クラップシューター Crapshooter / ホッパーストッパー Whopper Stopper

クラップシューター ホッパーストッパー オールド へドン

 

バスフィッシングに限らず、ルアー釣りをやってる人だったら誰しも “運命のルアー” なるものがあると思います。

 

コレで生涯最大魚を釣ったぜ!に始まり、テクニック面で開眼させられたとか、元カノにプレゼントしてもらったwとか、果ては同行者にメチャクチャ釣られてヤル気なくしたとか。

 

今日のゲスト、クラップシューターはのんだくれ的運命ルアー。

 

このルアーに出会っていろんな事を学びました。

 



クラップシューター ホッパーストッパー オールド へドン

 

一時期は霞水系のアシ際シャロー攻略にはコイツさえあれば無敵だなんて言われてた時期もありましたね。

 

まあ今から思えばあれは典型的なメディア発信型の情報だったわけですが、その部分を差し引いてもこのクラップシューターの実力は注目に値するでしょう。

 

クラップシューター ホッパーストッパー オールド へドン

 

80年代、クランクベイトはオープンウォーターで使うモノという考え方が支配していた時代に、アシの間をクランキングで… という、目ウロコのテクニックとともに紹介されたクラップシューターは瞬く間にシャローの定番ルアーに昇格しました。

 

それまでのクラップシューターは、どちらかというと “イマイチ使いどころが分からん舶来ルアー” という位置付けでしたからシャローの定番になったのは大躍進と言えるでしょう。

 

実際に使ってみると確かに根掛かりしません。

 

リップに障害物が当たると、ボディがくるりんとロールして背を向けるんです。

 

それを知る前からボックスには入ってましたが、わざわざストラクチャーに当てて使うことはなかったので、この事実を知った時はちょっとした感動モノでした。

 

このクラップシューターがキッカケで、ストラクチャー回りでのクランキングがクローズアップされ、それと同時にクランクベイトの障害物回避性能が重視されるようになったと言っても過言じゃないですよね。

 

クラップシューター ホッパーストッパー オールド へドン

 

クイックなくるりんロールアクションの立役者はこの外まで突きだしたウェイトです。

 

リップに障害物が当たるとボディがくるんと翻って根掛かりを避けるクランクベイトは他にも沢山ありますが、クラップシューターはこのウェイトのお陰ですぐに姿勢を立て直して臨戦態勢に復帰するんです。

 

それまでクランクベイトのウェイトといえばボディデザインの中に仕舞いこむのが一般的でしたが、このクラップシューターは脱腸の如くウェイトを外に出したエクストリーム低重心で障害物回避後の姿勢回復に貢献しています。

 

この概念は一般アングラーだけでなくルアーを設計する人たちにも大きな衝撃だったらしく、かつてシャロークランクの名品と謳われたベルズのシャローラビットはこのクラップシューターがモデルになっているとどこかの本で読んだ事があります。

 

そういった意味ではこのクラップシューターは日本のクランクベイト業界にとっても運命のルアーだったんじゃないかなーなどと思ってみたり。

 

クラップシューター ホッパーストッパー オールド へドン

 

ヘルベンダー譲りのお団子ボディに着せてあるのは当時の最先端、ナチュラルバスプリントです。

 

クラップシューターがアメリカでブレイクしたのがちょうど80年代初めごろだった事もあって、当時人気のモード服が奢られています。

 

名家ホッパーストッパー無き後、その遺志を受け継いだヘドンからクラップシューターが復刻されましたが、このテのコストがかかる色は蘇りませんでした。

 

ナチュラル=釣れる ではありませんが、復刻ついでにこのドレスも… と思ってしまうのはやっぱオサーンマインドなのでせうか。

 

クラップシューター ホッパーストッパー オールド へドン
クラップシューター ホッパーストッパー オールド へドン

 

前後ともリグはスクリューハンガーを採用。

 

特筆すべきはそのリグり方です。

 

画像をよーく見てもらうと分かるんですが、ヒートンの緩みを防止するためか、根元の部分のプラが盛りあがっています。

 

つまりネジ込み式のヒートンじゃないんよですね、コレ。

 

とすると、プラ成型時に一緒にヒートンをモールディングしてるのか?となるとフックはどーする?

 

などなど妄想ネタの尽きないルアーでもあります。

 

でもホントどうやってリグってたんでしょうね。

 

クラップシューター ホッパーストッパー オールド へドン

 

クラップシューターといえばコレ、テールのフラップブレードですよね。

 

ブレードがヒラヒラしてバスを誘う… という魂胆だと思いますが、のんだくれ的にはスナッグレス性能アップの為にフックをハラに移動してケツが寂しくなったのでとりあえず付けとけー的な思惑があったんじゃないかと勝手な想像をしてますが🤣

 

あ、そーなるとヘルベンダーのブレードの説明がつかんな… ウーン… まぁなんでもイイや。

 

このブレードがスプリットリングで繋がれているものはへドンの復刻モノ、画像のようにスイベルがダイレクトでつながっているものはホッパーストッパーのオリジナルモデルというのは新旧見分けの基本中の基本です。

