ウェイクN / ノーマンルアーズ

ショボい外見、アクションも取り立てて騒ぐほどのものでもないのに、何故か良く釣れちゃうルアーというのは確実に存在します。

ニンゲン様には分からない何かがオサカナに訴えてるんでしょうね。

今日のゲスト、ウェイクNはまさにそんなルアーです。

ご存知の通り、コイツは70年代に北米バス市場を荒らしまくったビルノーマン・ハーフバックミノーの子孫。

かつては1/4ozサイズのクォーターバックと1/2ozのハーフバック、それにダイビングリップを持ったスクーパー達と共にノーマン家の中で一大派閥を形成し、レーベルのハンプバッカーズと熾烈なシェア争いを繰り広げていました。

しかしそのルックスの古さが時代について行けなくなったのか、一人また一人と引導を渡され、ついには古代ローマ帝国の如く滅びてしまったという悲しい過去を持った血筋でもあります。

ところがその実力を知るアングラーの熱い要望なのか、はたまたメーカーの気まぐれなのか、90年代終わり頃に、ウェイクNと名前を変えて突然復活しました。

なぜ突然蘇ったのかなどの詳細は全く分かりませんが、実力を持ったルアーが生き残ってくれるのは嬉しい事ですね。

2020年10月 補足:
90年代終盤からチャガーフラッシュなど旧ビルノーマン時代の名品たちが幾つか復刻リリースされましたが、これは “全盛期のノーマンを取り戻す” という当時の新オーナーのマーケティングプランの一貫だったようです。 DD22の記事でも書きましたが、本当にノーマン愛に満ちたオーナーだったんですね。

このウェイクNの最大の特徴は、ボディの全幅の割に小さめのリップです。

お世辞にもカッチョ良いとはいえない不格好ちゃんなので、店頭でのスルー率極めて高し。

ワゴンの構成員に成り下がっても相手にしてくれるような慈愛に満ちた人は少なく、ルアーの格差社会の底辺を味わった苦労人でもあります。

でもね、売れ残るのも分かる気がするんですよ。

だってリップの接着剤がこれでもか状態でこんもりしてるようなルアーですよ。

これを好んで買う人がいたらよっぽどの好きモンで間違いないでしょう😁

しかもコイツったら、ウェイクという名前から水面ブリブリ泳ぎの超シャローランニングクランクかと思いきや、意に反してフツーに潜ります。

しかもその泳ぎもどこにでもあるようなフツーのもの。

水面モワモワ泳ぎを想像してた買った人なら、間違いなくその場でファーーーーーック!と叫ぶでしょう。

しかーし! 侮るなかれ。

コイツにはニンゲン様には理解できない不思議な魔力があるのか、何故か釣れちゃうんです。

レーベルのハンプバックがバカ釣れルアーだと知ってる人には理解できても、それを知らない人にしてみれば、このウェイクNがめちゃくちゃ釣れると言われてもオーラ0%の激ショボクランクにしか見えないでしょう。

でも実際は全然違うんです。

アングラーの予想を見事に裏切ってくれちゃうんです。

ただ巻いてくるだけで不思議と釣れちゃうんです、これが。

こういう能あるタカ系のルアーが隠れてるのがアメルアのオソロシイところですよね。

それを自分だけが知ってるならニヤニヤ楽しめますが、同船者が密かに隠し持ってたりしたらもうヒサンな一日になりますからね。

話は変わりますが、仕事柄、海外のアングラーと釣行することが多いんですが、その際に毎回必ずやることは彼らの一軍ボックスの中身検査。

ボックスを見られる事を嫌がるプロを除いてほとんど全部、隈なくボックスをチェックします。

時にはマリーナでちょっと会話しただけの人にも割とズケズケとボックス見せてと言っちゃったり😅

タカさんチェックならぬのんさんチェックですよ。

するとアレ?っていうルアーが必ず1個や2個は入ってるんです。

そんなのを見つけたらお決まりの What situation would you toss this kind of bait in? (これってどういう状況で使うの?)などなど質問の嵐。

