ベビートーピード 本山バージョン Baby Torpedo Motoyama ver. / へドン Heddon

へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ

 

スミスが発射したベビートーピード本山バージョン…

 

なんちゅう魅力的な響きなんでしょ…

 

ベビートーピードを愛してやまないのんだくれがそんなルアーを放っとくワケありません。

 

発売と同時にガッツリ買いましたがな。

 



 

へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ

 

ご存じの通り、コイツはスミスがプラドコヘドンにオーダーしたジャパンオリジナルモデルです。

 

ベビトーにブレード調のリップとオリジナルペラを装備するなんてアメリカ人のオツムでは湧いてこなさそうな発想ですからね。

 

へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ

 

どっかの記事でも書きましたが、のんだくれはベビートーピードにはウルサいです。

 

ワンシーズンをベビトーだけで通すのはもちろん、難攻不落の相模湖にベビートーピードだけ持って通うぐらい使い込んでます。

 

ペラやラトルチューンは当然として、浮き角、シンキング、ウィードレス、羽根付き、レジン注入によるロールチューン、ヘビキャロのディープ攻略にいたるまで、考え付く限りのありとあらゆるチューニングをやってきました。

 

もちろんリップ付きってのもやりましたが、こんな風にブレードをアイに留めちゃうってのは思いつかなかったので、まずここでK.O.されちゃいました。

 

なにしろのんだくれはメドウマウスのリップを加工してムリヤリ移植してましたから。

 

へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ

 

しかしコロラドブレードをリップにしてスイミングトーピードに仕立て上げるなんて考えましたね。

 

しかもコレ、ただのブレードじゃなくてこのルアー用に作られた専用のアルミブレードなんです。

 

このルアーを見た人は誰もが『こんなん自分でできるじゃん!』と思ったはずですが、実際に市販のブレードをベビートーピードに移植するだけだとうまくいかない事に気が付きます。

 

市販のブレードだと浮き角が大きく変わっちゃうんです。

 

へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ

 

つまり重心が前寄りになっちゃうので浮き角がより水平に近くなります。

 

リップでただ泳がせるだけなら問題ありませんが、水平に近い浮き姿勢だとベビートーピードの最大の売りであるポーズからのショートジャークがうまく出来ないんです。

 

水を掴めないというか、水面の状況によってはトビウオ状態になって使い物にならない。

 

へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ

 

そんな浮き姿勢にも対応したのがこのオリジナル軽量アルミリップなんです。

 

この機能を理解した時、ちょっとシビレましたね。

 

伊達にスミスのロゴを入れてるワケじゃないんですね。

 

とはいえ、ショートジャークへの追随性ではオリジナルに軍配が上がるんですけどね。

 

へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ

 

もひとつのウリはこのなんとか可変ペラ。 …ゴメン名前忘れた。

 

オリジナルのベビートーピードよりも薄い素材を使用+エッジを立てることで、低速でもチリチリと良く回るようになってます。

 

この仕様からも本山バージョンはスローリトリーブでの使用を前提としていることが分かりますね。

 

そのコンセプト通り、このカスタムペラはルアーの挙動へのレスポンスがすこぶる良く、超デッドスローでもしっかりとアングラーの期待に応えてくれます。

 

この辺の細かい造り込みはジャパンオリジナルならでは。

 

へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ
へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ

 

オリジナルベビートーピードのベリーフックはヒートン&カップの直付けでしたが、こちらはリングを介してます。

 

オリジナルモデル特有の、バスが出ても乗らなかったりバレやすいという先天的な障害をスプリットリングで解決しているのです。

 

これは手堅くバスが獲れるチューンとして既存のベビートーピードにもヒジョーに有効ですので是非お試しあれ。

 

さらにカップもオリジナルをそのまま流用したのではなく、浅いカップを採用することでフックの可動域を大きくするのと同時にウェイトを落として浮力を稼いでいるというこだわりよう。

 

この辺りの仕様から、本山氏は相当なベビートーピード使いであった事が分かりますね。

 

ベビートーピードを使い込んでいくと必ず出てくる、”ここがもうちょっとああなってたらイイのに…” がちゃんと解決されているんです。

 

ちなみに画像のフックはオリジナルじゃありません。

 

あれこれ変えて試してたらオリジナルのフックはどっか行っちゃいました。

 

へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ

 

今までのヘドンにはないテイストのホットタイガーカラーもイイ感じですね。

 

ここまでやるなら他にももっとスミスオリジナルのカラーを出して欲しかったなぁと。

 

なーんて気軽に言ってますが、アメリカの会社にオリジナルカラーを注文するという作業は、実は想像以上に大変な作業。

 

