Z-クロー / ガンクラフト

 

このブログに何度も登場しているのでもうご存知だと思いますが、のんだくれはZ-クローが大好きです。

飛び、動き、集魚力の三拍子が高次元でまとめられた、ザラと並ぶペンシルベイトの名品だと断言できます。

 

 

しかーし!  ゼニス時代のオリジナルZ-クローはヒサンな扱われ方でした。

丁度メガエバラキ旋風が吹き荒れてた時ということもあり、雑誌で大々的にプロモーションされなかったゼニスのルアー達は徐々に陳列ハンガーでホコリを被る存在となり、やがてその身はワゴンという名の流刑地へ送られ、遂には市場からも姿を消してしまいました。

 

 

ところが意外なところからZ-クローが脚光を浴びます。

当時爆発的ブームとなった、S字軌道ルアーのルーツとして紹介されるや否やその人気に火が付いたのです。

それまではタックルベリーなどの中古屋で100円前後で投げ売りされてたにも関わらず、紹介後はオークションで定価以上の値がつくなど、それまでの不人気ぶりが信じられないほどの大ブレイクです。

当然の事ながら、売れればそれだけZクローを投げるアングラーも増えるワケでして、そこからジワジワとその実力が浸透していきましたが、悲しいかな既に生産中止となっており、欲しくてもなかなか手に入らないという状況に陥ってしまいました。

そんな状況を見て、勢いに乗っていたガンクラフトが復刻再販に踏み切ったのがこの新生Z-クローなんです。

言うまでもなく、のんだくれは入荷と同時にゲット。

そりゃ愛するZちゃんが再びショップに並ぶんですからファンとしては指名せにゃアカンでしょう… ってキャバクラかよ。

 

 

この手の復刻物を手にしたら新旧の違いをつぶさにチェックするのがヲタの義務です。

この千一夜に何度も登場させている事もあって、のんだくれもよく聞かれます。

新しいZ‐クローってどーなんですか? と。

この際、記事ついでにはっきり言っておきますが、Zクローは新旧モデルに全く違いはありません!

重箱の隅をつつくように新旧を比較しましたが、カラー以外は全く同じ。

つまり、オリジナルモデルと同じように新生モデルもめっちゃ釣れるという事です!(断言)

 


 

でもホログラムやフロッグカラーなどの色調が多いオリジナルモデルに対し、新生モデルは反射板など今っぽいドレスを着ているので、好みは分かれるかもしれませんね。

好みで思い出しましたが、新生Z‐クローにはデッドフィッシュというカラーがありますが、実はこのカラー、他のカラーに比べて人気がないんです。

いわゆる不人気カラーってヤツですね。

でももしこれからZ‐クローを買う人がいたら、是非デッドフィッシュカラーを選んで欲しいんです。

なぜなら、そのカラーだけはバスの出方が違うから。

ベイトフィッシュっぽくないカラーが効くのか、バスの反応がすこぶるイイんです。

新旧モデル・全カラーはもちろんのこと、ソルト用、海外モデルまで投げ倒したのんだくれが言うんですから間違いありません!   …あーあ、書いちゃった。(汗)

実はデッドフィッシュカラーは、あまりショップでは見かけないので、もし店頭で見つけたら間違いなく買いですぞ。

 


 

前後に大きめのウェイトボールを仕込んであるのもこのルアーの特徴です。

フロントがカウンターウェイトの役割を果たし、キモチ良いぐらいの首振りを披露してくれます。

ほぼ固定されているリアウェイトに対し、フロントは横だけでなく縦方向にも動きを許されているので、ドッグウォーク時に、ゴトゴト重低音サウンドを響かせます。

旧モデルはラトルが内部で止まってしまう(固着ではなく引っ掛かる感じ)タマが時々見られましたが、新生モデルではそのような症状が見られないので、改良されているんでしょうね。

 


 

フックは前後とも4番のブラックニッケルを採用。

旧モデルのフックはちょっと華奢なワイヤーだったので、これは嬉しい配慮ですね。

ただフックが変わった分、アクションがほんの少し、ほんのすこーしだけマイルドになっています。

まあめっちゃ気合いを入れて見ない限り分からない違いなのでスルーしてもらって結構ですが笑

 


 

ネームは背にブランドロゴ、ハラに名前のダブルネーム仕様となっています。

まぁこれはこれでイイんですが、のんだくれとしてはハラのネームをピンクで入れるぐらいなら、ブランドロゴもピンクにして欲しかったな。

え? なんでかって? そりゃあーた、ダイブさせてサブサーフェスを泳がせる時にインジケーター代わりになるからですよ。

ジャークベイトの頭にピンクや黄色のシール貼って視認性を高めるって小技があるでしょ? アレですよ、アレ。

自己顕示欲も大事だけど、そろそろネームプリントに機能を持たせるという粋な会社が出てきてもイイ頃だと思うんですけどねって、一体どの目線でゆーとるのか。

余談ですが、海外ではガンクラフトではなく「ギャンクラフト」と言わないと通じません。

ギャの発音は、a と e がくっついたアレです。 中学の時に習ったでしょ?