 

クラップシューター ホッパーストッパー オールド へドン
クラップシューター ホッパーストッパー オールド へドン

 

この画像のモノはオールドですが、のんだくれは実戦では現行モデルを使用してます。

 

プラ素材の違いなのか、現行の方が若干浮力が強く、その分アクションもクイックで回避性能もアップしてるような気がします。

 

ロストによる再供給を気にしなくてもイイという心理的なモノもあるのか、釣ったバスの数もオールドを圧倒してます。

 

ということで、クラップシューターを持ってない人は、早春のシャロー攻略のためにもすぐにショップに走るべし。



 

コメント

 

1. シスコキッド November 01, 2009 20:05
まぁコレは所持していても問題ないルアーでしょう。
ただ!期待するほど釣れません(笑
でも、なぜかコイツで悔しい思いをする、不思議なルアーですね。
まっ、このへんがアメルアの七不思議なんですが。。ね!

 

2. anq November 01, 2009 20:12
おお!カッコええバスカラーですねえ!
緑の濃淡の枯れた感じが良いです!
今のヘドンものにはSMBHなんかありやがる(笑)
現行しか持ってなく、たまに使いますが、まだ釣ったことないです( ̄▽ ̄;)

 

3. tei-g November 01, 2009 21:45
ザリのナチュプリカラーを持ってますが、味がありますよね。
牛久の葦がこれほど似合うクランクもなかなかないかと。
バスブームの頃、一時期、J州屋が復刻?させた時がありませんでしたっけ?

 

4. 水澄まし November 01, 2009 22:03
今晩は!
最近は投げてませんが、御世話になったルアです。
日本メーカー最新のルアを使っている若人には受け入れ難いデザインかも知れませんが、可愛いと思うんですよ。
そう言う自分も今日オリジナルをスルーして来たばかりなんですけどね(笑

 

5. けっとばし November 01, 2009 23:09
いいですね。これぞバスルアーって感じ。
そしてロングシャンクフックがカッコいい。
僕もボックスに常備しているルアーです。
使い方は、僕も牛久やカスミアシ周りの「典型的なメディア発信型の情報」の使い方。
のんだくれさんは別な使い方もしていたのですか?
僕の独断ですが、テールのブレイドは、過剰なアクションを抑える仕組みじゃないかと思います。
パチのシャロラビ(でも釣れますが…)のようにアクションがブリブリしすぎると、手返しが遅くなる。
交互に使ってみてこんな風に感じたのですが…。

 

6. ぽせ November 02, 2009 00:18
はじめまして!ぽせと申します。いつも楽しく拝見・勉強させていただいてます。
つい先日、クラップシューターをブログに載せ、勝手ながら親近感に近いものを抱かせていただいております(笑)
クラップシューターのバスカラーを初めて見たので、そんなカラーがあったのかと驚いています。
ちょくちょく立ち寄らせていただきますのでどうぞよろしくお願い致します。

 

 

7. とびっく November 02, 2009 02:09
こんばんは(・∀・)ノ
どこか(多分こちらです)でナチュプリのクラップシューターを初めて見てそれまでは気にな
ルアーじゃなかったんですけど一発で捕獲リスト入り決定
今夏やっとイイ状態のを黄色の店で捕獲しました。

 

8. Msker November 02, 2009 09:43
>シャロークランクの名品・シャローラビットはこのクラップシューターがモデルになっているとどこかの本で読んだ事があります。
シャローラビット設計の際、鈴木知司さん曰く「出っ張った低重心ウェイトをどうやってお腹に戻すか…」で悩んだようですね。
あと伊東由樹さんも影響を受けたルアーの一つとしてあげていたような。

 

9. いるか November 02, 2009 11:31
確か村田さんが鈴木さんに
『コレよりスゲーの作って!』
…と頼んで出来たのがシャロラビなんだぜ等というオラオラ記事を、100号前後のタックルボックスで読んだ覚えがあります。
戦力は一級品なんですが、如何せんハリ掛かりが悪いんですよね~。
ただそれをなんとかしようと、イジればイジるほどスナッグレス性能を損なってしまう。悩ましいところです。

 

10. 道楽先生 November 02, 2009 16:48
こんにちは
今し方
大小2つのオールドをTBで手に入れました。
2つで、1,050円でした(^o^)

 

11. みみず November 02, 2009 21:10
クラップシューターはカッコイイですよね。
幾つか持ってますが一度もキャストしたことがないです、いつまでたっても憧れのルアーなのです。
現行モノだとカラーによってマテリアルが違うようですね、ボーンと透明プラスティックがあるようです。
シャローラビットは出た時に買いましてキャストしまくりましたが一匹も釣れませんでした。

 

12. はーさん November 03, 2009 21:10
なんだか最近、ネスケでロムろうとすると(笑)・・ネスケがオチます。
のんだくれさんち、そーとー重い?(ですよねw
で、久しぶりにファイアフォックスで見てみると・・恥ずかしいことに、以前の記事をリンクっていただいてましたm(__)m
自分の使用頻度も少なくなってる・・と思えば、こいつの中古価格も安くなってる(笑
でも、未だに新旧の判別は普及してないようで(笑)
オッというようなカラーの旧物も安くで見かけるので有り難いですねd(^-^)

