RPMクランク Mid-4 RPM Crank Mid-4 / ダイワ Daiwa

  豹は死して皮を留め、人は死して名を残す   これは有名な漢詩の一文ですが、幸か不幸かルアーにも当てはまります。   その代表格とも言えるのが、かつてダイワが発売していたRPMクランク M

続きを読む

クランク-R D24 Crank-R D24 / レーベル Rebel Lures

  海外のルアーブランドの新製品を見ていると、あまりのショボさに “なんで今さらこんなもんを…” とアゴが落ちそうになることがあります。   時には、”あーこのブラ

続きを読む

テンクウジャークベイト Tenkuu Jerkbait / ゲーリーヤマモト Gary Yamamoto Custom Baits

    あまり期待してなかったルアーを泳がせてみたら、意外にも自分の好みだったなんて経験誰にもありますよね。   元々のハードルが低かったゆえの意外性効果もありますが、初対面でいきなりフォー

続きを読む

グラスバーナー Grass Burner / エボリューションベイツ Evolution Baits

  仕事柄、海外のメーカーやビルダーから売り込みを受けることがよくあります。   俺んとこのルアーを日本で売ってくれよ、というアレです。   最初にメールでお伺いを立ててくる事もあれば、いき

続きを読む

アラゴンDR Aragon DR / ジャッカル Jackall

  まだ海外のルアーが高嶺の花だった頃、まずは国産のパチモンから手にするのが当時の少年アングラーのお約束でした。   そしてそれらの粗悪さに地団駄を踏み、いつかはクラウンならぬいつかはへドン、いつかは

続きを読む

アラシサイレントスクエア#3 Arashi Silent Square #3 / ストーム Storm Lures

  せっかく買ったのに使わないまま放置しておいて、ずいぶん経ってから使ってその良さに気付くってルアー、誰にもありますよね。   のんだくれの場合はコレ、ラパラストームのサイレントスクエア。 &nbsp

続きを読む

クラッシュフラット75X Crush Flat 75X / シックスセンスルアーズ 6th Sense Lures

釣れるカラーと売れるカラーは違う   【 釣れるカラーと売れるカラーは違う 】   ルアー開発者やショップスタッフにとって、これほど身に沁みるワードはありません。   だって、アングラーのた

続きを読む

アラシ カバーポップ 08 Arashi Cover Pop 08 / ストーム Storm

  インターネット通信環境、ならびに動画が気軽に見られるSNSの発達はルアーの開発にも大きな影響を与えました。   それは、より詳しいルアーの使い方、動かし方が動画で伝えられるようになったからです。

続きを読む

HU-70L / ハイドアップ Hideup

  近年盛り上がっているマグナムクランクベイト。   マグナムクランクベイトの土壌は元々あったものの、スキートリースのSKTマグナムの登場で一気にメジャーになりました。   やはりあの質量な

続きを読む

グッピー Guppy / ミブロ Mibro

  ズバリ結論から言いましょう。   このグッピーはスゲーです。 持ってないと損するヤツです。   古今東西、クランキンミノーという肩書きを持つルアーは幾多あれど、ミブロが放ったこのグッピー

続きを読む

ベイトボナンザTWP Bait Bonanza TWP / コットンコーデル Cotton Cordell

  最近あんまり聞かなくなりましたが、マシンガンポッピングというメソッドがあります。   連続した手首のスナップでスプラッシュを吐かせる、まさにマシンガンで連射するようなポッパーテクニックのひとつで、

続きを読む