チャタートリックスティック / Z-マンフィッシングプロダクツ

 

数年前、本国アメリカの大会で好成績をマークしたことで一気に脚光を浴びることになったブレード付きジグ、チャターベイト。

ヘキサゴンシェイプのブレードがイレギュラーにバタつくことでジグを激しくアクションさせ、かつダートするという、従来のジグの概念から大きく離れた意外性も手伝って大ヒットしましたね。

で、釣れるルアーにはフォロワーが付きものということで、いろんなのが出てきましたよ。

 

 

このチャタートリックスティックもいわゆる派生商品のうちのひとつ。

Z-man(ズィーマン)が出して来たその名もチャタースティック。

ジグだけじゃ飽き足らず、ミノーにまでヘキサゴンブレードを付けちゃったというメリケンならではのやり過ぎ商品。

 

 

オリジナルのジグが出た時点で、派生商品が出てくるのはある程度予想はしてたけど、まさかホントにやっちゃうとはねー。

そんな先入観もあったので、最初このチャタートリックスティックを店で見た時は正直何とも思いませんでした。

『ああ、やっぱり出てきたか』 程度の反応。

ところがところが。

昨年アメリカに行った時、ショップでコイツを見た途端にフォーリンラブですよ。

え? なんでかって?

 

 

ジャーン! これがその答え。 7インチのデカミノーだから!

日本で売られてた3インチや4インチには何の反応も示さなかったけど、デカミノー好きとしてはこのサイズだけはスルー出来ません!

もう見るなりソッコーでレジへエスコートですがな。

で、7インチを買ったら他のサイズとのアクションの違いも見てみたいよね… とばかりに反応しな

かった3インチや4インチもツープラトンでゲット。

あーあ、このクセを治さん限り、ルアー地獄からは永遠に抜け出せんなー。 ( ̄∇ ̄;)

これがチャターベイトの命、ヘキサゴンブレード。

リトリーブすると、丁度ヘッドの前で手を振るようなアクションで左右に大きくはためき、イレギュラーにボディを揺すって内蔵のラトルをけたたましく鳴らします。

そのアクションはワン&オンリーそのもの。

早巻きからスローまで、フツーのリップ付きミノーでは絶対に出せない動きなので、秋のシャローでミノーフィーダー化したバスを相手に投げまくるのにちょうどエエ感じ。

リップにはネームの刻印もしっかり入ってるんですが、見て欲しいのはブレード穴横のby RenoskyLures のロゴ刻印。

そうなんです。

コイツにはあのレノスキーブランドが絡んでたんです。

パケには一切レノスキーの文字はなかったので単にパーツを供給してるだけなのか、はたまた資本提携かなんかで蜜月なのかはわかりませんが、こんなトコでレノスキーのロゴにお目にかかれるとはちょっとオドロキですね。

 

 

もうひとつのウリはこの凸凹フィニッシュボディ。

カタログによると、この【ディンプルドフィニッシュ】があらゆる角度からの光を反射し、ゲームフィッシュを狂わせるんだとさ。

そう言われてみると、どことなくあの独特のレノスキー臭が漂っているようないないような、なんとも不思議なキモチに。

アメルアって国産のブランドと違って、リーシッソンがアーボガストにスヌーカーをOEM供給していたりと、ブランドを跨いだ動きが活発で、思わずヲタが食いついちゃうような事をしてくれるからタマんないですよね。

ちなみに、リーシッソンはバグリーのウィンターヘブン工場で働いた後、自身のブランドを立ち上げました。

なので、リーシッソンのルアー(特にクランクベイト)の細部をよく見てみるると、あーこの手法はバグリーのDNAだなー( ̄- ̄)ニヤ とか、非常にキモい楽しみ方もできちゃいます。

 


 

フックはボディサイズに合わせて太軸のビッグワン仕様。

最近のアメルアの針は国産にも負けないくらいシャープなのでまったく見劣りしなくなりましたね。

というかアメルアに付いてるのハリはダメとかよく言われてますが、のんだくれに言わせると、アンタ一体いつの話してんの?って感じ。(笑)