納得できるカラーサンプルが上がるまでに何度も試作品をやりとりをするだけでなく、日本市場の状況を理解してもらうのは当然として、時には日本のバスフィッシングの文化まで説明しないと理解してもらえないなど、作業以前にクリアしなければならない事が山積しています。

 

そんな過程を経て納得のいくマスターカラーサンプルが出来上がってもそれを工場側のマスターペインターがちゃんと再現して、さらに末端のペイントスタッフも同じクオリティで塗れるかどうかはまた別の問題。

 

近年は中国工場のスキルも上がってるので昔ほどの苦労はなくなりましたが、それでもなかなか一筋縄ではいかないので、抹茶味のキットカット持参で現場ペインター達のご機嫌を操作したりと、色のトーンひとつを取っても製品化するまでにはタイヘンな作業が山ほど待ち構えているのです。

 

このベビートーピードに限らず、今みなさんが手にしているルアーには大なり小なりそんな過程があるという事を覚えておくと、ルアーのカラーリングもちょっと違って見えるかもしれませんね。

 

たかがカラーリング作業、されどカラーリング作業なのです。

 

へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ

 

お約束のネームはお約束のハラに吹かれてます…  が!

 

せっかくのオリジナルなのに、ベビートーピードのステンシルを完全流用してるのがのんだくれ的にマイナス100万点。

 

カラーリングとは全く別の視点でここにはスミスオリジナル、もしくは本山バージョンである何らかのオリジナリティが欲しかったですね。

 

だって、フロントのブレード取っ払っちゃったらだたのベビートーピードにしか見えなくなっちゃうんですよ? ペラいじってあるのね、ぐらいで。

 

臥竜点睛を欠くという諺の好例にならないためにも、このネームにもジャパンオリジナルという大和魂を貫いて欲しかったなー。

 

へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ
へドン ベビートーピード 本山バージョン インプレ

 

そんな感じでタダ巻きでも使えるベビートーピードとして華々しいデビューを飾ったこのお方ですが、なんと数回キャストしたのみでお蔵入りとなりました!

 

いや、誤解の無いように言っときますが、決してルアーの出来が悪いとかじゃないんですよ。

 

その、つまりアレですよ、のんだくれはショートジャーク&ポーズをメインパターンとしてベビートーピードを使いたいので、正直リップは要らないんですよ。

 

なんつーか、イイ思いをしちゃったが故に身体に染みついた動かし方とでもいいましょうか、このルアーにはこのアクションだぜ! みたいにセットにしちゃってるところがあるので、泳ぐベビートーピードってちょっと違和感があってイマイチ使い込めないんですよね。

 

まあそれが釣りが上達しない一番の理由でもあるんですが、ベビトー使って40年、おいそれと自分のスタイルを変えられてたまるか! という意味もなくガンコな自分が居たりするわけですよ、ハイ。

 

そんなワケでまともな釣果も挙げてないんですが、どなたかこのベビートーピード本山バージョンでイイ思いをした方はいらっしゃいます>

 

2020年11月追記:

この本山バージョンの生みの親である本山氏は2018年に逝去されました。
ルアー開発にとどまらず、日本のバスフィッシング界に多大な影響と貢献をされた氏を失うことは業界にとっては大きな損失でしたが、こうして氏のルアーを使ってあれこれ戯言が言えた事が出来た我々は幸せだったなと。
ご冥福をお祈りいたします。

 



 

コメント

 

1. セラフ November 25, 2009 12:43
同感です!。
「せっかくやねんから……」って思いがいっぱいありましたわ~。
カラーリングしかりネームプリントしかり…(汗)。
まぁ、釣ることを大前提にしてるんでしょうけど、もう少し遊び心は欲しいですよね~。
僕も一度だけ使って「こんな動きなんや~」の後、完全にお蔵入りしてま~す(爆)。

 

2. のんだくれ November 25, 2009 14:01
セラフさん
やっぱり同じ事を思う人はいるんですね。(笑)
しかもお蔵入りまで一緒とは…   合掌。

 

3. 80’s Bassing November 25, 2009 14:10
ベビトーコレクターも妻もこれには手出してません(爆)

 

4. 岩谷薫 November 25, 2009 14:51
最近、この子を見ますたが、やっぱスルーどす。
子供の頃からのトピドーのインパクトと経験のスリコミが不動ですからねぇ。
でも、こんな突飛なチューンの発想には拍手でしょうね。

 

5. ボンクラエモン November 25, 2009 15:52
私はこいつをセールで500円と割安で売られたので、
何となく購入したものの未開封のままになってます。
スミスのカラーセンスいいですね。
私は特にSMBHとOLBが好きです。
ところで、同じく本山バージョンとして発売されている
タイニークレイジークローラーはオススメですよ。

 

6. 彫刻か November 25, 2009 16:30
ベビトーは素晴らしいルアーですけど
残念ながら、これはちょっと違うような気がしますね。

 

