バグリーズベイトカンパニー Bagley's Bait co.

クランクベイト

フラットバルサB2 Flat Balsa B2 FBB2 / バグリー Bagley

人は先入観で動く動物です。 アレってなんかヤだなとか、あの人ってなんか感じ悪そうと思うとその印象に支配されてしまうというしょーもない性質を持っています。 しかし実際には自分の先入観とは全く違ったりして、なーんだと思わされることも。 ...
ショートビル

スピナーテールバングオー Spinner Tail Bang-O-Lure / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

アラフィフアングラーの心を鷲掴みにしたスピナーテールバングオー 思い出の曲が世代ごとに違うのと同じで、ルアーの思い入れにも世代による違いがあります。 同世代アングラーと話すと必ず出てくる  "アレめちゃくちゃ釣れたよ...
トップウォーター

トールウォーカー Tall Walker #4 / バグリー Bagley’s Bait Co.

クランクベイトとミノーのイメージが強いバグリーですが、実はトップウォーターも得意とするところ。 バルサ使いの名手として長年君臨していただけあって自然素材の特性を知り尽くしているバグリーならではのスキルが生きています。 ...
クランクベイト

ダイビンバルサB3 Diving Balsa B-III / バグリー Bagley’s Bait Co.

実戦投入する機会はもうなくなったけれど、時々無性に投げたくなるルアーってありますよね。 それらはかつて数多のバスをキャッチした歴戦の勇士たちで、投げれば当時のおいしい思い出が反芻できる手軽なタイムマシンといったところで...
クランクベイト

ダイビングバルサB3 Diving Balsa B3 / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

水温も落ちてくるこの時期になると、思わず遠い目になってしまう事があります。 それはビワコが爆発的にバスを生み出していた80年代中頃のオハナシ。 当時、琵琶湖では何を投げてもバコバコに釣れるという狂...
ウェイクベイト

バルサウェイク1 Balsa Wake 1 / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

こんなブログを書いててアレなんですが、のんだくれは使ったことのないルアーに関するインプレ的な記事やサイトを見ないことにしています。 例えそれがメーカーのサイトであっても、実際に自分で投げてからでないと見ません。...
シングルプロップ

マイティミノースピナー Mighty Minnow Spinner SPM2 / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

爆発的に釣れるルアーのことを反則ルアーとかエサなどと呼んだりしますが、時代の流れとともに反則ルアーも移り変わっています。 今日のゲスト、バグリーのマイティミノースピナーはかつてのんだくれの周りで反則扱いとなって...
ショートビル

ミノーB Minnow B MB05 / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

”あのルアーってどうなの?” 仕事柄、最もよく聞かれる質問です。 ルアーの良し悪しは本人の好みに左右される部分が大きいので、基本的に何を聞かれても ”いいんじゃない?”と返してますがw、中には全力...
ショートビル

バングオールアー#5 Bang-O-Lure #5 / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

バグリーのバングオーとラパラのオリジナルフローティング。 「似て非なるもの」という言葉がこれほど当てはまるルアーは他にはないでしょう。 という事で今日のゲストは、バグリーヒストリーを語る上で絶対に...
ジャークベイト

ダイビングバングオールアー Diving Bang-O Lure / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co

日本でジャークベイトというと、どうしてもログやロングAに代表されるショートビルのミノーを思い浮かべますか、その先入観だけで凝り固まっちゃうと、もったいないことしますぜダンナ、というのが今日のオハナシ。 カテゴリー分けの好きな...
クランクベイト

スモールフライクラッピー Smallfly Crappie / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

バグリーってホントに卑怯な会社ですよね。 会社としての歴史、ルアーのバリエーション、数々の実績、そのクラフトマンシップ…  伝統とか職人という単語にめっぽう弱い我々ニポーン人の急所を最初からスナイプしているかのような立...
ジャークベイト

ジャンピングマレット Jumping Mullet / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

海外から届いた荷物を解いたら懐かしいモノが出てきたのでご紹介。 今日のゲストはバグリーが塩水用に開発したトゥイッチングベイト、ジャンピングマレットでございます。 (adsbygoog...
タイトルとURLをコピーしました