日本であえてギャンクラフトと言って、あえて周りの冷たい視線を浴びるのもなかなかオツなもんではないかと。

 

 

一般的なペンシルベイトと同じように、遠投&ノンストップドッグウォークでサーチベイトとして使えるのはもちろんなんですが、のんだくれはコイツのウリでもある水押しを強調してスローな首振りで使ってます。

着水&ロングポーズの後、スプラッシュを出さずに一回一回しっかりと水を押しのけるイメージで出来る限りゆっくり首振りすると、シュポッと水中に引き込まれてガツンでグググでグリグリでザバーンでウリャー!なおいしい思いが出来ます。

水押しの強さや重低音ゴトゴトラトル、それにダイビング性能を考えると、コイツはペンシルベイトというよりも、むしろミノーシェイプのウェイクベイト的なイメージで投入した方が能力を引き出せるんじゃないかと。

バスだけでなくシーバスもイケるし、季節外れのストライパー劇場も楽しませてくれる芸達者ですので、今年の夏は是非とも爆撃部隊に加えてみて下さいな。

 

 

 

コメント
*2012年投稿時に頂いたコメントをそのまま転載しています

 

1. キジトラ January 22, 2012 15:40
>旧モデルはラトルが内部で止まってしまう(固着ではなく引っ掛かる感じ)

三つ持っている旧タイプがすべてそれでした。
新モデルは改善されてるんですね
アクションは気に入ってたのですが唯一ウエイトの不具合が気に入らなかったので
改善された新モデル買って見ようかな

 

2. のんだくれ January 22, 2012 18:29
キジトラさん
あらら。そのタマでしたか。
引っ掛かり易いヤツは、いっそのことラトルルームにレジンを注入して頭下げ姿勢にしちゃうと面白い動きしますよ。

 

3. るねっさ January 22, 2012 20:31
新生Z-CLAWのラインナップは旧モデルと比べてイマドキな感じですね-。
ルックスに見合う衣装を身に纏ったと言うか。
個人的には旧モデルのブルーバックチャートやパープルバックも中々味があって良いとは思いますがw

デッドフィッシュカラーは輪郭がクッキリしてるのに内側が透けてるのが釣れる秘密でしょうか。
ローリングした時のバスからの見え方が他カラーと違うんじゃないかなーとか妄想が膨らみますね。

 

4. のんだくれ January 23, 2012 15:52
るねっささん
パープルバックはイイ色ですよねー。
記事中に比較対象で出してるカラーも背のブルーが水に入るとやけに光るのでオキニです。

 

5. BASS January 23, 2012 19:06
新旧全く同じですか!
時としてこれはそのまま復刻してほしかった…!
ということがあるんでめっちゃ引かれます!
…あ!復刻といえば!レアリス,まだ1バイトあっただけなんですが(;^‐^A
やっぱよだれものの方が…

 

6. のんだくれ January 24, 2012 01:42
BASSさん
今回の復刻… というより再販は、より実戦的にバージョンアップされてるので間違いなく買いですよ!

 

7. Lagoonist 28号 January 24, 2012 03:16
針のくだり、激しく同感です。
多分僕がサミー115に感じてるそれと、同じなんだと思います。
針1個でぜんぜん動き違いますよね??
僕の場合は、どうしても今のは釣れない気がして、細いのに交換して使ってます。

トップだと見えるからすぐ解りますよね??
そう考えると、見えない潜り系も、うかつに針が交換出来なくて・・・。
長年生きながらえてる奴らは針を研ぎすぎて、針先が短くなってますからね(笑)
逆にそれでバランスが狂ってるかも??(笑)

すんません局所的にバイトしてみました(笑)

 

8. のんだくれ January 24, 2012 03:23
Lagoonistさん
いや、ホントその通りなんですよ。
特に好きなルアーのアクションには敏感になりますから、しゃーないですよね。
極端な事を言えば、同じルアーでも個体ごとに違って来ますからね。 それが国産でも。

でもあんまりこんなばっかり事言ってるとキモいって言われるんですよねー…

 

9. バンクマン January 24, 2012 19:36
4発売早々に川鱸狙いでいくつか買いました。横浮きだけど異常に飛びますね。
Dog-Xよりはるかに飛ぶ(重いから当たり前か)
S字蛇行するらしいけど、むしろグイングインと水面直下で首振らせるといい感じでした。
フロントアイのワイヤーがショボいので、ランカー来たら伸びそうです。
心配するほど来やしないけど( -_-) ツイッター、フォローしてます。マメなツイートに脱帽。

 

10. Lagoonist28号 January 25, 2012 02:36
違いますよね。国産物でも個体差あると思います。
僕も、とある国産ルアーが好きで沢山持ってるんですが、なんか違う気がして、精密秤で重さを1個1個 量った事があります(爆)

針1本でも、太さが変わると0.1~0.2gぐらいは違う訳で・・・(すいませんこれも量りました(爆))
ゲイブとかの違いも水の抵抗になると考えると・・・・。
だめです。辞めときます。
さすがに自分でキモいと思いました(爆)

 

11. のんだくれ January 25, 2012 06:07
バンクマンさん
コイツの真骨頂は首を突っ込むような首振りです。
S字軌道よりもそっちの方が圧倒的釣れる気がします。

ツイッターは短時間に画像を投稿し過ぎて今一時的に携帯からのアクセスが制限されちゃってます。(笑)
が、解除されたら止められない程度にガンガンいきますのでよろしくお願いします!

12. のんだくれ January 25, 2012 06:09
Lagoonistさん
もう… みんな一体どんだけヲタなんだか… (笑)
でもフックやリングの重さを図るのはお約束ですよね。(爆)