するとみんな親切に教えてくれるんですよね。

と言うより、単に自分の成功体験を喋りたいだけかもしれません😂

やっぱり彼らも釣り人ですからね😁

で、ノウハウを教えてもらったら、節操なくタックルショップに走るという流れですよ🤣🤣🤣

そんな調子で沢山のアングラーからシークレットを教えてもらいましたが、中でも一番衝撃だったのはヒルデブラントのスナグレスサリー3/4oz

一見ただのウィードレススピナーですが、使い方の説明をしながら目の前でバコバコ釣っていくのを見せられてのんだくれは文字通りアゴ落としました。

詳細はまた書きますが、もしスナグレスサリーを見つけたら確保しといて損はないと思います。

このウェイクNのボディには小粒ラトルが複数詰め込まれています。

シャラシャラとジキジキの中間ぐらいのサウンドでよく響くので、これも釣れる要素のひとつかもしれません。

コイツも昨日のZZトップと同様のゲルコートカラーですが、カラー名は… なんとかサンライズ… だったかな? あーもー忘れちゃいました。

しかし先ほどのリップの接着剤の件や、トップコートが凸凹のモノをそのまま出荷してしまう感覚ってスゴいですよね。

でもそれは実際に泳がせてみると納得できちゃいます。

なんと、リップに接着剤がこんもりしてるヤツでも、ノーマル仕様(笑)と全く変わらん泳ぎを見せてくれるんです。

泳ぎさえすればオッケーという実質主義と、多少の難があっても泳ぎ切ってしまうアメルアの懐の深さの勝利ですね。

ハーフバック時代のフックはブロンズのイーグルクローでしたがこのウェイクNは前後ともブラックニッケルになっています。

カップも省略されているのが分かりますね。

でもスプリットリングの不自然なデカさはノーマン家の伝統として今も息づいています。

大きさは65ミリ、ウェイトは1/2オンスと扱いやすい手頃なサイズ、実売価格も700円前後と非常にリーズナブル。

どこの店にも置いてあるというルアーではありませんが、出費に見合うどころか、必ず結果をもたらしてくれるルアーの一つですので、見かけたら是非ともエスコートしてあげてください。

そして、” これはウェイクベイトではないんだ ” ということを肝に銘じて巻き続ければ、ドヤ顔ができる日が必ず訪れるでしょう。

コメント
*投稿時にいただいたコメントをそのまま転載しています

1. ひで May 09, 2011 12:58
これは完全に周りの人を油断させる力を持っていますね。。
そして、超初心者を見るような冷ややかな視線を浴びて・・
それから釣れるとめっちゃ気持ちよさそうですが・・
釣れない時は・・ーー;
すごく欲しいです。

2. のんだくれ May 09, 2011 14:09
ひでさん
油断させる…  確かに。 間違いない。(笑)

3. としくん May 09, 2011 15:03
4クランクベイトの形でクランクベイトじゃない!
って、やつですか…
ハンプバックのちょい大きめちょい小さめ。
それぞれ持ってても損は無いですね。
これ、リップ裏のティンプルが凄く気になるのですが…(クォーターバックは1つ)

4. ウッチー May 09, 2011 20:00
完全にスルーしてました(笑)
もしかしたら…他のスーパーシャロークランクには無い「ロールが強い」という特徴があるのかも知れません。
あるいは、潜らせない為のナローリップで、「高速巻きが出来る」とか…。

5. いるか May 09, 2011 21:33
ルアーを作る上で、こういう手合いがある意味もっとも厄介な奴です。
人から見て釣れそうな動きと、魚がチョイスするソレが理屈で証明出来にくい要素を、このルアーは持ってんでしょうね。
…ってここらへんの鍵になる要素は見つけてるんですが(笑)
まだビルダーの夢捨ててないのでナイショ
(-∀-)ニヤリ

6. のんだくれ May 10, 2011 00:43
としくん
リップ裏のポッチは地味ですが確実にノーマンのアイデンティティを主張してますよね。(笑)

7. のんだくれ May 10, 2011 00:44
ウッチーさん
さすがスルドい。
コイツは高速巻きもバッチリです。

8. のんだくれ May 10, 2011 00:49
いるかさん
ニンゲンの言う釣れるアクションって、ほとんどの場合が、モチベーションが維持できる動きというか、投げ続けられる動きなんでしょーね。
実際にサカナが釣れる動きとの間に差があるからルアーって面白いんですけどね。

9. ウニャニュ星人 May 11, 2011 11:42
このルアーは10年位前の『ロッド&リール』誌(表示が釈由美子さん)で紹介されていました。
不細工な外見で使う人が少ないことは喜ばしいって・・・。
それだけ釣れるルアーってことなんでしょうね。

10. のんだくれ May 11, 2011 14:52
ウニャニュ星人さん
やっぱりコイツの実力を知ってる人はナニゲに多いんですねー。
でも【不細工な外見で使う人が少ないことは喜ばしい】って文章は、釣り人のリアルなキモチとしてむしろ爽快ですね。
…と、リアル過ぎるのんだくれの自己弁護をしてみる。(汗)