ブルドッグ Bulldog / オリムピック Olympic

  “スミスがへドンにベビーバドを作らせた” という快挙は、ミニサイズのビッグバドが手に入るという喜びの他に、おっさんアングラー達に感動という副産物をもたらしました。   それ

続きを読む

ラトルバグ Rattle Bug / ミルサイトタックルカンパニー Millsite Tackle Co.

  唐突ですが、のんだくれは映画「スターシップトゥルーパーズ」が大好きです。   巨大で獰猛な昆虫 (バグズ)とひたすら戦うという陳腐なストーリー展開、SFにラブコメを無理矢理ねじ込んだゴミ脚本を際立

続きを読む

アラシサイレントスクエア#3 Arashi Silent Square #3 / ストーム Storm Lures

  せっかく買ったのに使わないまま放置しておいて、ずいぶん経ってから使ってその良さに気付くってルアー、誰にもありますよね。   のんだくれの場合はコレ、ラパラストームのサイレントスクエア。 &nbsp

続きを読む

バニー Bunny / ジャッカル Jackall

  【 ルアーはオリジナルサイズが一番釣れる 】という言葉があります。   これは複数のサイズバリエーションがラインナップしているルアーの中では、一番最初に発売されたモデルが最も熟成・完成されている事

続きを読む

クラシカルリーダーCL55-SSR Classical Leader CL55-SSR / ラッキークラフト Lucky Craft

  かつて一軍ボックスの先発だったルアーを久しぶりに引っ張り出して投げてみると、妙に新鮮に感じることがあります。   使っていた当時とはタックルセッティングが進化しているし、そもそもアングラー側の考え

続きを読む

サーフパンフィッシュ Surf Panfish / コーモラン Cormoran Product

  良くも悪くも日本のルアーフィッシングに多大な影響を与えたコーモラン。   80年代バスフィッシングブームを知るおっさんアングラーにの中には、パチモンの絶対王者として畏怖の念すら抱く者も。 &nbs

続きを読む

バスハンター Bass Hunter / ダイワ Daiwa

  誰にでも思い出のルアーがあります。   デカい魚を釣った、初めてのダブルキャッチだった、根掛かり外したら飛んできて顔にヒットした…などなど、思い出となった要素は人それぞれですが、のんだくれの場合は

続きを読む

ラトリンファットラップ RFR04 Rattlin’ Fat Rap RFR04 / ラパラ Rapala

  最近でこそ減りましたが、昔はラパラの熱狂的… いや、狂信的とも言えるファンが数多くいました。   ラウリ・ラパラを師と仰ぎ、とにかく使うルアーはラパラ、ラパラ、ラパラ。   おそらく70

続きを読む

クラッシュフラット75X Crush Flat 75X / シックスセンスルアーズ 6th Sense Lures

釣れるカラーと売れるカラーは違う   【 釣れるカラーと売れるカラーは違う 】   ルアー開発者やショップスタッフにとって、これほど身に沁みるワードはありません。   だって、アングラーのた

続きを読む

スクエアビルサンフィッシュ Squarebill Sunfish / セビルルアーズ Sebile Lures

  「 人は見た目が9割 」   かつてこんなタイトルの書籍が話題になったことがありました。   “その人となり” は外観の印象で決まるという事を言いたいんだと思いま

続きを読む

プロモデルクランクベイトシリーズ3 Pro Model Series 3 / ストライクキング Strikeking

スポットライトは当たらないが実力のあるクランクベイト   毎年次々と新作ルアーがリリースされる中で、存在を忘れてしまいがちなルアーがあります。   定番とまではいかないけれど、長年に渡って売れ続けるロ

続きを読む