プロップランナーJr. Prop Runner Jr. / バスターベイトカンパニー Buster Bait Co.

 

ジャパンメイドのルアーをアメリカンブランドがパクるってのはもう珍しくも何ともなくなりました。

正確にはアメリカのメーカーがパクるというよりも、日本のルアーをパクった中国の会社が、こんなんありまっせー!とアメリカのブランドに売り込みを掛けて… という展開がほとんどなので、ブランドが違ってもルアーは同じなんて事が時々見受けられます。

言うなればパクリのシェアですね。

中にはパクリだという事すら知らずに販売しているブランドもあるぐらいです。

しかし近年ちょっと違った流れも生まれてきています。

その筆頭がこのプロップランナー。 バスターベイトカンパニーの出世作?です。

 



 

 

この顔を見てピンと来た人もいるでしょう。

そうです。

コレ、デプスのバズジェットにクリソツなんですよね。

詰めの甘いモールドやショボい塗りはいかにもパチなんですが、実はコイツはコイツで妙なオリジナリティを主張してくれてますよね。

 

 

実はコイツはバズジェットのコピーなのかと思いきや、丸々パクるのではなくリップを取っ払ってスイッシャーにモディファイされてるんです。

オリジナルのバズジェットを使った事がある人は誰もが『コイツのリップを取ったらどんなルアーになるんだろ』という考えが脳裏をよぎったと思うんですが、そんな超ベタなことをアッパレにも販売目的でやっちゃってるんです。

見るだけで思わず笑っちゃうルアーがあるとしたら、間違いなくコイツがその筆頭に上がるでしょう。

 

 

なんてったってこの造形ですよ。

もう笑うしかありません。

口周りやエラ、スケールの彫り込みなど、オリジナルのバズジェットとは遠くかけ離れてるんですが、この作者がバズジェットにインスパイアされた(そんなカッチョいいもんじゃないか笑)のは火を見るより明らか。

ホントはここでオリジナルと並べて比較しようと思ったんですが、それはあまりにもベタ過ぎるので、今回は皆さんの脳内にあるバズジェットと妄想の中で比較してくださいな。

多分コレの設計者… というか作者は、オリジナルのバズジェットですんげーイイ思いをしたんでしょうね。

そのあまりにも強いインパクトが、彼の思考回路を占拠しちゃったんでしょう。

この造形でスイッシャーを作るっきゃない、と🤣

 



 

 

そんな彼のブラインドぶりが分かるポイントが、コイツのそこかしこに見られます。

まずはこのセンターがオフセットされたペラ。

オリジナルに忠実です。 見事なまでに。

本家はステンレスプロップを採用しているのに対し、こちらはアルミ素材なのでサウンドは少々異質ですが、もしかしたらアルミじゃなきゃいけない何かがあるのかもしれません。

あ、ここではアルミペラの方が安いからだろ? というツッコミはしてはいけない事になってるのでご了承下さい。

 

 

造形もショボいなりにオリジナルに近づけようとしてる努力が見られます。

もし手元にバズジェットがあったとしてもそれを見ずにドコがどう違うのかを見つけるのもこのルアーの楽しみの一つです。

オリジナルモデルは白目のないアイを採用してるので、これはこれで新鮮かも…  というのはあまりにもムリがありますね。

 

 

しかし、忠実なトコばかりじゃありません。

それがこの両サイドに突き出したスタビライザーちっくなフィン。

実はコイツには6インチもの巨体を持った兄ィがいるんですが、そっちにはこのフィンがついてないところを見ると、リップを取っただけでは回転しちゃうんでしょうね。

作者の意図するところが分かりやすいパーツでもあります。

逆に本家バズジェットにコバジンみたく、このフィンを付けたらどーなるんだろ?とか思っちゃったそこのアナタ。かなりヤヴァいトコまで来ちゃってますよー。

 



 


 

