フィンガリングハイキャッチ Fingerling Hi-Catch / ルーハージェンセン Luhr Jensen

  80年代バス少年の心を掴んで離さないルアーは数多くありますが、クランクベイトコーポレーションのフィンガリングほど強烈なインパクトをもたらしたルアーはないでしょう。   ということで今日の千一夜はフ

続きを読む

エッグノック Egg Knock / アーキテクト Arkitect

  もうこれ以上の性能を持つ物は登場しないだろうと思われていても、それを上回るものが出てくるのが世の常、もちろんルアーも例外ではありません。   そんなパフォーマンスを軽々とやってのけて、のんだくれが

続きを読む

シャッド Shad / レーベル Rebel

  日本にはシャッドの固有種がいないからなのか、めちゃんこ釣れる割には立ち位置が曖昧な縦扁平のシャッドプラグ。   ベビーシャッドやスピンムーブなどの国産勢が一気にブレイクしちゃったので、【シャッド=

続きを読む

レザーバック(のパッケージ) A Box of Razor Back / マンズ Mann’s

  一時期ほどの勢いはないものの、B級ルアーブランド?として根強い人気のマンズのルアー達。   マンズのルアーについて熱く語るサイトもたくさんあったりして焼酎のお共には事欠きませんね。  

続きを読む

フレッド.C.ヤング ビッグオールアー Fred C Young Big O Lure / コットンコーデル Cotton Cordell

  賢明なバスアングラーの皆さんならもう既にご存知だと思いますが、水面のルアーには全くの沈黙状態なのに、ルアーをほんの少しだけ潜らせるといきなりバイトが出る事があります。     生粋のトッ

続きを読む

名称不明リバーラントパチ Japanese River Runt Knock Off / ブランド不明 Unknown

  お!今日のネタはコネリー? と思ったあなたはまだまだです。 いや、むしろ健全なのか?🤣 一見コネリーにも見えてしまう今日のゲストは、名前すらわかんないリバーランドのパチモン from USA でございます。

続きを読む

ビッグオー 8100 Big O 8100/ コットンコーデル Cotton Cordell

  クランクベイトを語る上で絶対に外すことが出来ない名品、コットンコーデルのビッグオー。 毎年新しいクランクベイトが登場しては消えていく中で、一切の追随を許さないってのはもう定番とかのレベルを超越しちゃってます

続きを読む

デカピーナッツⅡ DR Deka Peanut II DR / ダイワ Daiwa

人生初のデカピーDR   以前デカピーナッツの記事を書いてから久しくピーナッツシリーズから遠ざかってましたが、先日ショップに立ち寄った際、ホワイトスプラッターバックのデカピーナッツIIのDRバージョンを発見。

続きを読む

シリーズ500 Series 500 / バンディットルアーズ Bandit Lures

釣れるのに生産中止になってしまった名品   経緯はともかく、めちゃくちゃ釣れるのに生産を中止してしまうルアーが数多く存在します。 そんなルアーの名前を挙げ出したらキリがありませんが、皆さんも沢山ご存知ですよね。

続きを読む

ジュイー150 Jewie 150 / キラールアー Killa Lure

  どの世界でもイッちゃってる人はいるもんですが、特に釣りの世界ではサカナが釣れる云々以前に、使い手の思い入れが強く作用するので、他の分野に比べてキチガイの産出量が特に多いように思います。 まあ言ってみればこの

続きを読む

シャッドオー Shad O / コットンコーデル Cotton Cordell

  クランクベイトひとつで一大ルアーブランドを築き上げたコットンコーデルはビッグオーのヒットの上に胡座をかくことなく、ファットボディクランク以外の新製品開発に取り組んでいました。 しかし皆さんご存じのとおり、そ

続きを読む