ウィードレスウィR Weedless Wee R / レーベル Rebel

ウィードレスウィR レーベル インプレ

 

70~80年代はどのアメリカンルアーブランドもイイ意味で調子コイてましたね。

 

プラスチック成形技術とバスフィッシングスキルの向上、さらに各社のシェア争いがうまく噛み合った黄金期とも言えますが、その中でもレーベルのお調子モノぶりはハンパじゃありませんでした。

 

あのカエルに始まり、キングオブB級とされているブラックスターまで、考え付く限りの傍若無人ぶり。

 

プラドコチームの長男となった今では考えられないですよね。

 

そんなレーベルが放った、ブラックスターにも負けない飛び道具がこのウィードレスウィRでゴザイマス。

 

ウィードレスウィR レーベル インプレ

 

名は体を表す、もう説明は必要ありませんね。

 

藻が掛らんウィRです🤣

 

締め切りに追われてただ字数を埋めるだけの冴えない作家の如く、単なるやっつけ仕事で作ったとしか思えないルアーです。

 

でもこーゆーの大好き!

 

ウィードレスウィR レーベル インプレ
ウィードレスウィR レーベル インプレ

 

ウィードレスの名に恥じないシングルフック&ラバースカート、さらには強靭なワイヤーガードがこのルアーの特徴。

 

ほとんどの人がこの装備を見た時点で戦意喪失するという、ある意味非常に貴重なルアーです。

 

しかしシングルフック用にボディを専用設計したり、ワイヤー装着でひと手間かけたりと、そこにはやっつけ仕事(←もう決めつけちゃってる)で作ったとは思えない気合いが見え隠れしてます。

 

昔ホグボス(HAWG BOSS)にもスティンガーとかいうシングルフック付きのクランクがありましたが、アレは完全なオープンウォーター用だったので、ムリヤリ機能を持たせたという意味ではこのウィードレスウィRの圧倒的勝利でしょう。

 

ウィードレスウィR レーベル インプレ

 

さらに当時の最先端塗装、お約束のGフィニッシュドレスを着ているのもウィードレスウィRの特徴。

 

その後、テネシーシャッドなどの定番カラーも追加されましたが、Gフィニロゴでしっかりと存在をアピールするあたり抜け目がないですね。

 

でもこのGフィニッシュはすぐにハゲちゃうのが玉にキズ。

 

同じ手法を用いたとされるダイワのミラクルシャインにはそこそこ耐久製があったんですけどね。

 

そのあたりはやはり塗装技術というか工程の差なんでしょうか。

 

 

ウィードレスウィR レーベル インプレ
ウィードレスウィR レーベル インプレ

 

リップにも当時最先端を誇っていたファストラックリップが奢られてます。

 

でもね、皆さんよーく見て下さいよ。

 

ビス穴はあれど、肝心のビス留めがされてないんですけど、コレ。

 

強度的にダイジョブなんですかね?

 

ウィードレスウィR レーベル インプレ

 

通常のクランクベイトでは責める事がきないようなウィードジャングルでもストレスなく使え、ジャングルの王様を連れてくる…  というコンセプトのはずだったんですが、実際のところは最先端リップの活躍によりウィードに突っ込んでしまって釣りになりません。

 

んじゃオープンウォーターでなら使えるのかといったら、今度はスカートがジャマしてロクに泳ぎゃしねぇ。

 

スカートを脱がせばそれなりに泳ぐんですが、それだったら最初からノーマルウィRを投入すればいいワケで、まったくもってコイツの存在意義が理解できんのですよ。

 

そもそも商品化にあたって実釣テストというもんがされなかったのかと。

 

ウィードレスウィR レーベル インプレ

 

でもイイじゃないですか、こーゆー企画倒れのルアーがあっても。

 

お遊びという要素がなくなっちゃった最近のバスルアーを考えたら、思い付きをまんまカタチにしちゃったというその意気込みだけでも買ってあげたいですよね。

 



 

コメント

1. バッス吉 June 08, 2009 13:29
どーもです
こんなバージョンのウィR
あるんですね~
ワンマイナスみたいなシャロークランク
にこの装備ならウィードレスも
有効だったかも・・・ですね(^_^;)

3. フォルテ June 08, 2009 16:27
・・・これってちゃんとフッキングするんですかね?