流行りのカラーを着させてみたり、ハラのあたりのライン処理を見ると、単なるパチではなく、それなりにガンバってる感が伝わってきますね。

ちなみにボディの中には、ラドスケールでもお馴染みのあの洗濯板ラトルも配備されてるようで、ボディを傾けるとお馴染みのジョロジョロサウンドが楽しめます。

しかし、いかにも素人がエアブラシで吹きました的な、イビツなストライクドットを見るとどこか哀愁を感じずにはいられませんね。

 


 

フックは太軸のラウンドベンドを採用。 デカバスのファイトにも徹底抗戦の構えです。

面白いのはフロントフックのリグがエイトリングではなく、ボールベアリングが入った、フレキシブルに回転するものになってること。

ソルト系の大型ベイトに採用されているスイベルハンガーは、ファイト中にフックがねじれる事によるバレを抑制するものですが、果たしてこのサイズのルアーに効果があるのかなぁと。

このルアーの発射したバスターベイトカンパニーは、昨年スピンテックフックという回転するトレブルフックを発売しましたが、このプロップランナーに採用されてるこの機能は間違いなくそのスピンテックフックの前身でしょうね。

 



 

実測32gと、重量がある割には力強く浮くので、水面ではしっかり水を押すアクションが楽しめます。

慣れてくればダイビングアクションなんかも出せるようになるので、水面技巧派向きのルアーと言えるでしょう。

6インチ兄ィと比べると首振りにクイックさが欠ける感は否めませんが、騒々しいラトル、バズジェットにも負けないペラサウンド、圧倒的な飛距離などなど、騒々しいB級水面ルアー好きにはタマらんアイテムでしょうね。

釣ったらイバれるルアーであることはマチガイないですハイ。

 



 

コメント
*2010年投稿時にいただいたコメントをそのまま転載しています

 

1. タ-坊 August 01, 2010 14:41
第一印象はカルプリットのソ-ス入れでした。
バズジェット持ってきて、よ-く見ましたそっくりですね。自分の右脳と左脳のバランスが悪いの
でそうなってしまうのでしょうか?
先日、遅ればせながらSSR GRIFTER 未使用
パッケ-ジ入りを入手しました。店の親父にこんなの入ってきたよ~~~と言われ買ってしまいました。
恐るべしCHINAなのかおそれるに足らずなのか良くわかりません。

 

2. J August 01, 2010 15:40
N.I.Bで輸入しないんですか?今ならフォルテさんが買うと思います(笑)
私は…中古屋で見つけたら買います(笑)

 

3. い~もん August 01, 2010 19:26
暑中お見舞い申し上げます m(__)m
初見、初見です
バズジェットは持ってませんが、これは欲しいです
なんか魅力的ですね

 

4. のんだくれ August 01, 2010 20:32
タ-坊さん
確かにカルプリットのヤツにも似てますねー。(笑)
グリフターは使えるヤツです。 是非酷使してイイ思いしてください。

 

5. のんだくれ August 01, 2010 20:33
Jさん
もう入れてます。
オンラインストアにアップされてますが、さすがのフォルテさんもこれは買わないでしょう。(爆)

 

6. のんだくれ August 01, 2010 20:34
いーもん
ゴメンゴメン。 また書くの忘れちゃった。
コイツはまだ使い込んで無いからプレゼント対象じゃないのよ。

 

7. とびっく August 01, 2010 22:38
5こんばんは(・∀・)ノ  某ショップで見かけてマンマあれのパクリか、本家のリップ無しじゃんって思ってました。
テール寄りにフィンがあったんですね、このフィンは気がつかなかった。細かいトコ考えて造ってんですね

 

8. フォルテ August 01, 2010 23:05
これまたタイムリーな・・・(笑)
うーーーん・・・
リップ取ったらいいところ無くなってしまうんでわ?って感じなんですが・・・
動画とかあればなあ・・・(笑)
デプスのうまいとこってあの動画なんですよね
プロップジグ、キックバッカー、その他全て
釣られた・・・(笑)

 

9. tei-g August 02, 2010 00:55
そうか、オリジナルは白目がなかったんですね。
どうりでこいつが可愛らしい顔に見えたわけだ。
こういうのパクられたメーカー側の心境はどんなもんなんですかね~。

 

10. Lagoonist28号 August 02, 2010 13:32
キャリフォーニァねたですね。
ばっちり食いついてみました(笑)
でかい方は「ほんまにこれでええんかな?」って思うぐらいデカイ、いや、太いですよね(笑)
ラバーがリアに着いてて、ペラがない?バージョンもあったような気がします。
一時期、すごく流行ってた感もあるので、釣れるルアーなんですかね??

