ボーマーポッパー Bomber Popper / ボーマー Bomber

    大きく口を開けたトップウォータープラグを突き詰めていくと最終的にはポッパー系かダーター系という具合に、その動きによって大きく2つに分かれてしまいます。   それ自体は全然悪い事じゃな

続きを読む

バルサミノーシンカー Balsa Minnow Sinker / ダイワ Daiwa

  70年代から80年代初めにかけてのバスフィッシング黎明期、日本のメーカーの海外ルアーに対する執着心と言ったらそれはそれはタイヘンなものでした。   当時、輸出用のパチモンを生産する土壌があったとは

続きを読む

フレクトライトミノー Flect-light Minnow / オリムピック Olympic

  相変わらず国産オールドルアーの人気は高いですね。   一時期ほどの高騰ぶりは収まったものの、それでもまだ人気ルアーはびっくりするような値が付いている事もありますね。   良さが認められる

続きを読む

ブラッシュポッパー Brush Popper / ヘドン Heddon

  これのどこがポッパーなんだよ! というお約束のツッコミをかわしつつ登場したのはヘドンが誇るとんがり虫… もとい、ブラッシュポッパーでございます。   皆さんご存知、B級中のB級ルアーですね。 &n

続きを読む

ザ “プレッツ” The “Prez” / コーデルタックル Cordell Tackle

  B級ルアーは数あれど、この時代にここまで突き抜けたルアーも珍しいでしょ!と名高い?というコットンコーデルのザ・プレッツ。   あのコーモランもしっかり飛び付いた事からもお分かりのように、未だにキン

続きを読む

ナチュラルスクーパー Natural Scooper / ビルノーマン Bill Norman

  クロスハッチパターンでレーベルと火花を散らしていたビルノーマンはナチュラルプリントでもレーベルに宣戦布告しました。   それもレーベルのスーパーRのライバルとされていたスクーパーにナチュラルカラー

続きを読む

ハーフバックミノー Half Back Minnow / ビルノーマン Bill Norman

  この間ディープランナーバージョンをアップしたので、今日はそのシャロー版。   ビルノーマンのウェイク… じゃなくてハーフバックでございます。   マンズのワンマイナスが発売されるずーっと

続きを読む

シャローミノー Shall-A-Minner / ゼブコ Zebco Fishing Lures

  古今東西、ルアーメーカーは《ルアー=ベイトフィッシュ》という公式に近づけようと試行錯誤を繰り返してきたわけですが、あまりにも頑張り過ぎてイターいルックスになっちゃってるヤツもチラホラ。   今日は

続きを読む

ビッグエンジェルアイ Big Angel Eye / ラブルルーザー Rabble Rouser Lures

  トップウォーターの釣りをやってると、バスというサカナがいかに面白い行動をするのかという事がよーくわかります。   その最たるものが、ルアーのサイズをちょっと変えるだけで入れ食いになったり、逆に沈黙

続きを読む

ディープビッグO Deep Big O / コットンコーデル Cotton Cordell

  唐突ですが、日本ではダイビングリップを持ったクランクって人気が無いと思いません?   オカッパリ人口の方が多いとは言え、それでもシャロークランクの方が注目され過ぎてるような気がして仕方ないんですけ

続きを読む

ダイビンバンゴーB Diving Bang-O B / バグリー Bagley’s Bait Co.

  かつて、ビッグベイトなるカテゴリーが登場するはるか以前に琵琶湖で名を馳せた、名実共にビッグなベイトがありました。   バグリーが誇る伝説の巨大ベイト、このダイビンバンゴーB、8インチがまさにそれで

続きを読む