レイザーミノー / ビルノーマン

 

いくらアメルア好きののんだくれでも全てのアメルアを網羅するなんてのは不可能な話でして、当然そこには取捨選択というものが介在します。

で、ミーハーなのんだくれとしてはやっぱり話題の… とか、今年の新製品… というキーワードに釣られちゃうワケですよ。

その結果、意図するしないに関わらずスルーされてしまうルアーが少なからず出てくるわけですが、そんなスルー対象の中にこそシビれるルアーが潜んでたりするもんです。

今日のゲスト、レイザーミノーもまさにそんなしびれフグな シビれる実力の持ち主です。

 

 

コイツの存在自体は結構前から知ってたんですが、そのいかにもなショボいルックスゆえ、完全スルーしてました。

ところがこの間、バスショップナイルに遊びに行った時に店長が『このルアー、スゴいよ』と悪魔の囁きをしてくれるもんだから、思わずバイトしてしまいました。

で、実際に投げてみたところ……  これがホントにスゴかったんです。

イヤ、この動きはマジでヤヴァいです。

 

 

このルアーを一言で表すならば、超暴れ系バタバタジャークベイト。

それほど大きくロッドをアオらなくても機敏かつ激しくダートしてくれます。

しかもそのダートは横方向の動きに上下動も加わった見事な3Dアクション。

ウッディやバズ・ライトイヤーなんてメじゃない暴れっぷりです。

正直これには面喰らいました。 うわ、何コレ! って感じ。

しかも驚いたのはその動きだけじゃないんです。

既にノーマンルアーズにはその名もJBなるジャークベイトが存在してるので、アクションもその延長だろーとタカをくくってましたが、動きの性質はノーマンはおろか従来のジャークベイトとも明らかに違います。

その違いとは水押しのパワー。

サブサーフェスでジャークするとダートするだけでなく、ボディが発する強力なボルテックスで水面モワモワ大会が始まっちゃうほど。

フラットサイドボディのクランクベイトを水面近くでトゥイッチすると水面にモワモワが出来ますが、コイツの場合はミノーならではの大きな表面積で水を押す分、そのモワモワの発生量がスゴいんです。

フラットペッパーやフラットAをトゥイッチして誘う釣りが好きなのんだくれにはまさにどストライクな逸品です。

こんなショボいルックスのルアーの真の実力を見抜いて、大量に仕入れてるナイルの店長って一体…   ゴクリ。

のんだくれもまだまだ修行が足りません。

 

 

その水押しパワーの源はこの絶壁ボディ。

ボディ高に対する扁平率40%というペラペラボディがアクションの度に足ヒレの如く水を押し、バスの側線を刺激します。

過去にもフラットサイド風味のミノーはいくつかありましたが、味付けのメインは平面ボディによるフラッシングなのでこのレイザーミノーほどパワフルに水を押してくれませんでした。

その点コイツはこれだけの絶壁なのにも関わらず、フラッシング効果には目もくれず(?)水押し一筋80年。 パワーが違います。

コイツのカラーバリエにはフラットサイドルアーのお約束とも言えるクローム系のカラーがラインナップされていない事からも、水押しをメインに据えてる姿勢が見え隠れしててニヤリとさせられます。   …とゆーのはのんだくれの勝手な思い込みですかね。

 

 

ボディ内部は4つの部屋に仕切られており、一番の大部屋には脇役たちがひしめき合ってます。

このラトルはアメルアに良くあるような穴の空いたビーズっぽいヤツではなく、ショットガンの中に入ってそうなソリッドボールなので、内壁への当たりも心なしか強いような気がします。

とはいえ、そのサウンドは良くも悪くもアメルア独特のチープ感あふれるシャラシャラ音。

これは好き嫌いがはっきり分かれるトコでしょうね。

のんだくれ的には焼酎の肴レベルの大好物ですが。

 

 