 

 

ルアーに漂うキテレツ感がそうさせるのか、最近はショップでも見かけなくなってしまったので、気になったらゲットしておくべきアイテム。

3インチはブレードの重みでシンキングになっちゃってるので、フローティング設定になってる4インチがスローにも引けて一番使いやすいでしょうね。

え? この7インチの使い勝手? コレはまぁ 『 真夏の夜の夢 』 ってコトで。

 

 

コメント

1. ノンらとる May 09, 2009 23:05
こんばんわ!
(・0・。) ほほーっ
以前エグって、パッケージむきむきしたら意外に重かったので、てっきりシンカーだと思ってました。
あ、4インチの話ですよ~
こんど持って行って見ます♪
このサイズはシイラ辺りむけでしょうかね?
凶暴です!( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

2. MO(ぽっぷ) May 09, 2009 23:07
これは面白いルアーですね~
3か4インチ、使ってみたい!
流石にこの7インチはちょっと・・・^^;

3. 広告屋 May 09, 2009 23:17
しっかり買ってしまってます(笑
そのまま放置してたりして・・・

4. のんだくれ May 09, 2009 23:34
ノンらとるさん
シイラ…  野池で投げてますがなにか?(爆)

5. のんだくれ May 09, 2009 23:35
MOさん
小さいサイズは早引きで巻き倒すと面白いと思いますよ。
是非。(笑)

6. のんだくれ May 09, 2009 23:36
広告屋さん
やっぱり持ってたのね。 もうなんでもアリでしょ!(笑)
7. とびっく May 10, 2009 00:32
こんばんは(・∀・)ノ これ初めて見ました。このぼこぼこ感なボディがなんかイイっすね!んっ、どっかのショップで見かけた様な?ちょっと捜索してみます。

8. tei-g May 10, 2009 15:57
4㌅はフローティングなんですか?小さいサイズは何度か見かけましたが、下手物の類かなと思ってスルーしてました。凸凹ボディーは効きそうな気がします。

9. とんぷく May 10, 2009 19:34
いつも楽しく拝見させていただいております。
今まではあまりにもディープな世界にコメントを躊躇しておりましたが今日は大好きなルアーの登場ですので勇気を振り絞って投稿します。
このチャタースティックの4インチにはフローティングとシンキングの2種類が存在します。
パッケージには何も書いてありませんが、ボディの体高が高い方がフローティングです。
メーカーが意図して2種類になったのかデザインの変更でそうなったのかは分かりませんがどちらでも非常に良く釣れるルアーです。
のんだくれさんのおっしゃるようにシャローをファーストリトリーブで使っていい思いをしています。
真夏の夕マズメはリアフックをフェザーフックに替えて、ボディがアクションするかしないかぐらいのスピードで水面近くを引くと狂ったようにバイトしてきますよ。
なかなかコメントできる記事がありませんが、今後も楽しませていただきます。
長文失礼致しました。

10. のんだくれ May 11, 2009 04:12
とびっくさん
あんまり出回ってはおりませんが、結構イケるヤツですので見つけたらどうぞ。(笑)

11. のんだくれ May 11, 2009 04:13
tei-gさん
下手物! 確かに!(爆)
でも案外こういうのが効いちゃったりするんですよねー。

12. のんだくれ May 11, 2009 04:17
とんぷくさん
はじめまして! コメントありがとうございます!
4インチでも浮沈両方あるなんて知りませんでした!
というかそこまで使い込んでるとは、相当コレでイイ思いしてますね?(笑)
フェザーフックで泳がせるのは確かにアリでしょうね。
リップ付きミノーとは泳ぎのタイプが全く違うのでフェザーの揺れ具合はヤヴァいかもしれません!
早速マネさせていただきますっっ!
コメント書きにくい記事ばっかりですが(笑)、今後ともよろしくです!