スナフヴィー Snaff Vie / クワイエットファンク Quiet Funk

  使いこなすのにちょっと時間を要するルアーってありますよね。 誰でもそれなりに動かせるし魚も釣れちゃうんだけど、使っているとアングラー自身が技量不足を感じるというか、もうちょっと上手くなりたいと思うようになる

続きを読む

ムーブメント80X Movement 80X / シックスセンスルアーズ 6th Sense Lures

  あまり馴染みのないブランドのルアーを買う時っていろいろ考えちゃいますよね。 ネットにレビューがあったり誰かのオススメがあればまだしも、まったく情報がない未知のルアーに手を出す時は、清水の舞台とは言わないまで

続きを読む

パイクスイッシャー Pike SW / ランブルベイト Ramble Bait

  目立った特徴があるわけでもないのに、なぜか魚の反応が良いルアーってありますよね。 先日ポストしたマイティミノースピナーなんかはその最たる物ですが、今日紹介するパイクもそんな部類に入るルアー。 ハオリジグなど

続きを読む

ダイブコンバット Dive Combat X-14 / コーモラン Cormoran

  最近コーモランのポストをしていなかったので久々にいってみましょうか。 今日のゲストはコーモランが1985年にリリースしたダイブコンバット。 そうです。 クランクベイトコーポレーションの名作、あのフィンガリン

続きを読む

チマチマゲイリーウィッチGE Chima Chima Gary Witch GE / ズイール Zeal

  のんだくれはズイールのプラグが大好物です。 なぜなら釣れるから。 そして使う度にその設計の深さに感心させられるからです。 そんなズイールの中でも今日紹介するチマチマゲイリーウィッチGEは溺愛レベルのひとつ。

続きを読む

リストラップ Risto Rap RR-9 / ラパラ Rapala

  ラパラのルアーってスゴいですよね。 ありとあらゆるフィッシュイーターに使える上に世界中どこに行ってもちゃんと売ってる。 しかもプレジャーフィッシングだけにとどまらず、プロの漁師も使っているなど、”漁具” と

続きを読む

TDクランクUS TD Crank 3062F / ダイワ Daiwa

  買ったはいいけど、投げてみたらイマイチ響かなくて三軍ボックスに落ちてしまうルアーってありますよね。 しかしそんな中には、久しぶりに引っ張り出して投げてみたら、え?こんな感じだったっけ?と琴線に触れまくるルア

続きを読む

ダイビンバルサB3 Diving Balsa B-III / バグリー Bagley’s Bait Co.

  実戦投入する機会はもうなくなったけれど、時々無性に投げたくなるルアーってありますよね。 それらはかつて数多のバスをキャッチした歴戦の勇士たちで、投げれば当時のおいしい思い出が反芻できる手軽なタイムマシンとい

続きを読む

ウッドトリッカー Wood Tricker / ウッディベル Woody Bell

  最近でこそ見なくなりましたが一時期は多く見られたルアーの復刻再販。 ◯◯が復刻!と聞く度にテンションを上げてた頃がなつかしいですね。 過去に売れたコンテンツを現代に蘇らせる手法はマーケティングの王道ですが、

続きを読む

インナーハンドW.B. Innerhand W.B. / ハトリーズ Hutley’s

基本的にこのブログに登場するルアーは自分が使って納得がいくものだけを紹介しています。 その ”納得” の基準は、過去にイイ思いをしたという単純なものから、百戦錬磨の必携ルアー、まだ一匹も釣ってないけど思い出の詰まったルア

続きを読む

シャッドウォーカー Shad Walker / ピカソルアーズ Picasso Lures

仕事柄、のんだくれは海外ルアーブランドのデザイン担当と話をすることがよくあります。 ご存知の通り海外のルアーは、国産ルアーのように開発コンセプトや設計上の意図をプロモーション材料にすることがほとんど無いので、日本国内で販

続きを読む

フリーター Fleater 1.5 / ヴァイパーデザイン Viper Design

  いつかの記事でも書きましたが、人は見た目で物事を判断するイキモノです。   それ自体は何ら悪いことではないのですが、判断を見た目に頼ってばかりいると、物事の本質を見過ごしてしまいがち。 &nbsp

続きを読む

キールヘッドタイフーン Keel Head Typhoon / B.P. Bait

夏になると無性に投げたくなるルアーってありますよね。 それらはバズベイトだったりパンチジグだったりハネモノだったりと人によって様々ですが、それらのルアーに共通しているのは ”暑い時期にイイ思いをした” ということ。 今日

続きを読む

ビッグバグ Big Bug RCP / ストーム Storm Mfg. Co.

  最高気温が30度を超える時期になると楽しくなるルアーのひとつにポッパーがあります。   さすがに日中は暑すぎて釣りにはなりませんが、昼間はバスがスローになる分、朝晩のマズメ時が濃密なポッパータイム

続きを読む

リニージベイト80-F Lineage Bait 80-F / ケンクラフト Kencraft

  ケンクラフトブランドが終了して早20年近く経とうとしている今、改めてケンクラフトのルアーが見直されています。   バスフィッシングブームの頃はビギナー用だのメガバスのパクリだのと貶されてルアーの性

続きを読む