ディープ サスペンディング ラトリンログ / スミスウィック

 

えー… ログです。潜り屋です。サスペンドです。

ダートが得意なオリジナル版の後に出てきた派生商品なので、その勢いでなんとなく買っちゃったカンジです。

だからまだ1回しか実戦投入してません。 それも20年以上前。

でもなんとも憎めない雰囲気なので、時々焼酎のサカナになってくれてます。

 

 

レーベル・スプーンビルミノーの大成功が引き金になったのかどうかは分かりませんが80年代後半~のダイビングミノーの発売ラッシュは、えぇーっ? アンタんトコも潜り屋出すのぉ? ってな感じでしたね。

ま、それまでは単にショートリップよりも潜るミノーというだけの位置づけだったのが、明確に使い方が紹介されるようになったので、バサーにとっては喜ぶべき事象でしたが。

そういえばクランキンミノーなんて使い方がクローズアップされ始めたのはこの頃でしたね。

 

 

コイツの最大の特徴はリップ下にあるこの2つのタマタマ。

このウェイトボールが前傾姿勢と共に絶妙の浮力バランスを作り出してる・・・ と思っちゃったアナタはまだまだ甘い。

なんせ相手はアメルア、特に浮沈セッティングの甘さにおいては誰にも引けを取らないログですからちゃんとサスペンドするわけがない。

しかもコイツったらかなりの浮力の持ち主!

 

 

浮いた状態ではテールのフックが水面から完全に出ちゃう位の超強力な浮かれポンチなんです。

スローライザー程度の浮力ならまだ許せるんですが、棒ウキかよ!とツッ込みたくなる程の浮力の持ち主を “Neutral Buoyancy” と紹介してしまうスミスウィックのアバウトさって一体・・・

うーん・・・ この高田純次にも通ずるアバウトさは是非とも見習わねば!

しかーし! サスペンドだという事を忘れちゃえば、前傾姿勢からの泳ぎ出しはレーベルのそれを凌駕するレスポンスなので、タマタマの本当の役目はそれなんだということにしておきましょう。

 

 

ログの血統を引いているので、もちろん凸凹フィニッシュ。

この塗装の稚拙さはログならではの萌えポイント。

一応エアブラシでシュッシュッとされてるものの、マジックでキコキコ書いたような縦縞のヤル気の無さは表彰状モンですよね。

バグリーのエアブラシおばちゃん達が見たら発狂しそう。

でもこれは逆にいえば、それだけの実績があるから塗装に凝らなくてもイイということの現れですよね。

基本的なパラーリングパターンさえ押さえておけば、あとはルアー本来の能力がオサカナを連れてきてくれるでしょ的な自信すら感じます。

 

 

ボディが長いので3フッカー仕様。

バスを絡め取るという実際の効果はもちろんですが、3フッカーのプラグって独特の雰囲気があってイイですよね。

ちなみにボディの中にはシャラシャラの遊動ラトルがお住まいです。

 

 

サスペンディングと呼ぶにはあまりもアバウト過ぎるルアーですが、クランキンミノーとしてはイケそうなにほひを漂わせてくれてるので、秋の荒食いシーズンには活躍してもらおうかな。

・・・と言いつつも、おそらく同伴出勤はないだろーなー

 

 

コメント
*投稿時にいただいたコメントをそのまま転載しています

 

 

1. ha-chan August 13, 2007 11:07
若者がレーベルやバンゴー投げる傍らで、老兵はキャン玉ログ結ぶ…
そんな雰囲気がしてきそうなコイツが大好きです!
赤い台紙のパッケに入った頃のモノですね。

 

2. のんだくれ August 13, 2007 11:48
そうそう! 赤いパケですわ。跳ね馬がプリントされてるヤツ。
しかしキャン玉ログって…    今度使わしてもらいます。(笑)

 

3. いるか August 13, 2007 18:16
チンチンログ(福岡地方名)を実戦投入なんて…
新しい奴使って、そいつはそのまま退役させちゃいかがですか?
ダイビングミノーなんて、なくなりやすいルアーの代名詞だし。
あ、お盆だから水に返して成仏を願うという路線ならアリかも(笑)

 

4. はーさん August 13, 2007 19:21
中古屋で見かけると、オッ!と思い、救出するか~と思うのですが・・結局レジまで連れて行ったことが無いんですよね。
レーベルで腕上げなきゃな~、オレ。

 

5. 広告屋 August 13, 2007 20:08
こいつには手をだしてないんよなあ。
このちょっと前にラトリンログに穴あけてさらにラトルジャラジャラにサスペンドチューンとか流行ったよね。
それで2個ぶっつぶしました。
アメルアのアバウトさと言えば、ちょうどこのころにバグリーもセミロングリップのバングオーに鉛の棒がベリーから出てるんが発売されてたなあ。
自分で削って好みのカウントダウンまたはサスペンドにするんだとさ、釣り人まかせかよ。
共に古いタックルボックスのどこかで眠っているな。

 

6. 80’s Bassing August 14, 2007 10:47
タマタマ。。
ええ味出てますよね♪
日本のメーカーでは絶対発売しないタイプですよね(笑

 

7. のんだくれ August 15, 2007 10:43
そのまま退役ってのがいるかさんらしくてイイっすね。(笑)
いるかさんはログには特別な思い入れがありますからねー。
しかしルアーにも魚みたいに地方名があるなんて面白いなー。
だけど、チンチンって… (爆)

 

8. のんだくれ August 15, 2007 10:43
あ、結局ログはスルーしちゃうのね、はーさん。(爆)

 

9. のんだくれ August 15, 2007 10:45
ありましたねー、バングオーの勝手にやってくれバージョン。
興味シンシンで買いましたが、未だにパケから解放してません。(涙)

 

10. のんだくれ August 15, 2007 10:47
80’sさん、おはようです。
ウェイトをボディ内部に収納する設計が面倒だったのか、あえてダサダサのインパクト狙いだったのかは謎ですが、絶対に日本のメーカーでは有り得ないですね。