゃうんですが、今日のお題は今まで絶対に記事にしてない!と言い切れるブランド、フルーガーからその名もジャークさんに来て頂きました。

続きを読む

フレクトライトミノー Flect-light Minnow / オリムピック Olympic

  相変わらず国産オールドルアーの人気は高いですね。   一時期ほどの高騰ぶりは収まったものの、それでもまだ人気ルアーはびっくりするような値が付いている事もありますね。   良さが認められる

続きを読む

グッピー Guppy / ミブロ Mibro

  ズバリ結論から言いましょう。   このグッピーはスゲーです。 持ってないと損するヤツです。   古今東西、クランキンミノーという肩書きを持つルアーは幾多あれど、ミブロが放ったこのグッピー

続きを読む