スピンスカウト Spin Scout / ストライクキング Strike King

スピンスカウト ストライクキング オールド

 

この時期になるとヒジョーに気になるルアーの一つにスイッシャーがあります。

 

アフターから回復してるんだけど、まだ果敢にベイトを追うほどではないバスを怒らせて釣るには最高のルアーですよね。

 

ということで今日の千一夜は珍しく季節に合わせたテイストで言ってみましょう。

 

御大ストライクキングが放ったダブルプロップの名作、スピンスカウトでございます。

 



 

スピンスカウト ストライクキング

 

のんだくれの勝手なイメージだけかもしれませんが、日本人って、ルアーフィッシングにも季節感を積極的に取り込んでますよね。

 

たとえば秋はクランキング! 冬はメタルバイブ! 春はジャークベイトだ! などなど。

 

まあその概念だけが先走り過ぎている部分はあるにせよ、この釣りの楽しみであることだけは間違いないですね。

 

ルアーだけで季節感が楽しめちゃうというか、ヘタしたら俳句の季語にもなっちゃいそうですもん。

 

― 静けさや 岩に染みいる ペラの音 ―  的な。

 

スピンスカウト ストライクキング オールド

 

…静かになってしまったので話を元に戻しましょう。

 

このプロップスカウトはストライクキングが80年代中頃まで生産していたウッド製のダブルプロップベイトです。

 

製造時期によりボディシェイプなどが違いますが、どの世代のものでも下品なプロップサウンドは健在で、ハズレが少ないルアーです。

 

一時期ダイワがディストリビューターをしていた事もあるのでご存じの方も多いですよね。

 

さすがに今ではなかなか見つけられないルアーの筆頭になってしまいましたが、もし手に入るならば、ぜひともこの時期に投入していただきたいルアーなんです。

 

その理由は何と言ってもこの寸詰まりボディによる移動距離の少なさ。

 

持ち前の首振り性能&ペラ抵抗も手伝って、ピンポイントに留まってイジイジグズグズとウザいイントゥルーダーを演じるのにピッタリ。

 

産卵の疲労から回復しきってないヤツでも思わずパクッ! とやっちゃうサイズもヤバイです。

 

さらに、低く重く垂れ込めた雲からシトシトと小雨が降り注ぐような舞台が揃ったら、思わず一句詠みたくなっちゃいますよね。

 

― 五月雨さみだれ の 水面みなも に浮きし…       え? もう要らんって?

 

スピンスカウト ストライクキング オールド
スピンスカウト ストライクキング

 

ペラは前後ともステンレス打ち抜きの直ペラを採用してます。

 

吊るしの状態ではほぼ平板なので、使う時はそれなりに調整しないと回りません。

 

あえてペラを回転させずにバブルを水中に引き込むだけで使う猛者もいるようなんですが、せっかく名前にも“プロップ”と入ってるんだから、ちゃんと回してあげるのがお作法ってもんです。

 

ペラが奏でるサウンドは、ブビョビョビョ!という下品極まりない音。

 

でもこれが水中に重く響き渡るので、魚を寄せる音とでも言いましょうか良く効くんですよね。

 

ズイールのシングルスイッシャー、プランクのプロップサウンドにちょっと似てますね。

 

音量はプランクの方が大きいですけど。

 

スピンスカウト ストライクキング オールド

 

フロントのリグはサーフェスを採用。

 

シルバークロームのボディにシルバーのリグってなんかターミネーターちっくでかっちょいーですよね。

 

しかーし! ストライクキングのクロームフィニッシュはワームバーン等に対して究極に弱いので、保管には細心の注意が必要。

 

びっくりするほどの短時間でもヤラれるので、釣行中に無造作にスピナーベイトをボックスに放り込んだりしてると、トレーラーに食われる事もあるので要注意です。

 

おそらくそれが程度の良いタマがなかなか出てこないなのではないかと。

 

スピンスカウト ストライクキング オールド
スピンスカウト ストライクキング

 

人気の点から言ったら、圧倒的に兄貴のプロップスカウトに軍配が上がるけれど、釣れ具合ではコイツの圧勝。

今、市場ではファットで小さめのウッド製ダブルスイッシャーがほとんど出回ってない事を考えると、もしかして先に使っちゃったモン勝ちって事ですか?😁

 



 

コメント

 

1. セラフ May 26, 2009 16:23
クロームフィニッシュはホンマに弱いですよねぇ。
うちのウォータースカウトは自分のスカートで逝ってしまってます…(爆)。
でも、微妙に木目が浮いてる感じが味がありますわ~。
アラフォーになってから表れてきた爪の筋みたいな雰囲気で……。

 

2. あんこく May 26, 2009 17:42
あ~;; 私の秘密兵器が白日の下に…(汗
こいつのプロップ音は本当に下品で、ええ感じですね~。
びゅるじゅび~(笑

 

3. コカスキ May 26, 2009 19:02
スペンススカウトは、まだ現役ですね。
カタログにのってますね。
そんなにいい音色なんですか。
ここのメーカーはあまり使ってないです。
ウッドの比重が引くとちょうどいい慣性で動くのでしょうね。

 

4. のんだくれ May 26, 2009 19:22
セラフさん
アラフォーの爪ってリアル過ぎ!(爆)
のんだくれのウォータースカウトもヤラれましたよ。

 

5. のんだくれ May 26, 2009 19:24
あんこくさん
秘密兵器はいずれ暴かれるものですから・・・ (笑)

 

7. のんだくれ May 26, 2009 19:38
コカスキさん
まさにそのとおり。
多分プラで同じ形状のものを作ってもイメージは違っちゃうでしょうね。
しかしコカスキさんがストライクキングをあまり持ってないとは意外ですね。
でもワイヤー系はたっぷり持ってるでしょ?(笑)

 

8. とびっく May 26, 2009 22:27
こんばんは(・∀・)ノ イイっすねぇコレ!
秘密兵器と言うほどの釣れ釣れルアーなんすか?ってここで記事になったらもう秘密じゃないですよ(笑)

 

9. もぐら May 26, 2009 23:54
やはり水車付きには魅力というか、魔力がありますね。
その魔力に人もバスも弱い訳ですが(笑)

 

10. くま May 27, 2009 08:12
ストライクキングの塗りはギルモアに通じるところがありますよね。
ただ、造形の捻りは、こっちが上かな?リップ+ハンガー&キールとか、アイ部分の加工とかね。
別な話になってしまいますが、駄目になったラバースカートの換えは、Z社のチマ・フロッグ用がお勧めです。
フラットラバーで耐久性も高くお勧めです。

 

11. のんだくれ May 27, 2009 13:19
とびっくさん
コレは使えますよ。
似たようなのにスミスウィックのバックンボウルJr.がありますが、どちらもヒミツヘイキです。(笑)

 

12. のんだくれ May 27, 2009 13:21
もぐらさん
魔力!  上手いこと言いますねー。(笑)
確かに魔力だ。 間違いない。
その魔力のせいでどれほど散在した事か…  (涙)

 

13. のんだくれ May 27, 2009 13:23
くまさん、おひさです。
確かにギルモアに似たトコありますね。
フラットラバースカートってアメリカではフツーに流通してるのに
日本ではプチ入手困難ですよね。
なんでだろ? みんな使わないんですかね?