 

13. のんだくれ November 07, 2009 11:46
シスコさん
あー、いわゆる相性というヤツですな。(笑)
のんだくれもありますよ、あのルアー使うとデカいの来るんだけど必ずバラす… みたいなのが。(涙)

 

14. のんだくれ November 07, 2009 11:47
anqさん
この枯れた感じがわびさびを感じさせますね…   ってナイナイ。(笑)
コイツに関しては現行で充分ですよ。

 

15. のんだくれ November 07, 2009 11:49
tei-gさん
ザリのヤツもありましたねー。
上州屋が復刻…  そんなんありましたっけ?

 

16. のんだくれ November 07, 2009 11:51
水澄ましさん
そう! ルアーにはこういう可愛さが必要なんですよ。
でもバス歴長い人はかならずどこかのタイミングでコレの世話になってるもんですよね。

 

17. のんだくれ November 07, 2009 11:55
けっとばしさん
そーか、ブレードにはそういう効果もあるんですね。
でもコイツに関してはのんだくれも違う使い方はしてないですよ。
でも多用してたのはブロック護岸の水深1m以浅がほとんどでした。
ブロックの凸凹にあたるようにジャカジャカ巻きで使うとよく釣れましたね。
でもルアーは使い物にならなくなるぐらいボッロボロになりますけど。

 

18. のんだくれ November 07, 2009 12:01
ぽせさん
こんにちは。 コメントありがとうございます。
あんまりこのブログで勉強するとロクなことないですよ。(爆)
クラップはオールドだと色んなカラーがありますからいろいろ調べてみるといいですよ。
あんまりハマると、ノベルティにまで逝っちゃうのでそれなりの覚悟も必要ですが… (

 

19. のんだくれ November 07, 2009 12:03
とびっくさん
黄色の店は最近値上がりしたとはいえ、まだまだ掘り出し物もありますからね。
侮れないっす。

 

20. のんだくれ November 07, 2009 12:05
MSKRさん
自分たちも含め、バスブームの時に名前が上がったビルダーの世代から
すると影響を受けてるのは間違いないでしょうね。
のんだくれですらこんなんなんですから!

 

21. のんだくれ November 07, 2009 12:07
いるかさん
あらら、シャロラビもジム絡みだったんだ。 知らんかった。
フッキングとスナッグレスは相反するもんですからねー、 これはもう永遠のテーマですね。
特にハンドメまでやっちゃう人には。

 

22. のんだくれ November 07, 2009 12:09
道楽先生
ツーコイン…    なんだかフクザツな気もします。

 

23. のんだくれ November 07, 2009 12:11
みみずさん
シャローラビットは好き嫌いがはっきり出るルアーですが、結構釣れますよ。
というか小さいヤツをヘビキャロで使うとヤヴァいです。
ヘビキャロで使うんだったらシャロクラなら何でもエエっちゅうことになっちゃうんですが。

 

24. のんだくれ November 07, 2009 12:14
はーさん
またまた勝手にリンクしてスンマセン。
このブログは相当重いんじゃないですかね。
ほとんど管理画面しか開かないのでよく分かんないんですが…
この辺のルアーはオールドを探してる人はあんまり居ないんですかね?

 

25. けっとばし November 07, 2009 23:00
アメルアのすごさって、動きの押さえにもあると思うんです。
水抜けがよければ早く打てる。シャローは手返しよく打ちたいものです。
ボーマージャークやウイR、リフレクトNなどもこの意味ですごい。
派手に動きゃあいいってもんじゃないって教えてくれたのがこのルアーでした。
国産ルアーが、バスより釣り人を釣ろうと考えてるところからそろそろ抜けだしてくれないかなと思います。

 

26. 道楽先生 November 08, 2009 02:42
のんだくれさん
僕が手に入れた、2つは
どうやら上○屋の復刻版みたいです・・・
(^^;)

 

27. のんだくれ November 10, 2009 13:12
けっとばしさん
確かにシャローは早く打てたほうがいいでしょうね。
のんだくれはそのシャローであえてDD22を使ってます!

 

28. のんだくれ November 10, 2009 13:13
道楽先生
やっぱり上州屋復刻版ってのがあるんですね。
こりゃまた捜索対象が増えちゃったな…

 

29. としくん November 16, 2009 11:18
上州屋のアユカラー持ってますが、買った時のパッケージは、まだHEDDONじゃなかったんです。
ポッパーストッパーの黄色のパッケージでバスが睨みを利かせてるやつです(笑)
プラドコに吸収されてから、ブランド名を変えたのでしょうか?

謎のルアーなのです。

30. のんだくれ November 17, 2009 13:35
としくん
上州屋系列のものではありませんが、ヘドンになってからホッパーのパケのままヘドンステッカー貼って売られてた時期もありました。
在庫がいっぱいあるからシール貼って売ったれ!的なアバウトな商売はさすがアメリカって感じです。