1950年代

へドン Heddon

彼女に釣らせたいならソフトベイトよりもコレ! タイニートーピード Tiny Torpedo X0360 / へドン Heddon

人は過去の経験や知識を元に判断する動物です。 よって、ミスや遠回りを回避するには経験値が高ければ高いほどイイのですが、経験があるからこそ新しい領域をスルーしてしまう事も。 今日のゲストはのんだくれにそんな教訓を授けてくれ...
へドン Heddon

コレで釣ったことがない人は捕食音なんか忘れてとにかく巻くべし! ベビーラッキー13 Baby Lucky 13 #2400 / ヘドン Heddon

星の数ほどあるルアーの中には、”一体どうやって使えばいいのか分からない” というモノもチラホラ。 その代表がダーターと呼ばれる類いのルアーでしょう。 捕食音を出すルアーだというのは理解できるが、それをどう動かせばいいのかが分から...
エディポープ Eddie Pope's

ウィグルワートの元ネタ?ワンフッカーならではの暴れっぷりが楽しいトラウト向けクランク  ホットショット#35 Hot Shot #35 / ルーハージェンセン Luhr Jensen

日本人はカテゴリー分けが大好きです。 なんでもきっちり仕分けして線引きしたがる性格は、島国ならではの国民性と言ってもいいでしょう。 その傾向はルアーの世界にもしっかり現れており、このルアーは何用でそれは何用と言った具合に...
ジャークベイト

ジャーク Jerk / フルーガー Pflueger

いくつも記事を書いてると、正直どのルアーをピックアップしたのか分からなくなっちゃうんですが、今日のお題は今まで絶対に記事にしてない!と言い切れるブランド、フルーガーからその名もジャークさんに来て頂きました。 ...
クランクベイト

フラダンサー Hula Dancer / フレッドアーボガスト Fred Arbogast

ルアーのコレクションを進めていくと必ず出てくるのが、同じブランドの似たようなテイストのルアーまで手を広げるのかどうかという悩み。 『そっちに手を出すと今以上イバラの道だけど、スゲー気になる… ウウウ…』という苦...
ダブルプロップ

タダ巻きだけでこれほどまでにバスを寄せるトップウォーターがあっただろうか  5M / ミロルアー MirrOlure

本国ではその歴史と共に安定した人気があるんだけれど、日本じゃ今一つあか抜けないルアーってありますよね。 今回のゲスト、ミロルアーの5Mもそんなルアーの一人。 使う側にとって、これほどおいしいルアーは他にはないんですけど。...
タイトルとURLをコピーしました