ラーヴァ Larva / サベージギア Savage Gear

虫ルアー トラウト おすすめ バス釣り

マッチ・ザ・ベイトという言葉がある通り、魚が捕食しているベイトに似たルアーを使うのはルアーフィッシングの基本です。

それは姿かたちだけでなくサイズにも言えるのは皆さんご存知の通り。

しかし実際のサイズにこだわり過ぎると、ルアーとしては小さすぎて面白味が半減してしまうのも事実。

しかしサベージギアが放ったこのラーヴァは、そんなルアヲタならではの悩みを解消してくれるルアーなのです。



虫ルアー トラウト おすすめ バス釣り

ラーヴァ/Larvaとは幼虫・幼生の事。

バスフィッシングではあまり聞かない単語ですが、 フライフィッシングをやってる方にはおなじみですね。

このルアーはカゲロウの幼生、フライで言えばニンフにあたるものをそのままルアーにしたものなんです。

虫ルアー トラウト おすすめ バス釣り

しかし、コイツが今までの水生昆虫系のルアーと大きく違うところは、ご覧のとおりジョイントボディで構成されているところ。

実際の幼虫がボディをウネウネさせて泳ぐなんてことはありませんが、コイツはいきなり伝家の宝刀を抜いちゃったた感じです。

ウネウネ泳ぎが好きなのんだくれは、もうそれだけでハァハァしてたんですが、コイツにはもっとスゲー事実が待ってました。

虫ルアー トラウト おすすめ バス釣り

スゲー事実とはこのサイズ。

通常の水生昆虫系ルアーといえば、レーベルのヘルグラマイトに代表されるごく小さいものばかりですが、このラーヴァにはサイズを本物に寄せていこうなんて気は更々ありません。

カタチさえ似てりゃ喰ってくるでしょ、と言わんばかりのフリーダムさです。

もちろん見るなり一瞬でフォーリンラブ。

ソッコーでポチりましたよ。

しかしモノが手元に届いて実際に使ってみると、フリーダムだけではない設計者の意図というか、したたかさが見えてきて唸ってしまいました。

まずこのジョイントがスゴい。

一見どこにでもあるヒンジ式のジョイントボディなんですが、各パーツの稼働角が緻密に計算されているからか、リトリーブでは小さいながらもパーツ同士がぶつかり合ってコツコツ音を発します。

クラック音を出す事自体は大きなジョインテッドルアーではそれほど珍しくありませんが、このサイズでここまで明確なサウンドを発するのはのんだくれの知る限り、ノーマンルアーズのフラットブロークぐらいのもんです。

特にのんだくれは、B級でもありめっちゃ釣れるルアーとしても名高いオリムピックのオブレゴンスペシャルが好きだっただけに、このサウンドにはヤラれました。

オブレゴンスペシャルがクラック音を発したら・・・ なんて考えるだけでパンツの中に生温かい広がりを感じずにはいられません。

虫ルアー トラウト おすすめ バス釣り

そんなジョイントボディを活き活きと泳がせてくれるのが、このリップです。

アクションは一言でいうと、ハデなウォブリング。

しかしそんなハデな泳ぎにもかかわらずファーストリトリーブへの追随性は高く、バランスが崩れやすいジョイントルアーの欠点を見事に克服しています。

これはヒンジ式のジョイントによるところが大きいのではないかと。

同じ三連ジョイントでありながら、ちょっとリトリーブスピードを上げるとたちまち泳ぎが破綻してしまったオブレゴンスペシャルとの決定的な違いです。

しかしこの顔はイイですねー。

ジェフ・ゴールドブラムの怪演が光るホラーの名作、ザ・フライが大好物ののんだくれにはタマりません。

虫ルアー トラウト おすすめ バス釣り

節足感(という言葉があるかどうかは知りませんが)がテンコ盛りの造形も高得点をマークしています。

あまりリアルになり過ぎず、抽象的に処理されているところがナイスですね。

ちなみボディの中にはグラスと金属(たぶん真鍮)のラトルボールが封じ込められており、激しいアクションでシャラシャラと良く鳴いてくれます。

フックは前後でサイズが変えられていますが、注目すべきはフロントのみボディにフィットするような変形トレブルを採用しているところ。

ノーマルのトレブルフックと比較したわけではないので効果のほどは分かりませんが、設計者はココになにかの狙いを仕込んだんでしょうね。

ところでこのフックの総称、何て言うんでしたっけ?