二等船室となる前方船底にはバランス取りのウェイトが3個詰め込まれてます。

大部屋のラトルと比べるとサイズがひと回り大きくなってるので、ちゃんとバランスが考えられてるんでしょうね… と言いたいところですが、なんと後ろの2個は船室の右側で見事に固着してます🤣

さっすがアメルア。

固着だのバランスだの細かい事は気にしてません。

ノーマン的にはウェイトさえ入ってればオーケーなんでしょう。

まぁこーゆートコを見る度にいちいち血流が股間めがけてラッシュしてしまうのんだくれもどーかと思いますが。

 

 

その辺のワイドウォブルのシャロークランクなんか蹴散らしかねない存在感のリップもコイツの特徴です。

これがあるからあの強い水押しが実現できるんですね。

しかし笑っちゃうのはパーティングラインが思いっきりズレズレなトコロ!

ウェイトに偏りがある上にこんなズレたリップなので、さぞやトゥルーチューンが大変かと思いきや、意外にもアイチューン要らずの優等生。

こんな意外性があるからアメルアはタマらんのです。  ああ…またも血が… 血がぁ…

 


 

フックは最近のアメリカンルアーに多いブラックニッケルフィニッシュ。

フック同士の間隔も十分なので干渉しあう事はありません。

フックサイズの割にアンバランスなスプリットリングはビルノーマン時代からのお約束なので突っ込まないのがオトナってもんです。

ちなみに吊るしの状態で浮力はスローライザーに設定されてますので、スナップやリングを追加することでルアーの姿勢やサスペンドやスローシンキングなどなどお好みに調整可能。

ケツ下げの状態にして水面をついばむ小魚を演じるもよし、頭下げ姿勢にして潜りたくても潜れない瀕死のベイトフィッシュを演じるもよし、アメルアならではの幅広い楽しみ方ができます。

 

 

のんだくれ的に一番のオキニの動かし方は、一旦潜らせてフワーッと浮きあがる途中、まさに水面に到達せんという瞬間にチョンとトゥイッチを入れるアクションです。

こうするとスプラッシュを出さずに水面に大きなモワモワだけ残して、ヒラ打ち&ダイブしてくれます。

スレたフィールドではスプラッシュ自体がアピールを通り越してバスをスプークさせる要因にもなりかねないので、水押しのアピールだけで注目させるこの方法は十分にアリなのではないかと。

そういう意味では自称水面オンリー派の インチキ技 隠し技としても使えますよね。

 

 

コメント
*投稿時にいただいたコメントをそのまま転載しています

 

1. なっかん December 23, 2010 22:18
今年ナイルの店長に聞いて買ったです。
おいらの奴もラトルが固着してますわ~。
あまり使用に影響ないので気にしてませんが・・・
ちなみに、おいらはルックスにやられちゃいました

 

2. い~もん December 24, 2010 12:45
まいどです
↓相方と共に購入(笑)
いかんせん まだ未使用
来年 しっかり使います
最近はトップダラー等 えぇルアーを出してきますね

 

3. のんだくれ December 24, 2010 23:56
なっかん
ラトルの固着程度では動きに影響が出ないのもアメルアのイイところ。
このルックスにヤラれるってのはもう真性の…

 

4. のんだくれ December 24, 2010 23:58
いーもん
ノーマンは最近出たフラットブロークってのがまたイイ感じよ。

 

5. tei-g December 25, 2010 00:58
ルックスがリック印の注入ミノーをフラットにしたような印象を受けました。
フラットブロークもあのスリット?ジョイント?の肝が気になって仕方ないので、是非取り上げてください!

 

6. のんだくれ December 25, 2010 02:20
tei-gさん
そうそう、リップンリックのもっと暴れるバージョンですね。
そうやって書けば分かりやすかったなー。(笑)
フラットブロークはのんだくれも最近知ったんですが、来シーズンのスタメンになりそうなクランクですよ。
アップまでしばしのお待ちを。