1980年代

ストライクキング Strikeking

ストライクキングがダイヤモンドパターンに社運をかけていた頃の自信作 ダイヤモンドシャッド Diamond Shad / ストライクキング Strike King

ひとつのルアーの後ろには、膨大な情報が必ず隠されています。 ほとんどのメーカー/ブランドはそういったバックグラウンドを外にアピールしないので、こちらから探しに行かない限り目にすることはありませんが、中には商品展開を時系列で見て...
クランクベイト

ただのB級ルアーだと思ったら大間違い!めっちゃ釣れるシャッドクランク シャッドマン Shad Mann / マンズベイトカンパニー Mann’s Bait Co.

”ナチュラルプロファイル” というカテゴリーのルアーがあります。 ベイトフィッシュのディテールをそのままプリントしたナチュラルカラーと並んでベイトフィッシュの形をそのまま造形したルアーのことで、スピードトラップのデザイナーとし...
クランクベイト

デビューして30年以上経っても未だ実釣派、コレクション派の両方を狂わせている魔性のクランク ベビーワンマイナス Baby 1 Minus / マンズ Mann’s Bait Co.

スーパーシャロークランクの歴史はワンマイナスから始まった スーパーシャロークランクを語る上で絶対に外せないのがマンズのワンマイナスシリーズであることは、バスアングラーの皆さんならもうご存知ですよね。 潜行深度が1フィ...
クランクベイト

バグプラグのパチモンだと思ってたら大間違い! ベィビィバグ Baby Bug MY104 / コーモラン Cormoran Products

ルアーと呼べるものが誕生してから100年以上が経ち、人間の創造力と共に絶え間なく進化してきました。 ある会社が新商品を出せば、他社はそれを上回らんとコピーしつつも新しいアイデアを載せ、それを綿々と続けてきたことで今日のルアーに至ります...
クランクベイト

名品という言葉だけでは語れない日本バスルアー史に名を刻んだ傑作 バスハンター6 Bass Hunter 6 / ダイワ Daiwa

誰にでも思い出のルアーがあります。 デカい魚を釣った、初めてのダブルキャッチだった、根掛かり外したら飛んできて顔にヒットした…などなど、思い出となった要素は人それぞれですが、のんだくれの場合はコレ、ダイワのバスハンター。 ...
クランクベイト

世界で初めてシステム方式を導入したクランクベイトの金字塔 キラーBⅡ Kill’r BⅡ KB2 / バグリーズベイトカンパニー Bagley’s Bait Co.

バスフィッシングの概念が登場して既に140年が経とうとしていますが、その過程で無数のルアーが生まれては消えていったのはみなさんご存知の通り。 しかしそんな弱肉強食の世界でも、ヘドンのザラなどスタイルを変えながらも長く生きながらえている...
ウェイクベイト

スーパーシャロークランクの開祖にして未だオンリーワンの実力者 ワンマイナス 1 Minus / マンズベイトカンパニー Mann’s Bait Co.

どのルアーカテゴリーにも言えることですが、最初に原型となるモデルを発売してその実力が広まると、そのルアーはカテゴリーの開祖として長きに渡って語り継がれることになります。 ペンシルベイトの開祖はザラゴッサだったり、ブレーデッドス...
ショートビル

ダメおやじなんて呼ばせない!見た目の可愛さを裏切るリーサルウェポン エンジェルアイ Angel Eye / ラブルルーザールアーズ Rabble Rouser Lures

『のんだくれさんってラブルルーザーのルアーが嫌いなんですか?』というメールを頂きました。 どうもこれだけのルアーをアップしてるのにラブルが一向に出てこないのでそう思われたようなんですが、決してそんな事はありませんよ。 ...
クランクベイト

バグリーの絶頂期から終焉までを見届けたタイニーファットクランクの逸品 ダイビンファットキャット Divin’ Fat Cat DFC2R / バグリー Bagley’s Bait Co.

星の数ほどあるルアーの中には、コレクターと実釣派の両方から追っかけられているルアーが多数存在しています。 へドンのタイニートーピードや旧ストームのウィグルワートなどがその代表的存在として知られていますが、それらはレアカラーになると数千...
タイトルとURLをコピーしました