20+ディープホッグ 20+ Deep Hog / マンズ Mann’s Bait Co.

マンズ ディープホッグ インプレ

一時期は一世を風靡するほどの勢いで、猫も杓子も的な使われ方をしていたディープクランクも最近は一部のハンター系のアングラーしか使わないルアー… ってイメージになっちゃいましたね。

でもそんな時だからこそ投入して、ひとり爆釣を満喫しちゃいましょう! ということで今日のゲストはおなじみマンズの潜り屋、20+ディープホッグでございます。



マンズ ディープホッグ インプレ

【ダイビングクランク = ボートから使う】という図式が出来上がっているのも事実だし否定はしませんが、のんだくれ的には、オカッパリだからこそ使って欲しいルアーのひとつ。

周りの好奇の目… というよりも白い目さえ気にならなければかなりイイ思いができるルアーなんですから!

マンズ ディープホッグ インプレ

以前から何度も書いてますが、のんだくれは超ディープクランク好き。

フィールドの規模や水深なんてカンケー無しでガンガン投げてます。

今日のゲスト、この20+ディープホッグはビルノーマンのDD-22やティムコのマッドペッパーマグナムとともに出撃頻度が高いルアーとして30年以上世話になってマス。

DD22 Deep Diving 22 / ビルノーマンルアーズ Bill Norman Lures

あ、この20+ディープホッグを知らない方がいらっしゃるかもしれないのでまた少しだけノーガキタレておきましょう。

この20+ディープホッグはディープクランキングブームの真っ只中、86年に発売されました。

当時ポールアライアスがニーリングでトーナメントを制した事で爆発的に売れたクランクベイトの一つです。

日本での不人気とは対照的に、アメリカでは未だバリバリの第一線ルアーで、確か何年か前のB.A.S.S.トーナメントでヘビーウェイトレコードを叩き出したのもこの20+だったはず。

最近のモデルは15+、20+、30+という具合に、単に潜行能力が名前になったデプスプラスシリーズの一員という位置づけになっちゃってますが、当時はディープホッグなんてサブネームがあったんです。

マンズ ディープホッグ インプレ

サイズはこんな感じで、結構デカいです。

ボディ長が3インチなのでリップも入れると余裕でオリザラ超え。

このサイズをデカいと思うか小さいと思うかはその方の次第ですが、さすがに今コレ見てビビるという方はもう居ないですよね。

マンズ ディープホッグ インプレ

マンズ ディープホッグ インプレ

このシリーズの最大の特徴は先端がククッと上反ってるリップにあります。

このデザインがアクションや深度にどう作用してるのかは正直分かりませんが、ヤル気は充分に感じますよね。

実際コイツのアクションは明快そのもの。

細かいことを説明するまでもなく、良くも悪くも典型的なアメリカンクランクです。

マンズ ディープホッグ インプレ

ヌメヌメとした動きが多い日本製クランクとは対照的な超ブリブリ泳ぎでアングラーの体力を確実に吸い取ってくれます。

このデカいリップで強力にボディを振るんですからね、そりゃハンパな腕力じゃ使いこなせませんよ。

でもそんな使い手の疲労の事なんかこれぽっちも考えてない潔さが心に染みるんですよねー。

そう考えるとリップに封じ込まれた気泡も妙にオトコらしく見えてきちゃったりします。

マンズ ディープホッグ インプレ

ワンマイナスに匹敵するほどのファットボディに奢られたスーツはいかにもマンズなカラーはアラバマシャッド。

20年以上経った今でもカラーチャートから落ちる事のないマンズクランクの超定番カラーで、微妙に吹かれたグリーンとパーポーのコントラストがナイスです。

でも最近はアメルアでもこういうシンプルなカラーが見られなくなっちゃいましたね。

マンズには未来永劫このテイストを続けて欲しいもんです。

ちなみにボディはデブでもラトルサウンドは大人し目。

近年モノはこの時代のものよりもラウドラトルになってるようです。

マンズ ディープホッグ インプレ

本場の最先端テクニックだ! としてニーリングが雑誌にデカデカと取り挙げられてた時期のモノなので、フックもリングもしっかりエイティーズしてますね。

ハラに走るパーティングラインも80年代ヲタには重要な萌えポイント。

マンズ ディープホッグ インプレ

お約束のエンボスモールドロゴもこの通りしっかり。

しかーし! 反対側のモールドネームを撮影するの忘れちゃった!

というワケで今回はカット😅

ちなみにしっかりと【 20+ 】の隆起が確認できます。

マンズ ディープホッグ インプレ

マンズ ディープホッグ インプレ

ダイビングクランクベイトというとどうしても強大な巻き抵抗に耐えながらミッド〜ディープレンジを早目にマキマキするイメージがあるんですが、のんだくれの場合は大抵ザリガニちっくにボトムゴリゴリ引きかデッドスローのサブサーフェス引きをメインにして使ってます。

水深が1mもないようなトコでも投げてるので、周りのアングラーは哀れみ成分高めな視線を投げかけて来るんですが、そんなん気にしてちゃイケマセン。

大きなブリブリ泳ぎの威力を信じて投げ続ければ、必ず女神は微笑んでくれますよ。

で、連発しちゃったらもうこっちのモンですよ。

何しろこんなビッグなダイビングクランクをオカッパリに連れてくるヤツはそうそう居ないですからね。 マネしようにもできません!