ネームはテール部に小さく入れられておりますが、残念ながらブランドロゴのみ。

ラーヴァというそのまんまなネーミングだけにここはちゃんとルアーの名前をプリントして欲しかったなー… という事を、サベージギアと取引してた時プロダクトマネージャーに言ったら、露骨にムッとされました笑

後で知ったんですが、このラーヴァは前任デザイナーの作品でそのマネージャーは製作に関わってないのと、前任者に並々ならぬライバル心を持ってるので、周りのスタッフ曰く”前任者の話は禁句”だ、と🤣🤣🤣

ミノーでもクランクベイトでもなく、スイムベイトでもないという不思議なポジショニングのルアーですが、実釣で使い倒せるオブレゴンスペシャルが欲しかったアングラーにとって気になるルアーであることは間違いありませんね。

欲を言えば、カタチはこのままで10センチぐらいのサイズも出してもらえるとうれしいなー



コメント

1. 水澄まし April 30, 2012 19:45
今晩は!
マッチ・ザ・ハッチと言うべきか?マッチ・ザ・ベイトと言うべきか?微妙な型と大きさですな。
フライの用語ではカゲロウの幼虫をニンフと呼ぶのに、トビケラの幼虫はラーバなんですよ。
アメリカにはデカいカワゲラが生息してる様ですから意外とマッチ・ザ・ハッチなのかも知れませんね

2. はむ April 30, 2012 22:30
こーゆーフリーダムルアーって
日本じゃほんと見られなくなりましたよね
よく釣れる基本はもう成熟されてる時代に
フリーダムを求めるのは世の常だと思うんですが
未だによく釣れるを売りにしてる昨今のジャポネルアーメーカーには疑問符が常につきまとってなりません。
昔 イマカツの藤木大先生がオリジナリティーのあるルアーはパーツが流用できずにルアー在庫ならぬパーツ在庫が出来てしまうから赤字になりやすい。
カズラはそれで失敗したといってましたが
そういうことなんでしょうね。
話それてしまいましたが、コレ 首フリが楽しそうですね
たしかに10センチあればもっと楽しそうだw

3. のんだくれ May 01, 2012 03:19
水澄ましさん
あ、そう言われてみればマッチ・ザ・ハッチじゃないですね。(^_^;)
でもニンフとラーバはそういう違いだったんですね。
フライはドライとストリーマーしか使ったことないのでそれは初めて知りました。

4. のんだくれ May 01, 2012 03:23
はむさん
パーツに関してはまさにその通りだと思います。
外国メーカーがこういう事をできるのは、一回に生産するロットが国産と比べて桁違いなのでコストが全然違いますしね。
しかし10センチあるとキモいでしょうねー(笑)

5. 岩谷薫 May 02, 2012 10:13
5 このフックは、古いものでは、フルーガーのグローブ、カウツキーのトップアイクに採用されていますね!
フックサークルが付きにくい上、2つのフックポイントがボディー近くに沿わないため、フッキングも絶対良くなっていると思います。
(特に垂直浮きのペンシルなんかで比較するとその効果が実感できるッス。)
ただこれは、スプリットリングをかましているので、アイの向きが180度違いますが。
アイの位地が、2つのフックポイントと平行なフックがあったらちょっと欲しいナぁ…。いや、かなり欲しいかも…?お安くでですが。笑。
このフック、買えないのかな?
ルアーはキモイですね!笑。 ブスッ!と刺されて「血ィ吸うタろか!」って顔してますネ!爆。

6. 岩谷薫 May 03, 2012 10:06
何度もスミマセン。昨日コメント書いたすぐは、スゲー針だなーと思ってましたが、
このフック、マスタッドの針を2本のペンチでクニュっと曲げたら折れずに出来ちゃいました。
拍子抜けしすぎでした…。スミマセン…。汗…。 でもこのフック、ワタスは採用です!すごく使えそう…。

7. のんだくれ May 03, 2012 19:05
岩谷さん
まだこのフックの効果を実感できるほどオサカナ釣ってない(涙)ので、なんとも言えませんが、今年はちょっとコレ投げて検証してみますですハイ。