 

11. のんだくれ August 03, 2010 09:59
とびっくさん
のんだくれが察するに、一番最初はバズジェットのリップを削っただけのモデルでは
ボディが回転しちゃったんでしょうね。
だから無理矢理付けたと。(笑)
でもこれはこれで首振りダイブ時にキールの役目も果たすので、イイ感じのグライドアクションが出ます。
まあ結果オーライってトコでしょう。(爆)

 

12. のんだくれ August 03, 2010 10:02
フォルテさん
確かにバズジェットのウリはあのリップです!
しかしそれは言ってはいけないことです!(爆)
デプスの動画はあれはヤヴァいです。
釣りを好きな人が撮って、好きな人が編集してるのが良く分かります。
それを分かってても引き込まれるんですから困ったモンです。(笑)

 

13. のんだくれ August 03, 2010 10:04
tei-gさん
状況にもよりますが、アメリカの市場で自社のコピーが出回るというのは、
ある意味認められたとう事にもなりますから、腹立つ反面、嬉しさもあるでしょうね。
・・・ってパクられた事すらないのんだくれがいうのもアレですが。(笑)

 

14. のんだくれ August 03, 2010 10:10
Lagoonist 28号さん
キャリフォーニャネタです。(笑)
あのデカいのはホントシャレになりません。
でもアレでも結構デカいの上がってるらしいですから、バスってサカナはホント分からんです。
というか、このモデルは元々あのデカいのがオリジナルサイズですから、
ホントはあっちを使ってからじゃないとエラそうなことは言えないんですけどね(汗)
あ、ペンシルベイト版を使った事がある人がいってましたが、
『 別にわざわざコレをドッグウォークさせなくてもええんちゃう? 』 だそうです。(笑)

 

15. かんちゃん August 03, 2010 21:05
ゲッ!もう無くなってますがな

 

16. のんだくれ August 03, 2010 23:08
かんちゃん
結構な数を入れたんですが、速攻で無くなっちゃいました。 スンマセン。
でもそのうち第2弾が入りますんで、入ったら連絡しまーす。

 

17. うめ August 05, 2010 20:52
→フ
お前は甘いな・・・
バズジェットリップレスチューンは存在するぞ
奥村も紹介しとった
あ、のんだくれさん、お久しぶりです(笑)

 

18. のんだくれ August 06, 2010 10:05
あらら、うめさんお久しぶり。(笑)
本家も認めたリップレスチューンがあるとは知らんかった。
ちょっとググってみますわ。

 

19. たいれる August 06, 2010 20:48
ほ、欲しい…再入荷待っています。
>バズジェットリップレスチューンは存在するぞ
>奥村も紹介しとった
うめさん、奥村ではなくセンドウアキラですね。
当時(今も?)バズジェットは高くてリップを取る勇気が有りませんでしたが、これなら最初からリップが無いですもね~

 

20. のんだくれ August 09, 2010 11:47
たいれるさん
サイト読みました。
やっぱりみんな考える事は同じなんですねー。
思わず笑っちゃいました。
でもこの手のチューンは失敗⇒殉職の可能性も高い分、成功した時の
あの満足感は何とも言えませんからねー、ヤメられないっす。(笑)
ふと我に返って、殉職したルアーの総額なんかを計算するとめまいがしますが。(号泣)

 

21. 焼酎亭青汁 April 02, 2017 10:06
これは釣れますよ!