7. カープヒロシマ November 25, 2009 21:05
コレは持ってませんが、確か大きいのもありますよね!
実は大きいの欲しかったりします。
可変プロップでしたっけ!?
なかなかの実力でAプロップから少年ルアーに移植したりしてます。
ヘドンと思わずにスミスルアーだと思えば幾分許してもらえるのでは!?
我々オサーン世代からも好かれず、今風のリアルな装いでもないので若者からも相手にされず不遇なルアーです。

 

8. バズンフロッガー November 25, 2009 22:44
ベビトーにはウルサい のんだくれさん
ズバリ「ベビートピードのんだくれバージョン」を
徹底的にこだわって出すとしたら どんな感じになりますか?
すごく興味があるので「ルアー千一夜・改」あたりで是非

 

9. とびっく November 25, 2009 22:51
3 コレの大きいサイズは買いましたが、リップは取り外しちゃいましました。
テールのペラだけで十分だと思って。ってそれじゃ本来の性能が発揮出来ませんよね(笑)

 

10. tei-g November 26, 2009 07:14
私もあっという間に手放した口です。期待した動きをしなかったというか・・。
本山バージョンはミロルアーのやつの方が秀逸かと。

 

11. BAZZ November 26, 2009 13:58
ども~、ご無沙汰ぶりの書き込みです。
今年の2~3月頃だったかと思いますが、岡崎市内の某ショップで、新品が何故か半額ぐらいで見切り販売されてたのを見つけたんで、ベビー2つとマグナム2つを捕獲しときました。
なんて言うんだろう‥、ノーマルのそれとはまったくの別物ですよね(見れば分かりますが)。
でも売るのもなんなんで、どうにか使い倒したろ~、とは思ってるんですが‥。
ちなみにミロールアー/5Mの本山VERの方は、もっと前に手に入れていて、今ではすっかり手放せないW水車となってしまいました。

 

12. のんだくれ November 28, 2009 14:26
80’sさん
ハッハッハッハッ!
逆に集めてたらちょっとコワいです!(笑)

 

13. のんだくれ November 28, 2009 14:27
岩谷さん
いや、確かに今の時期にこれだけのルアーを出してくれるのはさすがスミスと言わざるを得ません。
単に好みの問題でのんだくれは使ってませんが、このルアーで確実に実績を上げてる人はたくさんいますからね。

 

14. のんだくれ November 28, 2009 14:28
ボンクラエモンさん
クローラーはまだ持ってないんですよ。
そのうちゲットしてインプレ書きますわ!(笑)

 

15. のんだくれ November 28, 2009 14:30
彫刻かさん
ベビトー=ジュビッ! で使うというイメージでは確かにこのルアーは理解できないでしょうね。
そこがルアーの面白いところでもあり、ムズかしいところですね。(笑)

 

16. のんだくれ November 28, 2009 14:31
カープさん
あのミローはヤヴァいです。
特にアワビシートの入ってる限定モデル。
ラインブレイクでロストしちゃいましたが(涙)あれはマジ釣れでしたよ。

 

17. のんだくれ November 28, 2009 14:33
バズンさん
のんだくれのベビトー改でイチバーン!はウィードレスチューンです。
確かどっかの記事でも書いてたはずですが、またそのうちアップしますわ。

 

18. のんだくれ November 28, 2009 14:35
とびっくさん
実はのんだくれも同じ事しました… が、ペラだけだと正直イマイチでした。
やっぱリップもセットで一人前のルアーなんでしょうね。

 

19. のんだくれ November 28, 2009 14:37
tei-gさん
あんまりミロー版の事言っちゃダメですってば!
なんで今まで千一夜の記事になってないのか事を察してくださーい!(汗)

 

20. のんだくれ November 28, 2009 14:38
あらら、BAZZさんまで…
もうミローの方は禁句ですっ!(爆)

 

21. 黒男 June 06, 2011 13:13
以前の記事にいまさらコメントしてすみません&はじめまして。
私はソルトしかやらないのですが
このルアーにはとてもお世話になってます。
クロダイにやたら効くんですよ。
コメ欄を見るまでもなく人気薄ですが
おかげさまで孫の代まで使えるほど安く大量に買い込ませて戴きました。
オリジナルモデルですとクロダイの反応は薄いです。

 

22. のんだくれ June 07, 2011 04:17
黒男さん
こんばんは!
昔の記事へのコメントは大歓迎ですよ! ありがとうございます。
しかしクロダイにイイなんてナーイスな事聞いちゃいました!
のんだくれは毎年夏になるとポッパーを使ってチヌ狙いに浜名湖に通ってるんですよ! ニヤリ
ナイス情報さんきゅうです!