彼らが手も足も出ない中、ひとり大爆釣ですよ!  …なーんて具合にコトが運ぶのは滅多にありませんけどね笑



コメント

1. とびっく September 26, 2009 23:51
5 こんばんは(・∀・)ノ
何年前だかどこかの雑誌で廃盤って載ってたのを見て買いましたが一投目で利根川のテトラに消え失せました(苦笑)
近年物なんすかね20+ってモールドがないのがありますよね?15+でもあった様な(・・?)

2. としくん September 27, 2009 05:05
我が家にも、未使用のバブルガムピンクのが居ました。
引き抵抗が強そうで、男らしいです。
きっと、バイトがあったら軽くなるんでしょうね(笑)

3. 水澄まし September 27, 2009 13:27
今日は!
タックルボックスにザリガニのナチュラルプリントを1個だけ入れてるのですが、中々投げる機会がありません。
優越感を味わう前に川底のオブジェになりそうですわ。

4. tei-g September 27, 2009 14:45
ニーリング流行りましたね。男引きでしたっけ。
虎柄のやつを持ってはいますが、投げる勇気がないままボックスでお休みいただいています。
この上の30+をリザーバーの陸っぱりで使い、好釣果を挙げている知人がいます・・・。

5. のんだくれ September 27, 2009 16:12
とびっくさん
モールド無しもあるんですか…
でも今マンズのクランクは中国のパチもんに苦しめられてるので
モールドのないヤツはもしかしたらパチかもしれませんね。

6. のんだくれ September 27, 2009 16:13
としくん
バイトがあったら軽くなる…  名言ですねぇ(笑)
確かしそうかもしれません。

7. のんだくれ September 27, 2009 16:14
水澄ましさん
のんだくれも相当数失くしました。
でも懲りずにまた投げちゃうんですよね。
一種のビョーキです。(笑)

8. のんだくれ September 27, 2009 16:15
tei-gさん
リザーバーのオカッパリで30+!!  まさに漢だ!(笑)
リトリーブ時の抵抗で落水しそうですね。

9. かんちゃん September 27, 2009 23:14
ぼくの先輩に、フックをとって靴べらに使ってた人がいました

10. anq September 28, 2009 05:30
マイミクの方とオクで取引しましたら、以前記事にされてた、リップにタマがあるディープホッグをオマケで付けてくれたんです♪
スローシンキングかどうかはまだ試してません(汗)
それのウェイト無し版がこれなんですね?
ややこしいですね(笑)

11. かうたん September 28, 2009 08:07
ディープクランクはいくつか持っておりますが…メインの釣り場の川だと冬釣れないし、B湖だと底叩ける範囲にゃいないし…
って事で野池なら役立ちそうですよね。問題は野池が近くにゃ無くて野池で釣りする事殆ど無いんですよねぇ~(泣)

12. あんこく September 28, 2009 11:30
意外と思われるかもしれませんが。
こいつはウチのBOXにも1匹いてます♪
当時は、アメルアならなんでも一通り買っていたアホな時期だったので(笑
しかもバスプロショップス直買いだったので、国内で流通するより先に使ってた。
とーぜん、1回使って、乳酸の溜まりっぷりに恐怖した私は二度と使いませんでした(爆

13. まげわっぱ September 29, 2009 00:49
探してみます!
肌色のヤツがあったらいいな。

14. のんだくれ October 03, 2009 22:04
激遅レスすんません。
かんちゃん
言われてみると使えるどころかまさにそのまんま!(笑)
その人のセンスに脱帽です。

15. のんだくれ October 03, 2009 22:05
anqさん
タマ無版がコイツです…  とは一概に言えないんですよ。
そこがマンズらしいとこなんですけど、詳細はそのうち説明します(笑)

16. のんだくれ October 03, 2009 22:07
かうたん
野池のディープクランクは他に誰も使ってる人がいないせいか、かなり反応がありますよ。
あとはウデ次第です…  って自分で書きながらツラくなってきた。(涙)

18. のんだくれ October 03, 2009 22:09
まげわっぱさん
肌色のヤツ…  これまたコアなトコを突いてきますね。(笑)
あれもマンズらしいカラーですよね。

19. 80’s Bassing October 09, 2009 10:48
女神が微笑む前に・・
湖底の藻屑と化します(爆)
いつもそうでしたわ・・汗

20. のんだくれ October 10, 2009 13:57
80’sさん
今度はこのリップを取ってファットボディの浮力を生かしたペンシルで釣りましょ!
そしたら藻屑にはならんかと。(笑)