丸呑み&電撃じゃないと無理のような・・・(笑)

しかし、これが中古屋にあっても「なんだよ!変な
改造しやがって!」でスルーしますね、たぶん(笑)

 

4. むぅ June 08, 2009 19:09
倒木沈木に突っ込むとかならどーでしょうねー
バラとか伊藤さんとか。
それにはちゃんとネジ打たないとですが・・・
あ、背中に鉛貼って裏返しにしたほうが釣れるかも

 

5. のんだくれ June 08, 2009 19:10
バッス吉さん
確かにワンマイナス系ならまだ使えたかもしれませんね。
ということはワンマイナスをチューンすればこういう風に使えるって事ですよね。
早速やってみよーっと!

 

7. のんだくれ June 08, 2009 19:13
フォルテさん
いや、そう簡単にフッキングはしないでしょう。(笑)
コレは『釣れるもんなら釣ってみろ』というレーベルからの挑戦状ですから。(爆)

 

8. のんだくれ June 08, 2009 19:15
むぅさん
ベジテーション系でなければそこそこ使えるような気はしますね。
ただ頑張ってコレ使うくらいなら他を投入した方が数万倍ラクな気がします。(爆)
9. コカスキ June 08, 2009 21:13
さすがです。投げていません。
藻はリップにかかりますよね。
でも硬いやつで根がかりに強いやつ。
魅かれます。

 

10. セラフ June 08, 2009 21:59
まさに「二兎を追う者は一兎をも得ず」ってやつですよね。
でも、そういうルアーって意地でも釣りたくなるのも事実なんですよねぇ。
Bマニアな変態の発想かもしれませんが…(笑)。
これってジャクソンが扱ってましたよねぇ。
1992年のカタログでは5色展開されてますが、そこにはGフィニッシュはなしです。
って事は、そこそこカラーラインナップあるかも…。

 

11. とびっく June 08, 2009 22:21
B列で初めて見てなんかイイなぁと思ってたら去年の9月頃黄色のお店で遭遇しましたがうちのはスカート履いてなかったんですよ。
そーかぁ下半身丸出しのがいい動きなのかぁ…。ってなんかエロいっすね(笑)

 

12. いるか June 09, 2009 18:25
藻ナシ(モザイクなし)なだけにスカート脱いで下半身モロダシがいいんですね、分かります(笑)
しかし…レーベルもこんなアホなもん作ってたのかぁ。きっと社内にはまともじゃないルアヲタがたくさん居たんでしょう(笑)

 

13. のんだくれ June 09, 2009 22:44
コカスキさんなら多分パケ入り持ってますよね。
この際だからバリバリ破って投げちゃいましょう。(笑)14. のんだくれ June 09, 2009 22:46
セラフさん
ジャクソンも扱ってた事があるんですね。
92年当時は酒と音楽とおねーちゃんに一生懸命だったからちょっと情報が乏しいんですよね。
しかもGフィニ以外もあるとな!
こりゃまた宿題が増えちったな…

 

15. のんだくれ June 09, 2009 22:49
とびっくさん
このスカートは取れやすいので、市場に出回ってるタマはスカート無しがほとんどです。
スカートをまとめてるラバーバンド自体がひび割れて切れちゃうんです。

 

16. のんだくれ June 09, 2009 22:55
いるかさん
レーベルは相当マニアックなヤツが居たと思いますよ。 ホントに。
よくあるじゃないですか、ゲーム開発者が自分だけに分かるプログラムを組み込むみたいなヤツ。
あのレベルの事をやってたヤツが絶対にいるはずです!